フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 南方熊楠 履歴書(その40) ハドリアヌスタケ | トップページ | 南方熊楠 履歴書(その42) 南方熊楠「処女」講談 »

2017/05/29

南方熊楠 履歴書(その41) 催淫剤としての紫稍花

 

 よって説き出す一条は紫稍花(ししょうか)で、これは淡水に生ずる海綿の細き骨なり。海から海綿をとり出し、ただちに水につけて面を掃うと、切られ与三郎ごとく三十余力処もかすり疵(きず)がつく。それは海綿には、こんなふうの

Sisyoukakopen

細きガラス質の刺あり、それを骨として虫が活きおるなり。その虫死してもこの刺は残る。故に海綿を手に入れたら苛性カリで久しく煮てこの刺を溶かし去り、さて柔らかくなりたるを理髪店などに売り用いるなり。痛いというのと痒いというのとは実は程度のちがいで、海綿の海に生ずるものは件(くだん)の刺大なる故つくと痛む。しかるに、淡水に生ずる海綿は至って小さなもの故、その刺(はり)したがって微細で、それでつかれても痛みを感ぜず、鍋の尻につける鍋墨に火がついたごとく、ここに感じここに消えすること止まず。すなわちハシカなどにかかりしごとく温かくて諸処微細に痒くなり、その痒さが動きあるきて一定せず、いわゆる漆にかぶれたように感ずるなり。それを撫でるとまことに気持がよい。むかし男色を売る少年を仕込むにその肛門に山椒の粉を入れしも、かくのごとく痒くてならぬところを、金剛(こんごう)(男娼における妓丁のごときもの)が一物をつきこみなでまわして快く感ぜしめ、さてこのことを面白く感ぜしむべく仕上げたるなり。ちょうどそのごとく、この淡水生海綿の微細なる刺をきわめて細かく粉砕し(もっとも素女にはきわめて細かく、新造にはやや粗く、大年増には一層粗く、と精粗の別を要す)貯えおき、さて一儀に莅(のぞ)み、一件に傅(つ)けて行なうときは、恐ろしさも忘るるばかり痒くなる。(これをホメクという。ホメクとは熱を発して微細に痒くなり、その薄さが種々に移りあるくをいうなり。)時分はよしと一上一下三浅九深の法を活用すると、女は万事無中になり、妾悔(く)ゆらくは生まれて今までこんなよいことを知らざりしことをと一生懸命に抱きつき、破(わ)れるばかりにすりつけもち上ぐるものなり、と説教すると、山本農相はもちろん鶴見局長も鼠色の涎(よだれ)を流し、ハハハハハ、フウフウフウ、それはありがたい、などと感嘆やまず。初めの威勢どこへやら小生を御祖師さんの再来ごとく三拝九拝して、寄付帳はそこへおいて被下(いらっしゃ)い、いずれ差し上げましょう、洵(もこと)にありがとうございました、と出口まで見送られた。

[やぶちゃん注:「紫稍花」私は既に私の栗本丹洲「栗氏千蟲譜 巻十(全)」の電子化注で、そこに絵入りで出現する「紫稍花」を淡水産の海綿である、

海綿動物門 Porifera 尋常海綿綱 Demospongiae 角質海綿亜綱 Ceractinomorpha 単骨海綿(ザラカイメン)目 Haplosclerida 淡水海綿(タンスイカイメン)科 Spongillidaeヨワカイメン Eunapius fragilis

に同定している学術データである渡辺洋子益田芳樹共著琵琶湖棲息本種つい解説(PDF)によれば、本種の海綿体は、『不規則な平板状から塊状で護岸壁、古タイヤ、水生植物の茎などに着生する。体表には多数の凹凸がある。藻類の共生によって緑色になることがあるが、ふつう汚れた黄褐色である。複数の芽球が集まって共通の芽球殻に包まれ芽球の塊を形成し、この芽球の塊が体の底部に敷石状に並ぶ。冬期は芽球を残して体は崩壊する』。ここで南方熊楠が挙げている本種の『骨格骨片は両針体(両方の先が尖る)で平滑。長さ約 170230µm、直径 611µm。芽球骨片は先端が丸いか、または尖った有棘の棒状体で、長さ 75145µm、直径 515µm。遊離小骨片はない』(µmmicrometer(マイクロメートル)一〇〇万分の一メートル=千分の一ミリメートル。旧ミクロンのこと)とある(リンク先PDFで骨片の画像も見られる)。私は他にも寺島良安和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類の「紫稍花」の部分でも、実在する方の「卷八十五 寓木類 紫稍花」の電子化注も行っているここで南方熊楠は本種のそれを催淫剤の一種として力説しており、それはそれで現象的に納得のゆくものであり、「和漢三才圖會」や江戸時代の古処方を見ても、インポテンツなどの処方として挙げられているから、一種の催淫剤と捉えて問題ない

「切られ与三郎」「いやさ、これ、お富、久しぶりだなぁ」の名台詞で知られる歌舞伎の外題「與話情浮名橫櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」(三代目瀬川如皐作・九幕十八場・嘉永六(一八五三)年初演)の主人公「與三郎」の、当時の世間の通称。作品の始めの方でめった切るにされて、傷だらけの面構えとなる。

「苛性カリ」水酸化カリウムKOHpotassium hydroxide)の別称(caustic potash:「腐食性(苛性)のカリウム」の意)。水溶液はつまり強アルカリ性を示し、蛋白質に対して強い腐食性を持つ劇薬。

「金剛(こんごう)(男娼における妓丁のごときもの)」「こんごう」はルビ。所謂、陰間(かげま:江戸時代に茶屋などで客を相手に男色を売った男娼)の見習いの少年に付き添い、一人前になるまでの教育係や、なってからの従者(というか、マネージャ)に相当する男のことで、陰間には必ずこの金剛が付き添い、陰間が客に呼ばれて客の家に行くときなでも、必ずこの金剛が供をした。されば、陰間と金剛の間には特に親密な感情が生まれたとされる。これはピクシブ事典の「陰間」に拠ったが、リンク先には詳細な内容が書かれており、必見。但し、かなり具体的なので自己責任でクリックされたい。「妓丁」は遊女見習いの処女を破瓜する男衆のことか。

「莅(のぞ)み」その行為に及ぶに当たって。

「一件」この場合は、効果を考えれば、女性生殖器の方を指すのであろう。

「傅(つ)けて」すりつけて。

「ホメク」「熱(ほめ)く」の「めく」は接尾語で、原義は「ほてる・熱くなる・上気する・赤くなる」であるが、江戸中期頃から「欲情を催す・情事をする」の意で用いられるようになる。但し、熊楠はここでは限定的に、性的絶頂、所謂、オルガスムス(ドイツ語:Orgasmus)へと向かう生理的経過に対して使っている。

「一上一下三浅九深の法」九浅一深法(くせんいっしんほう)というのは古代中国の性戯法として存在することが中文サイトによって明らかである。ここで熊楠が言っているのもそうした挿入リズムと力を入れる方向及び挿入の深さを指しているようである。

「妾」「わらわ」。

「御祖師」「おそしさま」は各宗派の始祖の尊称であるが、特に日蓮宗で日蓮を指すことが多い。因みに、南方熊楠の宗旨は真言宗である。]

 

 それから十五日に山本氏より寄付金もらい、二十五日朝、岡崎邦輔氏を訪い寄付金千円申し受けた。そのとき右の惚れ薬の話せしに、僕にもくれぬかとのこと、君のは処女でないからむつかしいが何とか一勘弁して申し上げましょう、何分よろしく、今夜大阪へ下るからかの地でも世話すべしとのことで別れ、旅館へ帰るとすぐさま書面で処女でない女にきく方法を認め、即達郵便で差し出した。

[やぶちゃん注:「岡崎邦輔」既出既注(或いは)。

「君のは処女でないからむつかしいが」「処女でない女にきく方法を認め」これはまず、かの農相山本達雄が処女を姦淫することを性癖とする変態男であることをまず殊更に言い立て、また「政界の寝業師」の異名をとった岡崎は政界だけではなく、女の方でもそれで、しかも彼は海千山千の熟女(二段後には「ここに岡崎老の好みあるく大年増」と出る)を好んで相手にした漁色家であることを暴露していることになる。まさか、山本も岡崎も南方熊楠がこれほど有名になり、その結果として、自分の猥褻な過去が、かくも二十一紀になって人々に知れ渡ることになろうとは、予想だにしていなかったことであろう。実に面白い!

« 南方熊楠 履歴書(その40) ハドリアヌスタケ | トップページ | 南方熊楠 履歴書(その42) 南方熊楠「処女」講談 »