フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(19) 「二つの繪」(8)「鵠沼」 | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(21) 「二つの繪」(10)「漱石の命日」 »

2017/02/08

小穴隆一「鯨のお詣り」(20) 「二つの繪」(9)「劇藥其他」

 

        劇藥其他

 

○ 既に鵠沼に移る以前に於いて、下島空谷の藥局より藥品を盜出(ぬすみだ)さんとも言ひ、(死ぬまで陰で彼が、下島空谷馬鹿親爺と言つてゐた理由は不明。)金田精一の藥局に這入(はい)るためには金田を紹介しろ等(など)、大(おほ)びらに駄々(だゞ)をこねる傾向を來(きた)してゐた。

○ 藥品でなくてもピストルでもよし、唯(たゞ)何か何時(いつ)でも死ねる物がありさへすれば、それを持つて生きてゐられる。忌憚なく言へば、自分に生きてゐて貰ひたいのなら死ねる物を持たせろといふ彼の態度であつた。

○ 身の周圍(まはり)に飛んでゐる蠅を捕(とら)へて幾匹か呑下(のみくだ)した。從つて、度を失つて大便を瀉(くだ)した彼、また僕の油繪の筆を、その豚の毛を、鋏で細かく切刻(きりきざ)んで大事に紙に包むでゐた彼、況や注射器を買つて、蒔淸(まきせい)からモルヒネを貰ふ日を待つ、左樣な芥川龍之は怖い者ではなかつた。

(註。友人蒔淸は、――但し、藥局方にはあつても醫者としてはポピユラーでない藥(くすり)の場合に、醫師であらうが知らずにゐる時も亦ありうるが、――金田は醫者のくせに藥について少しも知識がない。呆れた、と豪語してゐた男である。故(こ)蒔淸をして語らしむれば、芥川龍之介の劇藥に於ける智識は甚だ幼稚ではあつた。――である。自分は知る。蒔淸が與へたモルヒネを彼がもし使用したとすれば、彼はただ單に數時間だけ婆婆から消えてゐたらう。鎭痛安眠の量であつた。)

○ 僕のたつた一匹のスパアニツシユ・フライは、無論、彼の密かに用意してゐた注射器も、悉く彼が夫人によつて潰し捨てられてゐた。

○ 首縊(くびくゝ)りの眞似をする彼よりも、押入(おしいれ)の中(なか)でげらげら獨りで笑つてゐる彼のはうに凄さがある。

○ 或は、「醫學博士(はかせ)齋藤茂吉の名刺を僞造して、藤澤の町で靑酸加里(せいさんかり)を手に入れようか。」といふ。斯く眞面目(まじめ)に相談しかけてくる彼を、安心な者に自分は思つてゐた。

 然し、恐しいのは、その藤澤の町を、單に夜の散步として步いてゐた一日(にち)、通りがかりの店で、たむしの藥を買つてゐた僕の後(うしろ)から、突如前に出た彼が、「靑酸加里はありませんか。」「證明がなければ賣りませんか。」と藥屋の店の者に言つてゐた。‥‥

 斯樣な芥川龍之介を自分は最も怖れ、また、その時こそは彼を憎い奴(やつ)とも思つた。

 店の者は、「證明がなくてもお賣りするにはします。」と言つてゐた。ただ其時は幸(さいはひ)に店に靑酸加里はなかつたのだ。自分は未だに忘れない。

[やぶちゃん注:「二つの繪」の「死ねる物」の原型であるが、「二つの繪」では大幅に追加がなされてある。]

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(19) 「二つの繪」(8)「鵠沼」 | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(21) 「二つの繪」(10)「漱石の命日」 »