フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 南方熊楠 履歴書(その7) ロンドンにて(3) 孫文との出逢い | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「診療綺譚」 »

2017/04/12

甲子夜話卷之三 25 曾我伊賀守の事

 

3-25 曾我伊賀守の事

曾我伊賀守は一種の風韵ある人なりき。晚年に御側を勤め、當直所にて閑あるときは、書寫計して居ける。林氏に時々うつさんと思ふ書を借ける中、板刻の書をも折々所望ありければ、それは板本にあれば、寫すより收買せらるべしと林氏申けるに、左には非ず、自筆にて寫置ときは、子孫麤末に致し兼候半。左すれば遂讀候ても見る心になり候半。夫ゆへ寫置候との答にて、林氏感じたりと云。又常常人に對して滑稽多き人なり。御側役などの衆は、威權がましき風度すること世の習なるに、伊州一人は從來のまゝにて、舊識の人など逢ときは、宮中にても途中にても、彼方より態々と會釋接語などして、聊も勢威ある色なし。あるとき御留守居勤めしときの組同心、梅林坂の邊を固めて、伊州の通行に付、往來の人に片よれ片よれと聲を掛居ければ、伊州ずかずかとその同心の方に向ひ來る。同心甚訝り、いかがのことやと思案しける内に、傍へ來り、小聲にて、是ほど片よりて通る者をなぜ叱ると云。同心驚入りしとなり。是組にて有りしとき、善良なる者なりとて、目を掛け親くせし者なりし故とぞ。又寬政に、白川侯首輔の權勢、人々恐怖して、殿中にて噂言ふ人も無りし頃の事とぞ、稠人廣坐の中にて伊州申けるは、白川を人を識るの鑑ありと云へど、拙者は左は不ㇾ存候。林大學は【述齋なり】御使ひ場のあるべき男なり。夫を見出したりとて、儒者にしたるは、さりとは目の無き事なりと云て、大に笑ふ。滿坐の人白らけて、答ふるもの無し。伊州は實に林氏の知己と云べし。

■やぶちゃんの呟き

「曾我伊賀守」以前にも出たが、不詳。識者の御教授を乞う。

「風韵」風韻に同じい。何とも言えぬ趣きのあること。

「林氏」多数既出の、後にも出る静山の友人でもあった林家第八代林述斎。

「借ける」「かりける」。

「寫置」「うつしおく」。

「麤末」「そまつ」。麁末・粗末に同じい。

「致し兼候半」「いたしかねさふらはん」。

「遂」「つひに」。

「風度」「ふと」。副詞。

「習」「ならひ」。

「舊識」古くからの知り合い。昔なじみ。旧知。

「宮中」殿中。江戸城中。

「彼方より態々と」「わざわざと」。遠くてもしっかりと相手から判るように。

「梅林坂」江戸城の本丸と二の丸を結ぶ坂で、現在の皇居東御苑にある。江戸城を築城した太田道灌が文明一〇(一四七八)年に天神社を祀り、数百本の梅を植えたのが名の由来で現在も梅の名所である。

「親く」「したしく」。

「白川侯」松平定信。

「首輔」「しゆほ(しゅほ)」。ここは老中首座・将軍補佐を唐名風に呼んだものであろう。

「稠人」多くの会衆。

「廣坐」多数が会席していることを指すのであろう。

「鑑」「かがみ」。

「不ㇾ存候」「ぞんぜずさふらう」。そのようには思うては御座らぬ。

「御使ひ場のあるべき男なり」(地位に縛られないことによってこそ)相応に、それなりの場面に於いて自由に才能を発揮出来る男である。

「夫」「それ」。

「白らけて」あまりの定信への率直な批判に、会衆は気まずくなり、蒼白となって、聞かなかったふりをして、の謂いであろう。

「實に林氏の知己と云べし」(「實に」は「げに」と読んでおく)まっこと、伊賀守殿は林述斎氏の真の知己(ちき:友)と言うべきである。

« 南方熊楠 履歴書(その7) ロンドンにて(3) 孫文との出逢い | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「診療綺譚」 »