フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之二 遊女屋郭内にて家屋敷買調へがたき掟の事 | トップページ | 改版「風は草木にささやいた」異同検証始動(その1・装幀その他) »

2017/04/18

譚海 卷之二 角力・儒者・講釋師・諸藝の師匠等の徒口論上訴に及ぶ時むづかしき事

 

角力・儒者・講釋師・諸藝の師匠等の徒口論上訴に及ぶ時むづかしき事

○角力(すまひ)・儒者・講釋師、諸藝の師匠等、都(すべ)て四民の外(ほか)無商賣にて遊食の徒(と)は、何ぞ口論上訴等に及(およぶ)事あるときは、上(うえ)の御さばき甚(はなはだ)むづかしきもの也と、ある人のかたりし。

[やぶちゃん注:この「むづかし」は「面倒である・厄介である」の謂いであろう。ここに出る者の内、芸能者(辻相撲師・講釈師・諸芸の師匠連・四民から外れた無商売の遊食の徒(輩(やから))は、ある意味、どちらかというと、風狂の世界に遊んだり、ホカイビトの血を引く被差別者に近いグループであったが故に、彼らがいざこざを起こしたり、公訴に及んだりすると、常法や判例法で簡単にケリをつけることが逆に難しいのであろう。前の「遊女屋郭内にて家屋敷買調へがたき掟の事」を受けての一条と読める。さすれば、やはり、前の条の奉行所の十把一絡げの證文処理は、そうした「むづかし」いことをなるべく事前に防ぐ目的、戦略だったのだと読めるように思われるのである。また、「儒者」「講釋師」「諸藝の師匠」は前の私の謂いとは別に、役人もたじたじになるほどに弁舌や屁理屈や揚げ足取りがまっこと上手そうで、如何にも体制側に安穏として息を吸っている官僚連中が嫌がりそうな手合いではないか。]

« 譚海 卷之二 遊女屋郭内にて家屋敷買調へがたき掟の事 | トップページ | 改版「風は草木にささやいた」異同検証始動(その1・装幀その他) »