フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之四 7 加州の家風は儉遜なる事 | トップページ | 譚海 卷之二 江戸三傳馬町天王由來の事 »

2017/05/01

甲子夜話卷之四 8 佐州金山の奇事

 

4-8 佐州金山の奇事

或人曰。佐渡金堀の穴の水かひ人足に往くは、皆微罪ある者どもなり。其中歸府して今當地に居ものあり。其語しとて聞く。佐渡の金穴、地中に堀下ること凡十四五里程なり。其間縱橫に岐路ありて、其下に一道を通ず。其行くこと數里なるべしと。計るに海底に入ること尤深く、又其奧は、越後の地方の地底に堀及ぶべき里程なりと。

■やぶちゃんの呟き

 本文の三箇所の「堀」は佐総てママ。なお、佐渡金山の坑道の総延長は現在、約四百キロメートルに及ぶが、海底下までは掘られていないし、無論、本土まで届いてなどはいない。ただ、この最後の「越後の地方の地底に堀及ぶべき里程なり」というのは延べの採掘総延長距離を指していようだから、佐渡と本土は三十キロメートルほどしか離れていないから、実はおかしくはないと言える。

「金堀」底本では編者により『かなほり』とある。しかし標題は明らかに「金山(きんざん)」であろう。後の「金穴」は「かなあな」と読むのか? 私は「きんざん」「きんほり」「きんけつ」の方がしっくりくるのだが。

「水かひ」坑道に湧き出る地下水を掻き出す労役であろう。

「其中」「そのうち」。

「居もの」「をるもの」。

「語し」「かたりし」。

「十四五里」五十五~五十九キロメートル弱。この深さは誇大に過ぎる。現在の調査では約八百メートルである。

 

« 甲子夜話卷之四 7 加州の家風は儉遜なる事 | トップページ | 譚海 卷之二 江戸三傳馬町天王由來の事 »