フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 續妖異博物館 「診療綺譚」 | トップページ | 南方熊楠 履歴書(その8) ロンドンにて(4) 「名号」の呪力 »

2017/04/13

絶対の孤独

真に「絶対の孤独」と言い得るものは、私は中島敦の「山月記」の虎に変じてしまった李徴が漸近線的に人間の心を失ってゆく過程以外には当て嵌まるものはないと考えている(事実、私は三十三年間の国語教師時代、黒板に「絶対の孤独」と自信を持って板書したのは「山月記」の授業中だけであった)。李徴が言うように、虎に成り切ってしまえば、そこに「絶対の孤独」は無くなる。閉じられた単独の「系」の中では「孤独」は存在し得ない。その無効化を齎してくれるのは実は我々の「死」でもある。有象無象の詩人よろしく「絶対の孤独」《感》を殊更に表明する輩は、その実、誰かに救いを求めている惨めな似非孤独者に過ぎない。

« 柴田宵曲 續妖異博物館 「診療綺譚」 | トップページ | 南方熊楠 履歴書(その8) ロンドンにて(4) 「名号」の呪力 »