フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(54)「影照斷片」(12) | トップページ | 芥川龍之介の幻の作品集「泥七寶」のラインナップを推理して見た―― »

2017/02/17

小穴隆一「鯨のお詣り」(55)「影照斷片」(13) / 「影照斷片」~了

 

         ○

 

 彼にあつて志賀直哉は別格である。

 自分にあつては、文藝生活に於ける彼に絲(いと)を投げかけた者を、漱石、潤一郎と信ずる。

[やぶちゃん注:「二つの繪」版の「芥川・志賀・里見」の原型の一部。]

 

         〇

 

「互(たがひ)にただの鼠(ねづみ)でないと人に思はれてゐるのがつらい。」

 仙臺の宿で、醉餘(すゐよ)の里見弴(とん)はかう搔口説(かきくど)いて彼に言つたといふ。

「君も僕もただの鼠でもない者が、ただの鼠ではないと思はれてゐる。」

 講演旅行から歸つて自身の室(へや)に這入(はい)るなり、彼は自分にさう言つて悄然としてゐた。

[やぶちゃん注:「二つの繪」版の「芥川・志賀・里見」の原型の一部。]

 

         ×

 

Akutagawazoujyouhaitizukujiraban

 

[やぶちゃん注:底本では前の「×」と以下の文章全体がポイント落ちで、更に以下の文章は本文四字下げ下インデントである。ルビは一切附されていない。芥川龍之介の告別式の配置図は「二つの繪」版の「芥川の死」に挿入されているそれ()よりも大きな上に、版が異なるので底本のものを新たにスキャンしてここに示した。]

 

 二三二頁は昭和二年七月二十七日午後三時より行はれた下谷區谷中齋場に於ける芥川龍之介告別式場の見取圖である。菊池寛が友人代表として弔詞を讀んだ。

「芥川龍之介君よ、君が自ら選み、自ら決したる死について吾等何をかいはんや、たゞ吾等は君が死面に平和なる後光の漂へるを見て甚だ安心したり。友よ安らかに眠れ‥‥」

 と一言讀んで聲をのみ二言讀んで淚を拭ひ、終に聲をたててさへ哭いた。滿場涕位した。

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(54)「影照斷片」(12) | トップページ | 芥川龍之介の幻の作品集「泥七寶」のラインナップを推理して見た―― »