フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之二 甲州強盜の事 | トップページ | 甲子夜話卷之三 23 諏訪湖幷同所七不思議の事 »

2017/03/01

譚海 卷之二 飛州・甲州豪家の富の者の事

 

○天下の豐饒(ほうぜう)は飛驒國と甲府なるべし、いづれも豪富にくらすもの多し。飛驒の國は、博奕(ばくち)家ごとに行(おこなは)るる所にして、家内數十人くらす主人までも、上下ばくちをせざるものなく、京都へたよりよく四方の人集(あつま)る所にして、自ら無賴(ぶらい)のものもつどふゆゑに、ばくち行るるなるべし。甲府は貧(ひん)なるもの少(すくな)し、大體(たいたい)金をたくはひ持(もた)ざるものなし。甲府に中の田の園市左衞門が質(しち)にとらざる所少(すくな)し。此市左衞門、先年むすめを江戸見物に同道せし時など、甚(はなはだ)過奢(くわしや)なる事也。盜人(ぬすびと)に金二千兩出しあたひける程のもの也。

[やぶちゃん注:「博奕」「ばきえき」「ばくやう(ばくよう)」と読んでいるかも知れぬ。

「中の田の園市左衞門」不詳。津村がかく書く以上、その頃(本書の見聞記事は安永五(一七七七)年から寛政七(一七九六)年の間)には相当に知られた大尽であったはずなのだが? 識者の御教授を乞う。

「盜人(ぬすびと)に金二千兩出しあたひける」これは直前の甲州強盜の事の甲府の押し込み強盗の周到にして凄絶な責めの恐怖を受けての謂いであろう、だから、この金額、変に納得した。]

« 譚海 卷之二 甲州強盜の事 | トップページ | 甲子夜話卷之三 23 諏訪湖幷同所七不思議の事 »