フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 妖異博物館 「風穴」 | トップページ | 柴田宵曲 妖異博物館 「穴」 »

2017/03/08

変な夢

こんな夢を見た。

僕は嘗て勤務した学校の同窓会に招かれているようだ。

そこで一人の女子生徒が僕に「今年の××大学[やぶちゃん注:超有名な私大であるが伏せておく。]の小論文問題なのですが……」と言って意見を求めてきた。その問題を手に取った……

 

――トウギョ[やぶちゃん注:この後に常染色体と性染色体の記号が羅列されてあるが、後者は三つ記されてあったように記憶する。]を4個体(♂2・♀2)、広い水槽で飼育している。そこに5個体目の♂を入れた。ここで♂の闘争によって他個体が死滅することがないと仮定して、F世代の♂の個体には後から入れた5個体目の遺伝子はどれだけ残されている可能性があるかを簡潔に述べよ(但し、ハーディー・ワインベルクの法則を用いてはならない)。――

 

僕は、

「……これ、何故、トウギョなのだろう?……そもそも、ハーディー・ワインベルクの法則を用いてはいけない、ってどういうこと?……因みにトウギョは……性転換は、しないよね?……」

などと呟いたのを覚えている。

その生徒と、その問題を議論しながら一緒にとある都会の居酒屋の前を通りかかる。

するとその店の前に大きな水槽があって、そこにまさにトウギョのつがいが華麗に泳いでいるのを見つけた。

「この店! トウギョを食わせるのか!!」

と憤慨した途端、その小論文の答えと、その答えが持つところの、××大学の〈忌まわしい意図〉が僕に瞬時に認識されたのであった。それを生徒に語って入学を辞退するように説得した。しかし、それに対して、その女生徒は、

「先生、やっぱりそれでよかったのですね! 正解でした! 合格しました!!!」

と叫んで、彼女は独り、スキップをしながら、夜の街路を遠ざかって行った……

[やぶちゃん注:条鰭綱スズキ目オスフロネムス科ゴクラクギョ(極楽魚)亜科ベタ(トウギョ/闘魚)属 Betta :「ベタ」は原産であるタイのメコン川流域での方言名由来で日本語ではない。なお、本邦ではこの「トウギョ」で狭義にベタ・スプレンデンス Betta splendens を指すことが多い)。私はせいぜいトウギョの美麗さと、♂が強いテリトリーを持ち、非常に激しい攻撃性を示すこと、浮き巣を形成して仔の養育と保護をすること程度しか知らない。彼らの性染色体の数も知らぬ。多分、性転換はしないであろう。]

« 柴田宵曲 妖異博物館 「風穴」 | トップページ | 柴田宵曲 妖異博物館 「穴」 »