フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(42)「河郎之舍」(5)「訪問錄」 / 「河郎之舍」~了 | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(44)「影照斷片」(2) »

2017/02/17

小穴隆一「鯨のお詣り」(43)「影照斷片」(1)

 

 影照斷片

 

[やぶちゃん注:これは本「鯨のお詣で」の中の芥川龍之介に関わる十四篇から成る雑録短章群である。後の「二つの繪」の「影照」群の原型で、そこで生かされて加筆され、独立章化したものも多いが、中にはカットされてしまい、ここでしか読めないものも含まれる点で重要な章である。]

 

 

         ○

 

 當時雜誌で讀んだ「手巾(はんけち)」の作者として以外、何も彼について知らなかつた僕を、彼に引合はせたのは、友人であり時事新報社記者であつた瀧井孝作である。

 大正八年十一月、その日、黑のスウエターを着籠(きこ)んでゐた彼は、先客の藤森淳三とただ二人で頭髮の長さを論じてゐた。互に相手の髮のはうが長いと言つてゐるのであつた。

 私はいづれにせよつまらない謙讓であると思つた。それで「それは錢湯(せんたう)でだれでも人のきんたまが大きく見えるが、鏡に寫つた自分のを見ると、案外さうでもない、と考へるのとおんなじだ。」と言つた。

「僕は錢湯にいかないから知らない。」

 ぴつくりした顏の芥川龍之介が斯(か)う言つて改めて私を見た。私はその日の日曜に、錢(ぜに)もなくて瀧井孝作と步いてゐた憂鬱な記憶のなかに彼を思ひだす(或阿呆の一生二十二參照)

[やぶちゃん注:この小穴隆一の芥川龍之介との初対面は、大正八(一九一九)年十一月二十三日日曜日のことであった。

因みに言っておくと、芥川龍之介の巨根はかなり知られており、小穴隆一も小澤碧童も小島政二郎も皆、認めている。「二つの繪」版の「宇野浩二」を見よ。

「手巾(はんけち)」大正五(一九一六)年十月『中央公論』に発表。芥川龍之介はこの年の二月十五日、第四次『新思潮』創刊号に「鼻」を発表、その四日後の二月十九日に夏目漱石からの「鼻」激賞の手紙を貰い、九月一日には「芋粥」を『新小説』に発表して実質上の文壇デビューを果たしていた。また、同年十月二十五日には塚本文にプロポーズの手紙を書いている。

「藤森淳三」(明治三〇(一八九七)年~?)は編集者で小説家・評論家。三重県上野町生まれ。「藤森順三」という別名もある。早稲田大学英文科中退。横光利一と上野中学で同窓で、大正一〇(一九二一)年に横光・富ノ沢麟太郎らと同人誌『街』を刊行。その後、芥川龍之介もよく作品を載せた『サンヱス』『不同調』などの編集に携わりつつ、作品を発表した。小説集「秘密の花園」・童話集「小人国の話」・評論集「文壇は動く」・美術評論「小林古径」などがある(日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」に拠る)。後の「二つの繪」の『「藪の中」について』に名が出る。

「或阿呆の一生二十二」「或阿呆の一生」の小穴隆一を語った印象的で意味深長な一条である。以下。

   *

 

       二十二 或 畫 家

 

 それは或雜誌の插し畫だつた。が、一羽の雄鷄の墨畫(すみゑ)は著しい個性を示してゐた。彼は或友だちにこの畫家のことを尋ねたりした。

 一週間ばかりたつた後(のち)、この畫家は彼を訪問した。それは彼の一生のうちでも特に著しい事件だつた。彼はこの畫家の中に誰も知らない詩を發見した。のみならず彼自身も知らずにゐた彼の魂を發見した。

 或薄ら寒い秋の日の暮、彼は一本の唐黍(からきび)に忽ちこの畫家を思ひ出した。丈の高い唐黍は荒あらしい葉をよろつたまま、盛り土の上には神經のやうに細ぼそと根を露はしてゐた。それは又勿論傷き易い彼の自畫像にも違ひなかつた。しかしかう云ふ發見は彼を憂欝にするだけだつた。

 「もう遲い。しかしいざとなつた時には………」

 

 

   *]

 

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(42)「河郎之舍」(5)「訪問錄」 / 「河郎之舍」~了 | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(44)「影照斷片」(2) »