フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 續妖異博物館 「大和の瓜」 | トップページ | 萩原朔太郎 艶めかしい墓場 (初出形) »

2017/05/15

萩原朔太郎 憂欝の川邊 (初出形)

 

 憂欝の川邊

 

川邊で鳴つてゐる

芦(よし)や葦(あし)のさやさやといふ音はさびしい

しぜんに生えてゐる

するどい ちひさな植物 草本の莖の類はさびしい

私は眼を閉ぢて

なにかの草の根をかまふとする

なにかの草の汁を吸ふために、憂愁の苦い汁を吸ふために

げにそこにはなにごとの希望もない

生活はただ無意味な幽欝の連なりだ

梅雨だ

じめじめとした雨の点滴のやうなものだ

しかし ああ また雨 雨 雨

そこには生える不思議の草本

あまたの悲しい羽虫の類

それは憂欝に這ひまはる岸邊にそうて這ひまはる

じめじめとした川の岸邊を行くものは

ああこの 光るいのちの葬列か

光る精神の病靈か

物みなしぜんに腐れゆく岸邊の草から

雨に光る木材質のはげしきにほひ。

 

[やぶちゃん注:大正七(一九一八)年四月号『感情』初出。歴史的仮名遣の誤り及び「幽欝」「点」「虫」はママ。詩集「靑猫」(大正十二年一月新潮社刊)所収の際には、以下のように手が加えられている。大きな変更は終りから二行目であるが、以降の詩集類ではこれ総て「草むら」であるから、これは初出の誤植の可能性が高いとも言えるが、断定は出来ぬ。なお、最後の詩集となる昭和一四(一九三九)年九月創元社刊の「宿命」でのみ、終りから三行目の「精神」に「こころ」とルビされる大きな改変がなされてある。底本は昭和五一(一九七六)年筑摩書房刊「萩原朔太郎全集 第九卷」を用いた。

   *

 

 憂鬱の川邊

 

川邊で鳴つてゐる

蘆や葦のさやさやといふ音はさびしい

しぜんに生えてる

するどい ちひさな植物 草本(さうほん)の莖の類はさびしい

私は眼を閉ぢて

なにかの草の根を嚙まうとする

なにかの草の汁をすふために 憂愁の苦い汁をすふために

げにそこにはなにごとの希望もない

生活はただ無意味な憂鬱の連なりだ

梅雨だ

じめじめとした雨の點滴のやうなものだ

しかし ああ また雨! 雨! 雨!

そこには生える不思議の草本

あまたの悲しい羽蟲の類

それは憂鬱に這ひまはる 岸邊にそうて這ひまはる

じめじめとした川の岸邊を行くものは

ああこの光るいのちの葬列か

光る精神の病靈か

物みなしぜんに腐れゆく岸邊の草むら

雨に光る木材質のはげしき匂ひ。

 

   *]

 

« 柴田宵曲 續妖異博物館 「大和の瓜」 | トップページ | 萩原朔太郎 艶めかしい墓場 (初出形) »