フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 妖異博物館 「大山伏」 | トップページ | 譚海 卷之二 甲州強盜の事 »

2017/03/01

譚海 卷之二 勢州雲津川上桃林の事

 

〇勢州雲津の川上玉垣邊は、東西六里斗り皆(みな)桃樹(もものき)也。花の時美觀錦繡(きんしふ)の如し、實(み)をとるときに至りて、一村ことごとく生活とす。凡(およそ)此もゝの實の價二千金に至ると云(いふ)。はじめ桃をうふる事を工夫せし宿老(しゆらう)兩家あり、一家四百金程づつの一年の入(いり)有(あり)といふ。參宮(さんぐうの)道者(だうじや)、此桃の實をとる事を禁ぜず。こゝろのまゝにとりくらへども禁ぜず、持(もち)さる事はゆるさず。又云、上方よりくる桶に入たる梅干は一種ならず、あんずのみあり、あんずもまた實をほしたる、事(こと)に酢氣(すのき)淺くして味よろしきもの也といへり。

[やぶちゃん注:「雲津」現在の三重県津市雲出(くもず)。この附近(グーグル・マップ・データ。リンク先は雲出本郷町)。東からの伊勢参宮津の最後の宿で雲津宿とも書いた(但し、正規の宿場町ではないかも知れぬ)。江戸時代は津藩領。

「川上」現在の雲出地区の南方を東流する雲出川の上流の謂いであろう。

「玉垣」不詳。現在の地図上では雲出川上流には現認出来ない。識者の御教授を乞う。

「桃」バラ目バラ科モモ亜科モモ属モモ Amygdalus persica

「宿老」ここは経験豊かな老人。

「道者」「同者」「同社」とも書き、連れ立って社寺を参詣・巡拝する旅人、遍路、巡礼、道衆のこと。この記載から伊勢参宮道のルート上に玉垣という村があったことは判る。

「梅」バラ科サクラ亜科サクラ属ウメ Prunus mume

「あんず」(「杏子・杏」。サクラ属アンズ Prunus armeniaca。]

 

« 柴田宵曲 妖異博物館 「大山伏」 | トップページ | 譚海 卷之二 甲州強盜の事 »