フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(53)「影照斷片」(11) | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(55)「影照斷片」(13) / 「影照斷片」~了 »

2017/02/17

小穴隆一「鯨のお詣り」(54)「影照斷片」(12)

 

         ○

 

 七月二十一日に、彼が、金はいらぬかと言つてゐたその金の高は自分にも不明である。が、彼の死後時に遇(あ)つてうなづけた。――死ぬる三日前(かまえ)に改造社から千圓を借りてゐる。何の爲それを彼が要した金であつたか。さうけげんに思つた改造社の者の言葉は、自分にもけげんではあつたが事の合點(がてん)が出來た。家人にも祕(ひそ)かにしたその金を彼が持つて、左翼の人に夜へてゐると知つたのはそれ以後の日(ひ)に斯(お)いてではあるが、その彼についてのM女は、「えゝ、わたしにはそんな事も言つてゐました。」と返事した。千圓の金が其儘(そのまま)に二三日の間に消えてゐる。噂の彼を自分も認めはする。殊に當時の新聞の三面には、生活難に死んだ人達の記事が多かつたと考へるが、全く淚を流して、「自分は斯ういふ人達の事をみるにつけても、かうやつて自分が生きてゐることがすまないと思ふ。」と、言つてゐた晩年の彼の、來(く)る朝每(ごと)の嘆きを見知つてゐるからである。

「僕も、あの時は、あゝいふ風になると、自分も矢張り、つくづく、勳章が欲しいと思つたよ。」

 何かの時に淸浦(きようら)伯(はく)と席を共にした事のある彼はさう語つてゐた。その頃の彼は、(死ぬ話)の出なかつた時代の彼である。

[やぶちゃん注:「二つの繪」版の「千圓の金」の原型。本書で先行する「最後の會話」も参照されたい。

M女」平松麻素子。]

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(53)「影照斷片」(11) | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(55)「影照斷片」(13) / 「影照斷片」~了 »