フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之四 1 薩摩の榮翁俠氣、越侯これを懼るゝ事 | トップページ | 譚海 卷之二 和州春日神官葬禮の事 »

2017/04/19

譚海 卷之二 泉州信太社幷葛の葉の事

 

泉州信太社幷葛の葉の事

泉國信太(しのだ)の森の葛の葉は裏に白き斑文あり、土俗此をうらみくずのはと稱す。又信太の神社の神主を世々長者と稱し來(きた)る由、明和年中その別當と諍論(じやうろん)の公事(くじ)ありし時、その人ものかたり也。

[やぶちゃん注:「泉州信太社」現在の大阪府和泉市葛の葉町(ちょう)にある信太森葛葉(しのだのもりくずのは)稲荷神社。ウィキの「信太森葛葉稲荷神社」によれば、『信太森は、奈良時代の和銅元年』(七〇八年)『旧二月初午の日に元明天皇が楠の神木の化身である白龍に対して祭事を行ったことを縁起としており、信太森神社はその神木を御神体とした神社として建立された』。『平安時代の中頃、冤罪で罷免された安倍保名(あべのやすな)が家名復興を祈願した帰り、猟師に追われた白狐をかくまった。そのため負傷したことが縁で白狐の化身である葛の葉(くずのは)と結ばれ、童子丸(後の安倍晴明)を授かる。葛の葉は我が子に正体を悟られ、悲しい別れとなったが、晴明は天皇の病気を治して出世し、保名の無実の罪を晴らして見事家の再興を果たした。この御利益により、信太森神社は信太森葛葉稲荷神社として知られることになった』とある。「葛の葉」伝説については、ウィキの「葛の葉」などを参照されたい。

「裏に白き斑文あり」マメ目マメ科マメ亜科インゲンマメ連ダイズ亜連クズ属クズ Pueraria lobata の葉の裏はこの信太の森の葛に限らず、裏は白い毛が密生しており、白っぽい。その葛の葉が風に吹かれて白い「裏」を「見」せる情景から、「うらみ」で「恨み」のとなり、本伝承の異類婚姻譚と子別れの情愛の「恨み」へと結びつけられた。

「世々」「だいだい」と一般名詞で読んでおく。

「長者」この呼称は現在は行われていない模様である。

「明和年中」一七六四年から一七七一年。第十代将軍徳川家治の治世。]

« 甲子夜話卷之四 1 薩摩の榮翁俠氣、越侯これを懼るゝ事 | トップページ | 譚海 卷之二 和州春日神官葬禮の事 »