フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(8) 「龍之介先生」 | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(10) 「Ⅳ」 »

2017/02/05

小穴隆一「鯨のお詣り」(9) 「わたりがは」

 

 わたりがは

 

 昭和二年の改造八月號、日本周遊二十八頁の上の六行目、

   羽越線の汽車――改造社の宣傳班と別る。‥‥

   あはれ、あはれ、旅びとは、

   いつかはこころやすらはん。

   桓根を見れば「山吹や笠にさすべき枝のなり」

 彼の旅行記、東北・北海道・新潟は、改造社に入用(にふよう)なものであつたらうが、彼は、彼にとつては、既に大正十一年五月の作であるところの、あはれ、あはれ、旅びとは、を、さしはさんだ旅行記が一つここに必要であつたと思はれる。

 

 東北・北海道・新潟の講演旅行で一挺のぴすとるが彼の手にはいつてゐたのであらうか。「僕はこんどはいよいよぴすとるも手にいれた」

と言つてゐた。

 これが彼の言葉である。

 

「自分の死後どんなことがあつても發表はしてくれるな」と言つて、鵠沼で前年の冬、僕に預けたもののなかから、彼は三つ死ぬまでにひきだした。あはれ、あはれ、はその一つ。手帳八月號の風琴(ふうきん)がその一つ。それに「なぜ?」を、僕は二年一月三十日に渡してゐる。

 

 ――夕方、僕の宿で、僕の祖父の遺愛詠歌自在の詞(ことば)の栞(しをり)から、僕等は二人がかりで詞を拾つてゐた。

「あはれ、あはれ、旅びとのこころはいつかやすらはん――ねえ君、何か詞をさがしてくれなきやおまんまを喰べに出かけられないじやないか。はやく考へておくれよ。ねえ、はやく考へておまんまをたべにゆかうよ、君」

 

  わ  た    海 渡 綿

          海河ノマガリ入ル處

  わ  だ

          入江ノ水ノ淀

  わたどの    廊下

  わだち     輪立 車ノ輪

          三途ノ川

  わたりがは       トモイフ

          みつせ川

 

 わたりがは、――期せずして僕等は、僕等は、ああ? ! と言つた。わた、わだ、わたどの、わだち、ととび、わたりがはといふ詞に出會つた時に。

 

 今日(けふ)のうちといふ今日のうち、その夕方に、

  あはれ、あはれ、旅びとの

  こころはいつかやすらはん

 が、

  あはれ、あはれ、旅びとは

  いつかはこころやすらはん

と、きまつて、改造社はその翌日に、東北・北海道・新潟の原稿を持つていつた筈である。旅行記の日附(昭和二、六、二十一)を僕のメモランダムとすれば、その前日に二人は、わたりがはゆきといふことばを造つてゐた。

 

 わたりがはをみつせ川(がは)と言ひかへることには、彼は不賛成であつた。

 「みつせ川ゆきか」といつて、二三度「わたりがはだよ、君。」と言はれた。

 

 僕は僕の一生に於いて、ああもうつくしい顏をみることはできない。

「君、僕はわたりがはといふ詞を知らなかつた。こんないい言葉があることはいままで知らなかつた。僕は知らなかつたよ。」

 うつとりとなつて斯う彼は言つてゐた。

 

[やぶちゃん注:「二つの繪」のわたりがは」の原型。二箇所の太字「ぴすとる」は底本では傍点「ヽ」。「出かけられないじやないか」の「じ」はママ(「二つの繪〉では訂されてある)。「わだ」「わたりがは」の下の部分の二行は底本では直下にポイント落ちで二行で並ぶ。「(昭和二、六、二十一)」は底本ではポイント落ち。

「風琴(ふうきん)」は正しくは「オルガン」と読むのが正しいと私は考えている。「二つの繪」の「わたりがは」の私の注を参照されたい。

『「みつせ川ゆきか」といつて、二三度「わたりがはだよ、君。」と言はれた』。「二つの繪」では最初の「みつせ川ゆきか」の台詞は小穴隆一が言ったことになっており、大きくシチュエーションが異なる。「二つの繪」の方が事実なのかも知れぬが、映像として私は、こちらの方が遙かに、よい。序でに言えば、最終章も私はこちらの映像的処理の方が良いと思う。「二つの繪」は説明的散文的で、老人にありがちな追想めいたものに色褪せてしまっているからである。

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(8) 「龍之介先生」 | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(10) 「Ⅳ」 »