フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之二 角力・儒者・講釋師・諸藝の師匠等の徒口論上訴に及ぶ時むづかしき事 | トップページ | 甲子夜話卷之四 1 薩摩の榮翁俠氣、越侯これを懼るゝ事 »

2017/04/19

改版「風は草木にささやいた」異同検証始動(その1・装幀その他)

 

風は草木

にささや

いた

 

[やぶちゃん注:表紙カバー。以下、装幀は早稲田大学図書館蔵本画像で確認した。元版(このリンク先は私の元版の『詩集「風は草木にささやいた」始動 / 序詩「人間の勝利」・自序・穀物の種子』の一括電子化である)とはかなり異なる。濃い橙色で印字。改行はママ。元版詩集には特装と並装があるが、私が元版電子化で依拠した同じ早稲田大学図書館蔵本初版詩集画像(特装か並装かの区別は私には出来ない)では少なくともカバーはない。]

 

 

山村暮鳥詩集・風は草木にささやいた   イデア書院

 

[やぶちゃん注:表紙カバーの背。表紙と同色で縦に印字。最下部に「イデア書院」を同色で右から左に横書き。]

風は草木

にささや

いた

 

[やぶちゃん注:本体表紙。緑の濃い黄緑色の下地(背部分からの入り込みは白)の、左上部に凹版(彫り抜き)で下地は見た目、銀色を呈する。]

 

 

山村暮鳥詩集・風は草木にささやいた   イデア書院

 

[やぶちゃん注:本体の背。白地。最下部に「イデア書院」を右から左に横書き。元版は「POEMESYAMAMURAであった。]

 

 

 

山村暮鳥詩集  イデア書院

 

草木にささやいた

 

[やぶちゃん注:扉一(左)。草の実のついた穂が右に配され、その左に緑色の縦罫が入って上記が縦書き。総標題の平仮名分のポイント落ちの右寄せはママ。元版詩集にあった「此の書を祖國のひとびとにおくる」という大上段に振りかぶった献辞は存在しない。]

 

 

  なんぢはなんぢの面に汗して生くべし

 

 

[やぶちゃん注:扉二(左)。元版詩集にあった「Mon P ê re」という献辞と、父の写真は存在しない元版ポイントなんぢはなんぢの面に改行二行表示ていが、こちらでは中央に一行表示でポイントの詩の標題と同じ大きさである。]

 

 

[やぶちゃん注:ここに詩「人間の勝利が入るが、異同はない(「ほほゑんでたほれろ」の「たほれろ」はここでもママである)。]

 

 

[やぶちゃん注:ここにあった元版の「自序」がカットされて、代わりに先に電子化して示した――」が入る(その後に目次が続くが、省略する)。]

« 譚海 卷之二 角力・儒者・講釋師・諸藝の師匠等の徒口論上訴に及ぶ時むづかしき事 | トップページ | 甲子夜話卷之四 1 薩摩の榮翁俠氣、越侯これを懼るゝ事 »