フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎 くづれる肉體  (初出形) | トップページ | 萩原朔太郎 ある風景の内壁から (「ある風景の内殼から」初期形) »

2017/05/15

萩原朔太郎 野鼠  (初出形)

 

 野鼠

 

どこに私らの幸福があるのだらう

坭土(でいど)の砂を掘れば掘るほど

悲しみはいよいよふかく湧(わ)いてくるではないか。

春は幔幕のかげにゆらゆらとして

遠く俥にゆすられながら行つてしまつた。

どこに私らの戀人があるのだらう

ぼうぼうとした野原に立つて口笛を吹いてみても

もう永遠に空想の娘らは來はしない。

なみだによごれためるとんのづぼんをはいて

私は日雇人(ひやうとり)のやうに步いてゐる

ああもう希望もない 名譽もない 未來もない。

さうしてとりかへしのつかない悔恨ばかりが野鼠のやうに走つて行つた

 

[やぶちゃん注:大正一二(一九二三)年五月刊『日本詩集』初出。歴史的仮名遣の誤りと「坭土」はママ。「めるとん」の傍線は無論、右傍線。詩集「靑猫」(大正十二年一月新潮社刊)所収の際には、以下のように手が加えられており、大きな改変は最終行を二行に分かった点である。ここは「靑猫」が無論、いい。

   *

 

 野鼠

 

どこに私らの幸福があるのだらう

坭土(でいど)の砂を掘れば掘るほど

悲しみはいよいよふかく湧いてくるではないか。

春は幔幕のかげにゆらゆらとして

遠く俥にゆすられながら行つてしまつた。

どこに私らの戀人があるのだらう

ばうばうとした野原に立つて口笛を吹いてみても

もう永遠に空想の娘らは來やしない。

なみだによごれためるとんのづぼんをはいて

私は日雇人のやうに歩いてゐる

ああもう希望もない 名譽もない 未來もない。

さうしてとりかへしのつかない悔恨ばかりが

野鼠のやうに走つて行つた。

 

   *

底本とした筑摩版全集は「坭土」を「泥土」に、「日雇人」を「日傭人」に〈訂し〉、後者のルビを「ひやうとり」に「ひようとり」に訂している。読みは当て読みであり、歴史的仮名遣から改変は正しいが、前の「坭土」と「日雇人」の改変は訂正とは言えない。「坭」は漢字として存在し、「泥」と同義であり、「日雇人」はそれで意味が過たず、読者に通ずるからである。以前から筑摩版のこの全集の勝手な〈訂正〉には不満があるが、ここでも不愉快極まりない。こんな消毒したものが萩原朔太郎の詩として読み継がれるとすれば、これは何か、奇体な字を前に逡巡しつつも、そこに雰囲気を摑める気持ちで読み進めるよりも、遙かに逆に虫唾が走る。]

 

« 萩原朔太郎 くづれる肉體  (初出形) | トップページ | 萩原朔太郎 ある風景の内壁から (「ある風景の内殼から」初期形) »