フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(6) 「山鉾のおもちや」 | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(8) 「龍之介先生」 »

2017/02/04

小穴隆一「鯨のお詣り」(7) 「舞妓はん」

 

 舞妓はん

 

 舞妓はんといつたものは、あゝいつた里(さと)の子供達のあこがれのものであり、また舞妓はん達自身も、お稽古場の退屈しのぎに、ちびて、ぼんぼんさんになつた筆の毛を上手にそろへて、ほそい線で、舞妓はんのだらりの帶をみせたその後姿を、よく畫(か)くものであるといふ。以前には、お稽古場に筆と墨が、舞妓はん達の退屈しのぎに揃へてあたものであると、舞妓はんはやめて、女學校にはいつてしまつたひとが、今日(けふ)立寄つて教へていつてくれた。繪のもでるになつてくれたひとは、ふくわげに結つた衿(えり)かへ前の十七歳の舞妓はんで、私は林檎、梨、栗、玉蜀黍(たうもろこし)などのついた着物が、めづらしかつた。もつとも私にはなんにでも感心するといつた癖があつて、よくひとに笑はれてゐる。

[やぶちゃん注:太字「もでる」は底本では傍点「ヽ」。

「ふくわげ」「吹く髷」で、輪をふっくらとさせたもの。江戸後期から侍女などが結い、明治中頃には京都で流行した。

「衿かへ」「襟替え」。舞妓が晴れて芸妓(げいこ)になることを指す。芸妓としてのお披露目の際、着物の襟を、これまでの赤襟から白襟に変えることに由来する。]

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(6) 「山鉾のおもちや」 | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(8) 「龍之介先生」 »