フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« その言葉 | トップページ | f佐藤春夫 未定稿『病める薔薇 或は「田園の憂鬱」』(天佑社初版版)(その5) »

2017/05/01

改版「風は草木にささやいた」異同検証 「Ⅵ」パート

 

   Ⅵ

 

[やぶちゃん注:「秋ぐち TO K.TŌYAMA.は異同なし。Ō」の長音符はこちらは現行通りの普通のフラットなもの。

 

[やぶちゃん注:「此の世界のはじめもこんなであつたか」は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「ひとりごと」は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「新聞紙の詩」は「世界のことなどは何も知らず」の部分が、改版では「世界のことなどは何んにも知らず」に書き変えられてある。改版の口語的強調形の方がよい。]

 

[やぶちゃん注:「汽車の詩」は「その中の一本の線をえらんで」の部分が、改版では「その一本の線をえらんで」と変わっている。改版の方がより現前的事実を示すリアルな描写と思う。]

 

[やぶちゃん注:「都會の詩」は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「都會の詩」(前と同題の別篇)は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「握手」は「もぢもぢするのは耻づべき行爲だ」の「もぢもぢ」が改版では「もじもじ」と変えられている。但し、歴史的仮名遣は「もぢもぢ」の方が正しい。]

 

[やぶちゃん注:初版でここに配されてあった「故郷にかへつた時」は既に述べた通り、前の「Ⅴ」の終りに配されてある。詩篇内容の異同はない。]

 

[やぶちゃん注:太陽はいま蜀黍畑にはいつたところだ最終行のリフレイン「何もかも明日のことだ」が存在しない。これはある種の悪意めいた邪推であるが、この詩篇の後半は右ページで、最終行が本来リフレインされている最初の「何もかも明日(あした)のことだ」である(初版はルビは一行目にのみ附されてある)。本改版はパート表示の挿絵とローマ数字の打たれたページが総て左ページに統一されており、そのパート表示ページの裏は白紙であるから、この一行があると、一行のみを記した左ページとなり、その裏は特異的に白紙として「Ⅶ」の標題ページを拵えなくてはならなくなる。その一ページ増による白紙ページを山村暮鳥自身が避けたためではあるまいか?

 

« その言葉 | トップページ | f佐藤春夫 未定稿『病める薔薇 或は「田園の憂鬱」』(天佑社初版版)(その5) »