フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「想山著聞奇集 卷の壹」 「天狗の怪妙、幷狗賓餅の事」 | トップページ | 「想山著聞奇集 卷の壹」 「蛸藥師靈驗の事」 »

2017/03/11

「想山著聞奇集 卷の壹」 「鏡魚と名付たる異魚の事」

 

 鏡魚と名付たる異魚の事

 

Kagamiuwo

 

 我(わが)尾張の國知多郡橫須賀御代官の下役(したやく)鳥居何某、文化年中同所在勤の時、漁人の捕(とり)たる魚、其形、全く鏡のごときもの故、鏡魚(かゞみうを)と名付たれども、此濱にても、か樣の魚捕(とり)たる事は、昔語りにもきかずと也。惣躰(さうたい)、海邊にては、名もしれぬ異魚を、折節、捕得る事なれども、此魚は、其内の奇物にて有しとなり。仍(よつ)て同人によく聞訂(ききただ)し、左に圖し置(おき)ぬ。【右某は能く念を入れ見置しとなり。】龍宮船(りうぐうぶね)と云(いふ)筆記に、鏡魚と云條有(あり)て、享保の初め、房州浦にて捕たるよしにて、江戸小田原町の肴店(やかなみせ)へ持(もち)きたるめづらしき魚あり。全躰(ぜんたい)丸く、さし渡し三尺斗(ばかり)。形ひらめのごとくにて、その色靑く、いなだと云(いふ)魚の色合(いろあひ)に似たり。膚(はだ)へも又いなだの如し。腹の下少し白く、脊と腹の幅三寸、長さ五尺斗りの鰭有て、色は黃(き)にして尾なく、甚だ團(まど)かなる魚有(あり)て、人々立湊(つど)ひて見けれども、其名をしる人なし。其形ち、鏡に似たれば、鏡魚とも云(いふ)べきやと、皆人言(いひ)あへりしが、後に臨海異物志を見れば、南方に鏡魚あり、團か成(なる)事、鏡の如しとあり。若(もし)此魚の事にてもあるにやと云へり。臨海異物志の魚は、色合等いかが成(なる)かしらず。此龍宮船の鏡魚とは、大に違ひたる魚なり。然れども、先(まづ)同日の談か、斯(かく)記し置(おき)て後鑑(こうかん)の一助とす。

[やぶちゃん注:以下、底本では二字下げ。何故か、明らかにここだけポイント落ち。画像を見ればわかる通り、これは全体が図のキャプションであることを意識した編者の仕儀かとも思ったが、どうも編者はキャプションの図のそれが総ルビであるのを嫌ってそれを再現出来ないように、わざとポイントを落したものと私は推理する。されば、なるべく読みを附して電子化することとした。図と対応させて読まれたい。実は細部で表記が異なることが判る。]

斯(かく)のごとく少し面長(おもなが)なる丸(まろ)き物にて、色は眞白(まつしろ)にて海月(くらげ)のごとくすき通(とほ)りて光り、厚さ纔(わづ)か美濃紙(みのがみ)五枚を重ねたる程の薄きものにて、かれいの如(ごと)く目は片面(かためん)に付き、鮨(ひれ)は橫の所に付きて骨といふ程のものも見えず、臟腑(ざうふ)も目にかゝらず、一圓(いちゑん)にすき通りて全く明鏡(めいきやう)の如きものにて有りたりとなり。

[やぶちゃん注:附図のキャプションの内、中央の『大(おほい)さ此(かく)の如(ごと)し』のみが活字化されていない。時に、この『大(おほい)さ此(かく)の如(ごと)し』は本個体がそれほど大きくない、即ち、一般的版形と考えられる和書である「想山著聞奇集」の見開きに描き収まるほどの大きさでしかなかったことを意味していると読めないだろうか? 我々はこの奇形的なその形に眩暈されて、ここで捕れた個体が異様に大きな丸い魚だと誤認してはいまいか? 思うにこの個体は実は全長が三十センチメートル以下で、幅(魚高:鰭の描き方は明らかに通常の魚類の上下である)も鰭を入れなければ二十センチメートルほどしかないのではなかったか? これは私の最終同定候補として問題がない事実なのである。

「知多郡橫須賀」現在の愛知県東海市横須賀町。ここ(グーグル・マップ・データ)。勘違いしてはいけないのは知多郡とは言っても、知多半島の西側の付け根の附近、伊勢湾東湾奧に近いことである。これは本怪魚の採取された場所としては、特異な位置であるとせねばならない。即ち、外洋に面していない、ごく内湾のかなり奥であるという点で、そこで漁師も見たこともない怪魚が捕れるというのは、この魚が遊泳能力が極端に低いか、或いは体が弱ってそれを失って、こんなところまで流されてきてしまった可能性を深く疑わせるからである。これは本個体が或いは原型を失った腐乱個体であった可能性も否定出来ないのである(臭気を記載していないのが惜しまれる)。

「文化年中」一八〇四年から一八一八年。

「龍宮船(りうぐうぶね)」宝暦三(一七五三)年序の滑稽本張朱鱗(後藤光生の漢名ペン・ネーム)作の滑稽本「近代記事論龍宮舩」のこと。但し、最後の読みは「りうぐうせん」である。その「卷三」の「鏡魚の説」である。国立国会図書館デジタルコレクションの画像のここで視認出来るが、この原典、図がないのが甚だ不満である。

「享保の初め」享保は一七一六年から一七三五年までの二十一年間。

「房州浦」現在の東京湾の南房総の外洋に向いた浦附近と読んでおく。漁が終わって帰投するのが小田原である以上、現在の東京湾内側の浦というのは私はややおかしいと考えるからである。

「三尺」九十一センチメートル弱。「さし渡し」と言っているから頭部からの全長である。かなり大きい。

「いなだ」出世魚であるスズキ目スズキ亜目アジ科ブリモドキ亜科ブリ属ブリ Seriola quinqueradiata の、ここは記載内容が関東であるから、比較的若い成長個体の呼称と考えてよい。一般には現行では三十五~六十センチメートルの個体を呼び、それより大きなものを「ワラサ」、さらに八十センチメートルを越える大型のものを「ブリ」と呼ぶ。

「脊と腹の幅三寸」九・一センチメートル弱。これでは異様に狭く、円盤ではなく矢みたような魚になってしまう。上記リンク先の原典を見ると、「の」は「に」の誤りであることが判明する。ここは原文は、

 

 背(せ)とはらに幅三寸長さ五尺はかりのひれ有は

 

と書かれている(ように見える。最後の部分が判読しづらい)。それなら納得である。これはそのまん丸い魚体の背と腹に附いている鰭の幅と長さなのである。「五尺」は一メートル五十一センチメートル半で、この円盤状の魚の直径から円周は二メートル八十五センチメートルほどにはなろうから、その半分とすれば、この鰭の長さは必ずしもおかしくはないことにはなる。しかしその場合、ほぼ魚体の全周縁に鰭が附いていることにはなる。しかしそれにしても、「形ひらめのごとくにて、その色靑く、いなだと云魚の色合に似たり。膚へも又いなだの如し。腹の下少し白く」「色は黃にして尾なく、甚だ團かなる魚」というのは何か? この叙述を読む限りでは、

全円周に鰭を持つ点ではカレイ目カレイ科 Pleuronectidae の大型個体と考え得る

が、しかし、「その」背の部分は「色靑く、いなだと云魚の色合に似たり。膚(はだ)へも又いなだの如し」なのだが、その同一面の裏も表も「腹の下少し白く」「色は黃」であるというのは、実は、

フグ目フグ亜目マンボウ科マンボウ属マンボウ(翻車魚) Mola mola

の生個体の色とかなり似たものであることが判る。しかも「尾なく」(マンボウは事実、尾鰭のない魚である。体の後端のぺたっとした尾鰭様の箇所は背鰭と尻鰭の一部が癒着変形したもので、「舵(かじ)鰭」「橋尾(きょうび)」と呼ばれる特殊な鰭である)「甚だ團(まど)かなる魚」となれば、私は、それしか浮かばぬ。なお、ウィキの「マンボウによれば、最近、ミトコンドリアDNA解析によって、『従来同一種に属すると考えられてきた日本近海に現れるマンボウが、種レベルで遺伝的距離が遠い』『二つの集団に分けられることが分かってき』ており、『一方は主に東日本の太平洋岸で捕獲される全長』三メートル『前後の大型個体で、他方は九州から北海道に至る太平洋、日本海で捕獲される全長』一メートル以下から三メートル『近くの個体で』、二〇一〇年には、このうちの前者の有意に大きなそれらを「ウシマンボウ(牛翻車魚)」(Mola sp. A)という『標準和名で呼び、後者を従来のマンボウという標準和名で呼ぶことが提唱されている』とはある。

 しかし、この「近代記事論龍宮舩」のそれを、マンボウと比定するには私にはやや不審な点もある。それは水揚げされたのが小田原であることにある駿河湾及び相模湾沖では、現在でもしばしばマンボウが陸揚げされており、漁師自身には稀な水揚げであっても、見たことのない異様な珍魚では(恐らく享保年間でも)なかったと思うからである。因みに、一般人がそれを見ることがなかったのは、滅多に採れず、形状が異様であることから、近代まで漁師らが自家で食して消費していたという事実、また、地方によっては漁師たちがその魚の奇体な形を妊婦に見せると良くない、或いは、その姿形のままで陸揚げすると祟るとして海上で捌いてしまったという漁民の民俗があった(この伝承は一九八九年平凡社刊の荒俣宏「世界大博物図鑑 2 魚類」の「マンボウ」の条に「紀州魚譜」(宇井縫蔵著・大正一三(一九二四)年刊)からとして載る)せいでもあろうと私は踏んでいる。すなわち、マンボウを小田原の魚河岸の漁師が一人も知らないというのは私はおかしいと思うのである。誰も「マンボウ」だと名指さなかったのは、周囲の鰭のせいであろう。マンボウならあるべき体の後部に長く上下に突き出して発達していなくてはならない背鰭と尻鰭はどこへいったのか? これは説明がつけにくい。或いは、長く漂流した腐乱したマンボウの遺体で背鰭と尻鰭が腐り落ち、辺縁部組織が瓦解したものが、あたかも鰭のように見えたものか?

「臨海異物志」中国三国時代の呉の武将として知られる沈瑩(しんえい ?~二八〇年)が著わした博物地誌「臨海水土異物志」のこと。調べたところ、「太平御覧」の「卷九百四十 鱗介部十二」に「鏡魚」の項があるが、まさに『「臨海異物志」曰、鏡魚、如鏡、形體薄、少肉。』と載るのみである。

「此龍宮船の鏡魚とは、大に違ひたる魚なり」三好想山の謂いは実に正しい。「臨海水土異物志」のそれは実体を見るように語っていないからである。或いはそれは現代の熱帯から亜熱帯海域に広く分布する、

アジ科アジ亜科イトヒキアジ属イトヒキアジ Alectis ciliaris の幼魚(魚体は強い銀光沢のある丸みのある方形を成す)

或いは、

マトウダイ目トウダイ目マトウダイ亜目マトウダイ科カガミダイ属カガミダイ Zenopsis nebulosa

或いは、同じマトウダイ科 Zeidae の鮮やかな円盤状紋を持つ、

マトウダイ属マトウダイ Zeus faber

を指しているかも知れぬからである。考証家としての彼の堅実な慎重さが見てとれる。

 閑話休題。

 さて、ただどうも想山の書き方は迂遠な嫌いがある。ここではこの知多の横須賀で揚がった図に示された円(まど)かなる異魚は何か、ということである。問題は上部と下部の鰭が如何にも普通の魚の背鰭と胸鰭・尻鰭を呈してしまっており、魚体はデブいながら、尾鰭はまさに普通のちゃんとした魚の尾鰭そのものである点で、これらの鰭だけを見るならマンボウでは絶対にあり得ず、「かれいの如く目は片面に付」くというのもヘンで、これは寧ろカレイ亜目 Pleuronectoidei のカレイやヒラメ類の通常魚体を呈する幼体から、片側にそれが寄って行く成体への遷移過程中のそれ(しかもアルビノ)かとも見えたりはする

 だが、「色は眞白(まつしろ)」なのはアルビノでも説明出来るものの、「海月のごとくすき通りて光り、厚さ纔か美濃紙五枚を重ねたる程の薄きもの」という魚体がゼリー状に透明で、非常に薄いとなると、これはどうか? いや! 俄然、私はこれは、

新鰭亜綱カライワシ上目 Elopomorphaの葉形仔魚レプトセファルス(Leptocephalus

即ち、

カライワシ上目に属する種の内で、深海性でなく、近海性及び近海への回遊性が非常に高いウナギ目(Anguilliformes)やカライワシ目(Elopiformes)、ソトイワシ目(Albuliformes)の幼魚に見られる、平たく細長い透明な幼生レプトセファルス

を同定候補として挙げてもよいのではないか? と考えるのである。形状が細長いというのでは叙述の「圓(まど)か」とは一見、そぐわないようにも見えるけれども、レプトセファルスの中には全長が五センチメートル前後から一メートルを超す場合もあり、また、縦幅も広いものもいるから、ある種の段階で、それが丸く見える、水揚げした結果、ぼてっとなって一見、まるくなって見えた可能性を排除出来ないと思うのである。而して、透明なレプトセファルスを観察した際、向こう側の眼も薄い身体を通して見えれば、カレイのように片側に寄ってあるように見えたとしても少しもおかしくないのである。しかも、彼らなら、「鮨」には「骨といふ程のものも見え」ないし、特異的に黒みがかって見えたりするはずの「臟腑も目にかゝら」ないのである。「一圓にすき通りて全く明鏡の如きものにて有」るというのは、私はマンボウの表現ではなく、このレプトセファルスにこそ相応しいと思うのであるが、如何であろう? 大方の識者の御叱正を俟つものである。]

« 「想山著聞奇集 卷の壹」 「天狗の怪妙、幷狗賓餅の事」 | トップページ | 「想山著聞奇集 卷の壹」 「蛸藥師靈驗の事」 »