フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 改版「風は草木にささやいた」異同検証始動(その1・装幀その他) | トップページ | 譚海 卷之二 泉州信太社幷葛の葉の事 »

2017/04/19

甲子夜話卷之四 1 薩摩の榮翁俠氣、越侯これを懼るゝ事

 

甲子夜話四

 

 

4-1 薩摩の榮翁俠氣、越侯これを懼るゝ事

松平榮翁【薩摩老侯、名重豪】人となり豪氣あり。一日ある席にて越侯と相會し、何か興に乘じて榮翁云は、若今一戰に及ん時あらば、我軍卒を率ひ、一方を指揮せば、人に後は見せじ、と威猛だかになつて云はれければ、越侯甚恐怖して、潛に餘人に向ひ、彼人は重て相會する人に非ずと云ける。坐客指て越侯の怯儒を笑しとなり。今の武家は此類の人多かるべし。

■やぶちゃんの呟き

「薩摩の榮翁」「松平榮翁【薩摩老侯、名重豪】」薩摩藩第八代藩主で「蘭癖大名」の島津重豪(しげひで 延享二(一七四五)年~天保四(一八三三)年)。第十一代将軍徳川家斉正室広大院の実父。「榮翁」は号。詳しくはウィキの「島津重豪」などを参照されたい。

「越侯」不詳。加賀藩藩主を指しているのであれば、同時代の藩主は第十代藩主前田治脩(はるなが 延享二(一七四五)年~文化七(一八一〇)年)ではある。

「若」「もし」。

「彼人は重て」「かのひとはかさねて」。

「指て」「さして」。

「怯懦」「けふだ(きょうだ)」。臆病で気が弱いこと。意気地(いくじ)のないこと。

 

« 改版「風は草木にささやいた」異同検証始動(その1・装幀その他) | トップページ | 譚海 卷之二 泉州信太社幷葛の葉の事 »