フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「二つの繪」(52) 『「藪の中」について』 | トップページ | 小穴隆一「二つの繪」(54) 『「羅生門」の一册』 »

2017/02/01

小穴隆一「二つの繪」(53) 「芥川の句碑」

 

 芥川の句碑

 

Akutagawakehenosaka

 

[やぶちゃん注:以下、上掲の写真キャプション。この撮影者田中宏氏を同定し得なかったことから、没年を確認出来ていない。従って、これと同じく次の写真については著作権が存続している可能性がある(撮影は最後のクレジットから昭和二九(一九五四)年初年初かその前年と推定される)。この二枚の写真は田端の旧芥川邸へのアプローチと焼け跡を伝える極めてレアな画像であり、敢えて今は掲げておくこととする。御本人或いは著作権継承者から御指摘があれば、直ちに除去する。]

田端驛裏出口からいつて、芥川家趾にでる路には昔のおもかげが殘つてゐた。石疊のつきあたりは、芥川家の門があつたところである。

          田中宏撮影

 

Akutagawkeato



[やぶちゃん注:以下、上掲の写真キャプション。同前。老婆心乍ら、「蹲」は「つくばひ(つくばい)」と読む。手水鉢(ちようずばち)。]

燒けた蹲と靴脱    田中宏撮影

 

 去年の五月八日、佐佐木茂索君は、――突然ですが田端に澄江堂句碑を建てたいと思つてゐます。實地を檢分しないと、建つか建たぬか分らないが、土地の都合がよければ建てる氣でゐます。大體の小生の腹案は、表面に例の水涕やの句を故人の文字のまま彫りつけ、裏に佐藤春夫に何か書いて貰ひたいと思つてゐます。そして全體の形とか何とかは、大兄に考案して欲しいと思つてゐるのです。本來なら、實地を檢分して、可能性を確めてから、大兄その他と十分相談してきめるべきが順と思ひますが、出來れば七月二十四日に除幕式をやりたいくらゐの急いだ氣もちでゐるので、一應右の腹案を申上げ、何か考へておいて欲しいと思つてゐる次第です。終焉の地といふのを今のうちに、はつきりさせておくのは必ずしも無意義でないと考へてゐる次第です――といふ手紙をぼくに書いてゐた。手紙をもらつて僕は、佐佐木君が僕を忘れないでくれてたのはうれしかつたが、芥川が僕に繰返し注文してた墓の形、家人にあてた遺書のなかにも圖まで畫いてゐたその形と、染井の墓との相違など、あれこれにこだはりながら向島に行つて、三圍神社の境内や百花園にある、それぞれの碑の形などを見て步いてゐたが、その後佐佐木君から音沙汰はなく、七月二十四日もすぎて殘暑のころであつたであらう。たまたま、岩波映畫製作所で、比呂志、也寸志の兩君と顏を合はせて、そのときに比呂志君から、現在の借地人である人には理解があり、碑を建てる餘地はあると聞いた。此呂志君からはさうは聞いたが、先決問題と考へる地主さんのはうの意向は、依然としてどこからも耳にはいつてはこなかつた。

[やぶちゃん注:私は今回、ここを再読して、今回、ある感慨を持った。稀代の作家芥川龍之介とはいえ、その自殺した場所に、その辞世(実際の辞世詠ではないが、句は確かに、立派な辞世ではある)の、

 

 水涕や鼻の先だけ暮れのこる    龍之介

 

という、アイロニックな諧謔の蔭に、寂寞々たる詩人の横顔のシルエットの鬼気の迫る一句を、故人の文字のままに彫りつけた句碑を、私が普通の市井人の借地人或いは地主なら、丁重にお断りするであろう。考えてもみたまえ、こんな碑が建っていたら、芥川龍之介ファンを称する有象無象が句碑拝観にやって来るのだ。田端駅からのアクセスも近い。存在したら、恐らくは毎日曜は今でも行列が出来ることであろう。私はそれを想像するに、あの世の芥川龍之介も慄っとすると思うのである。

「去年」末尾クレジットから昭和二八(一九五三)年。

「芥川が僕に繰返し注文してた墓の形、家人にあてた遺書のなかにも圖まで畫いてゐたその形と、染井の墓との相違」またしても小穴隆一の驚天動地の呟きが出る。まず、現行、知られている芥川龍之介の遺書類(最新のものは 芥川龍之介遺書全6通 他 関連資料1通 ≪2008年に新たに見出されたる 遺書原本 やぶちゃん翻刻版 附やぶちゃん注≫』で)には自分の死後の墓の図などは記されていない。小穴がかく言う以上、別に、墓の仕様を描いた芥川龍之介の遺書(或いは小穴が前に言った遺書の下書き)がある(あった)ということになるのである。次に、現在の慈眼寺にある芥川龍之介の墓は一般には芥川龍之介の遺志に基づいて彼遺愛の座布団と同じ寸法に創られた方形の墓で、その正面にある「芥川龍之介墓」の文字は小穴隆一の筆になるにも拘わらず、ここで小穴隆一はこの墓のフォルムは芥川龍之介の遺志とは違うと批判しているという点である(実は私は二度墓参りをしているが、座布団云々の遺志はよいとして、あの箱を二つ積み重ねたようなずんぐりむっくりした墓は正直言うと形状として決してよいとは思わない。彼のダンディさが一向に伝わってこないからである)。

「三圍神社の境内や百花園にある、それぞれの碑」「三圍神社」とは、現在の東京都墨田区向島二丁目にある三囲(みめぐり)神社であるが、その境内には「一勇斎歌川先生墓表」(明治六(一八七三)年建立の浮世絵師歌川国芳顕彰碑)が知られるものの、芥川龍之介関連の碑はない。近くの芥川龍之介の出身校である両国小学校(旧江東小学校)に「杜子春」の一節が刻まれている「芥川龍之介文学碑」はあるが、これはごく最近の建立であるから違う。「百花園」は向島百花園で、現在の東京都墨田区東向島三丁目にある都立庭園で、現在、芭蕉を始めとする多くの句碑が建つが、やはり芥川龍之介関連の碑はない。小穴のこれは単に他者の顕彰碑や句碑の「それぞれ」を参考に見たことを言っているものであろう。]

 芥川の句碑の話は、比呂志君と會つたその前と思ふが、文藝春秋の俳句會の席で、佐佐木君から田端の家の燒跡はどうなつてゐるか、碑を建てる地面があるか、ないかと、話がでたときに、久保田万太郎さん、瀧井孝作君、僕も皆、實地を檢分しないでて、無いであらうといふ説に傾いたが、それからおのづと跡絶えてしまつてゐたやうすである。

 話は跡絶えてた、跡絶えさせたのは、ぼくたち老人どもが想像に安んじてて、一應現場を見てみることをしないでゐたからだが、人を責めるのでなく、人に詫びなければならないのはどうやら僕自身のやうに思ふ。

 僕はさいきん、芥川の家の燒跡にはじめて行つてみた。それは句碑のためではなく、芥川が自決の前に、行先を言はずに僕を連れだして、實家の墓に詣うでたその足で「或阿呆の一生」のなかにでてくる、淺草の女性にも告別に行つてゐる、その教へられた谷中の天王寺墓地のところは、美術館からは遠くもなし、田端、日暮里と、省線ですむところなので谷中のついでに田端の跡を見たといふ次第であつたが、燒跡に立つて僕は、芥川の家の門をあけてはいつてゐるやうな氣がしてゐた。かつて、芥川の家の門のあつたところの垣の破れからはいつたが、建物が消えてみると思ひのほかに廣かつた地面に、母屋についてゐた蹲と履脱が、まるで留守番してた恰好で、昔のままでゐたといふやうにあつた。高サ三一吋半ほどの蹲には、梯子や戸板の如きものが三方からたてかけたままになつてゐたので、それが留守番が子供達に頭や肩にとつつかれて留守番してゐたといふやうに思へた。僕は、芥川のところにはいつた強盜が、二十圓をとつて逃げるときに、蹲で向脛を疵つけたといふことなどを思ひ出しながら早く實地檢分をしないでゐたことを、だれにとなく申譯なく思ひ、外遊中の佐佐木君が歸國するまで、だれも手をつけずに現在のままにしておいて欲しいと急いだ氣もちになつた。

[やぶちゃん注:『芥川が自決の前に、行先を言はずに僕を連れだして、實家の墓に詣うでたその足で「或阿呆の一生」のなかにでてくる、淺草の女性にも告別に行つてゐる』自決一ヶ月前の昭和二(一九二七)年六月二十五日のこと。宮坂覺氏の新全集年譜の同日の条に、『小穴隆一とともに谷中墓地に出かけ、新原家の墓参をする。浅草の「春日」に行き、馴染みの芸者小亀と会う』とある(但し、これは本書がソース)。「或阿呆の一生」云々は不審。そのような条はない。小穴は別な作品或いは別な女性と勘違いしているように思われる

「谷中の天王寺墓地」現在、谷中墓地と称される区域は都立谷中霊園の他、天王寺墓地と寛永寺墓地が含まれている。但し、これは小穴は谷中霊園を言い換えただけで、新原家の墓が谷中の天王寺分の墓域にあるという意味で言っているのではないように私には思われる。

「高サ三一吋半ほどの蹲には、梯子や戸板の如きものが三方からたてかけたままになつてゐたので、それが留守番が子供達に頭や肩にとつつかれて留守番してゐたといふやうに思へた」「三一吋半」三十一インチ半は八十センチメートル。これによって先に掲げられた写真はそれらを取り除けて撮影したことが判る。この小穴隆一の描写は私には、恰も、かの芥川龍之介の「河童」(リンク先は私の電子テクスト)の「五」の『窓の外の往來にはまだ年の若い河童が一匹、兩親らしい河童を始め、七八匹の雌雄の河童を頸のまはりへぶら下げながら、息も絶え絶えに步いてゐました』というシーンを想起させた。

「芥川のところにはいつた強盜」宮坂年譜によれば、大正一三(一九二四)年七月九日の午前三時頃、強盗が便所の窓から侵入、短刀を突きつけられた上、二十円を奪取され、『犯人は、一六歳の早稲田実業本科生で、十月六日に逮捕された』とある。堀辰雄関連の個人サイト「タツノオトシゴ」の堀辰雄年譜には、出典は明らかではないが、この事件を記し、『50円要求されるも値切った』とあるのが面白い。芥川龍之介らしい気はする。]

 田端驛の裏出口をでて、小さい階段をのぼるときに、芥川に自決のこころを打明けられた後で、君も鵠沼にきてくれで鵠沼にゆき、鵠沼を引きあげると、またそばにゐてくれで、田端にゐた懷舊にふけるよりも、窪川鶴次郎君を考へて羞づかしかつた。窪川君は顏を知つてゐても附合ひはなかつたが、空襲中隻脚義足の僕に、芥川の家の前を通つてては、度々樣子を書いて知らせてくれてゐた。

[やぶちゃん注:「通てては」はママ。衍字か。

「窪川鶴次郎」(明治三六(一九〇三)年~昭和四九(一九七四)年)は小説家・文芸評論家(以上は講談社「日本人名大辞典」を参考にした)。静岡県出身で第四高等学校(国立金沢大学の前身)中退。大正一五(一九二六)年に中野重治らと同人誌『驢馬』を創刊。昭和二(一九二七)年の芥川龍之介自死前に佐多稲子と結婚(後に離婚)、プロレタリア文学評論で活躍したが、昭和七(一九三二)年に検挙・投獄されて転向した。戦後は新日本文学会で活動した。]

 終戰の四年目と思ふ。用があつて鵠沼に、芥川の奧さんを訪ねたが、奧さんに停留所まで送られて歸るときに、昔僕たちがゐた家のほうの路をまはつてみて、芥川が「河童」に手をつけてゐた家の前を通り、芥川が「蔦うるしからまる松の」といつた松、この隣りとの地境にあつた松の木を背にして左手を腰にして立つてゐる寫眞は人々の目になにかで觸れてゐる。僕が每朝焚付けに拾つてゐた松ぼくりの松、さういつた松の木は伐りとられてゐて昔の樣はなかつたが、その家の玄關にかかるあたりは奧さんにいはれるまでもなく、二十年前の有樣であつたのが懷しかつた。

[やぶちゃん注:「鵠沼に、芥川の奧さんを訪ねた」不審。かつて文の母鈴と八洲は鵠沼に住んではいたが、昭和二四(一九四九)年の時点では二人とも亡くなっているからである。或いは塚本家の縁者がその後に住んでいたものか。

「松の木を背にして左手を腰にして立つてゐる寫眞」この写真は芥川龍之介の晩年のものとしてはかなり知られた一枚で、諸本に掲げられてある。]

 僕はそこをだれかに寫眞に撮つておいてもらほうと思つてゐながら、實行に移さないでゐた後悔があるので、田端の跡を見たら今度はすぐに、寫眞の撮れる田中君を連れて行つて、いろいろ寫しておいてもらつた。

 田端の芥川を偲ぶには、佐藤春夫さんが改造に芥川を書いて得た稿料で、昭和四年に百五十部を刷つて知友の間に配つた「おもかげ」が一番だが、そのなかの二十二にでてゐる、室生犀生さんが贈つた蹲は、(書齋の新築祝ひに贈られた物、その新築の書齋で遂に自決してゐた。)火を被つてもゐたらうし、小さいから動かせもしたとみえて見あたらずにさびしかつたし、二十三の「彼の家に行く路」と解説されてでてゐるほうの路は、寫した人が立つたところあたりは、いまではコンクリートの廣い道路のなかの位置で、昔は松葉杖でのぼれた斜面が、今日、義足で步き慣れてても一寸、昇降にはこはい手摺りのついた急勾配の階段になつてゐた。せいぜい二間幅であつた路は、コンクリートの大通りとなつてゐるばかりか、その道の上には橋がかかつてゐて、橋の柱には童橋(わらべはし)と刻まれてあつた。ここに、はなはだ愉快に堪へないのはと書けば、芥川の口吻であるが、ぼくはだれか河童橋とつけたかつたのを遠慮して童橋としたのではないかと一寸邪推した。

[やぶちゃん注:『佐藤春夫さんが改造に芥川を書いて得た稿料で、昭和四年に百五十部を刷つて知友の間に配つた「おもかげ」』前者は昭和三(一九二八)年七月改造社刊の「文藝一夕話」のことか。後者は非売品で、昭和四(一九二九)年に座右宝刊行会から刊行された佐藤春夫編「おもかげ」で、芥川龍之介一周忌記念冊子である。故人を偲ぶ写真とその解説が載る限定百五十部の和綴じ本。帙入。私は未見。

「童橋」現在の東京都北区田端五丁目に童橋公園とともに現存。ここ(グーグル・マップ・データ)。「宅建」公式サイト内の〔『田端文士村を歩く』 第3回:室生犀星「童橋公園の庭石」〕に橋の現在の写真が載り、そのキャプションには、『田端駅北口より南側へ続く切り通しの道は昭和8年に完成した。その際に、田端の東西をつなぐ橋としてかけられた童橋。滝野川第一小学校へ通う児童の通学路として利用されていることからか、童橋との名称がついている』とあるが、小穴の言う河童橋説も気持ちは判るし、芥川龍之介もこの名を聴けば、草葉の蔭で微笑むに違いない。]

 芥川とお隣りの香取秀眞さんの境に殘つてゐる竹は、昔の竹の根のものであらう。僕は昔の位置にあつた蹲と履脱を動さずに、句碑にしろなににしろは室生さんが贈つた蹲のあつたところに建て、燒けた土を芥川の家の庭の土であつたやうにしたならば、そのほかになにも考案することほなからうと思つた。僕は確か數へ歳四つであつたやつちやん(也寸志君)が、庭に澤山ゐた小さい蛙の眞似をしてゐた姿を思ひだし、一體芥川のところの庭には、いつの夏にもあんな小さい蛙がゐたものかなど思つたり、早く佐佐木君が歸つてきてくれて、地主さんにも賛成してもらつて、話がつく日を待つてゐる次第だ。最初のときは雨戸を締めて留守のやうであり、二度日は女中さん一人の留守番で、現在の借地人のほうの家の人にも會へなかつたが、家を建ててゐる位置にもどうやら、芥川の家跡といふ氣の配りがあるとぼくはみた。

[やぶちゃん注:「香取秀眞」既出既注であるが、再掲しておく。鋳金工芸師の香取秀真(かとりほつま 明治七(一八七四)年~昭和二九(一九五四)年)は東京美術学校(現・東京芸術大学)教授・帝室博物館(現・東京国立博物館)技芸員・文化勲章叙勲。アララギ派の歌人としても知られ、芥川龍之介の田端の家のすぐ隣りに住み、龍之介とは友人でもあった。]

 

 二十八年の五月に、東京新聞に書いてゐたこの隨筆をみた地主さんが早速に使を僕によこした。僕ほそれで地主さんにも會つたが、地主さんの話では、丁度佐佐木君が、句碑を建てたいと言つてゐますと手紙を書いてゐた頃に、前の地主さんから土地を讓りうけてゐたやうで、三百八十坪あるといふ地面は、もう、三つに區分されてゐた。間には仕切もなにもない空地をみて僕は糠よろこびをしてゐたのだ。二人の借地人の一人のはうは金庫から金を借りるので、數日のうちには普請にかからなければならず、蹲と履脱の仕末をつけなければ、家を建てるのにも困るので、石が入用なら僕にくれるが、自分は、家がほかにもあるから、なんなら、この家と土地を買つてくれといふ話で、話が暗くなつた。

 蹲と履脱を動かせば、もう僕には親しめない地面になつてしまふ。芥川の家に出入りした人達でも、ならば、門のあつた場所か、そとまはりの垣根の場所の地面をすこしといふところで、馴染もない勝手口のあつたほうの地面に、餘分の家まで買ふ無理な騷ぎまでは考へないと思ふ。僕の家は街なかの家で、庭といふものはないが、蹲と履脱を貰つて、トラックで運ばせようと考へ、三度目に、火をくつてゐる御影石は、そのままにしておけばよいが、動かせば形もくづれて結局自分も仕末に困るのではないかと、惜しかつたが貰ふのはやめてしまつた。

       (昭和二十九年二月五日追記)

[やぶちゃん注:最後のクレジットは底本では二字上げ下インデント。結局、この蹲や履脱は何処へ行ったのか。読み終えて淋しさが残る。

「火をくつてゐる御影石」空襲で焼けたの謂いか。]

« 小穴隆一「二つの繪」(52) 『「藪の中」について』 | トップページ | 小穴隆一「二つの繪」(54) 『「羅生門」の一册』 »