フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(52)「影照斷片」(10) | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(54)「影照斷片」(12) »

2017/02/17

小穴隆一「鯨のお詣り」(53)「影照斷片」(11)

 

         ○

 

 本を裝幀してゐるが如くに、墓をも積むと言ふのである。但し、棹(さを)の無い石塔を彼は空想してゐた。彼の註文どほりにゆけば、上野公園などに見るロハ臺(だい)の如き物の小なる物が出來(しゆつらい)する。それがよろしい。誰れにでも腰掛けられるものであつて欲しいと答へてゐた彼であるが。

 墓を彼のために考案するに當つて、臺石を平素彼が敷いてゐた二枚の座蒲團(ざぶとん)の寸法に倣(なら)つて定め、全體の型は推(お)していつた。卷紙に圖を畫(か)いて殘した、彼自身家族に示すところの如きものとは、赴(おもむき)を異(こと)にしたかと思ふ。自分が常常(つねづね)彼の墓に御無沙汰してゐるのは、憖(なま)じひに、彼の註文を受けて、墓石(ぼせき)の文字まで、自分の惡筆を刻ませてしまつてゐるからである。

[やぶちゃん注:「出來(しゆつらい)」のルビはママ。

「ロハ臺」「只(ただ)」を分解してカタカナに変え、座るにタダであることから、公園などに設けたベンチの謂い。]

 

 

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(52)「影照斷片」(10) | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(54)「影照斷片」(12) »