フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(43)「影照斷片」(1) | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(45)「影照斷片」(3) »

2017/02/17

小穴隆一「鯨のお詣り」(44)「影照斷片」(2)

 

         ○

 

 いま考へてもはづかしいが、私は入院中人が教へてくれる歌を、なんでも、苦痛をごまかすために歌つてた。

 さういふ際に、一度、芥川さんにぶつかつた。「それでは僕も歌はう。」と言つて、芥川龍さんが大聲でうたつたのは一中節(ちうぶし)である。勿論、病室の看護婦達は啞然となつてしまつた。

 私が足首を切斷される時には芥川さんも立會つた。

 病室で待つてゐた遠藤の語るところによれば、芥川さんは、まつさをになつて室(しつ)に歸つてきたさうである。さうして「僕は血管を抑へてぶらさがつてゐる澤山のピンセツトの、どれか一つでも落ちて、あれがあのまゝはいつていつたら大變だと、どうしようとそればつかり急に心配になつてきて見てゐずにはゐられないうちに、どうしても、いくらやつても首がくうつと抑へられるやうにのめつてきた。」と言つてゐたといふ。この芥川さん、後に、「君、いまだから言ふが、あのときピンセツトが一つ落ちたよ。もつとも、下島先生に聞くと、血管が一つ位(ぐらゐ)しばらずにはいつたつて大丈夫ださうだ。」なぞといふいやがらせを何度か私に言つたものである。

[やぶちゃん注:「大聲でうたつたのは一中節である」何度も注しているが、芥川龍之介が愛した伯母フキは江戸浄瑠璃系三味線音楽の源流である一中節(いっちゅうぶし)の名取であった。

「ピンセツト」鉗子(かんし)。

「あのまゝ」結束鉗子が落ちて、内部にその血管が結束されぬままに辷り込んでしまい、そのまま術式が終わって縫合されてしまうことを指しているようである。]

 

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(43)「影照斷片」(1) | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(45)「影照斷片」(3) »