フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(21) 「二つの繪」(10)「漱石の命日」 | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(23) 「二つの繪」(12)「遺族に對する」 »

2017/02/08

小穴隆一「鯨のお詣り」(22) 「二つの繪」(11)「死場所」

 

        死場所

 

 死場所として、海には格別の誘惑を感じはしなかつたやうである。(水泳(みづおよ)ぎが出來るからと言つてゐたのは言譯(いひわ)けで、濱邊(はまべ)に轉がる死體よりも、行方不明になりきる死體を心配してゐたと言つて差支(さしつか)へはない)。深山幽谷(しんざんいうこく)には多少の關心があつたやうである。これとても糜爛(びらん)しきつて發見されることは嫌つて、死體が木乃伊(みいら)になつてゐるのそれならば興味があるといふ贅澤(ぜいたく)なものであつた。

 大正十五年、當時の鵠沼には未だ震災で潰れたままの廢屋(はいをく)と言つてよろしい物があちこちにあつた。彼が一日(にち)自分を散步に事よせて案内した所は、實(じつ)に死ぬ者にとつての安全な場所である。――さう自分も亦考へた程の、成程、ここならば白骨か、木乃伊になるまでは、發見されないだらうと思へた一軒の潰れた家(いへ)であつた。(〔悠々莊〕」に非ず。)何時の間に獨りであすこを見付けてゐたか。彼がその場に於いて活潑に先頭に立ち、ぐるぐる廻つて實地檢證をした事は驚く。

 然し如何なる所よりも結局――一番心靜かに死ねるであらうと思つてゐたと考へる、自身の家で死ぬことを考へてゐたやうである。但し、彼とても、自身の家(いへ)で變死をすれば、やがては家を賣るだらう。それを考へれば養父に迷惑をかけるには忍びないが、自身で建てた書齋なら、あすこさへ潰せば大した事もなからうかと相當迷つてはゐた。(自身家を建てた經驗を持つ者は他人の家では容易に自殺は出來なからう。)

[やぶちゃん注:「二つの繪」の「死場所」の原型。]

« 小穴隆一「鯨のお詣り」(21) 「二つの繪」(10)「漱石の命日」 | トップページ | 小穴隆一「鯨のお詣り」(23) 「二つの繪」(12)「遺族に對する」 »