フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 南方熊楠 履歴書(その34) 南方「性」談 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「死者生者」 »

2017/05/16

幸福について   萩原朔太郎

 人間の幸福なんてものは、實に果敢なく詰らないものだと、ニイチェが悲しげな調子で言つてる。なぜといつて人生の眞の幸福は、宇宙の大眞理を發見することでもないし、高遠な大理想を實現することでもない。日常生活の些々たること、たとへば朝起きて、枕元に暖かい紅茶が入れてあつたり、書齋がきれいた掃除してあつたり、机の上に一輪の花が挿してあつたり、晝飯の菜が旨かつたり、妻の御機嫌が好かつたりすることなのだ。そしてこの實にくだらないことの日課が、幸福そのものの實體なのだと。

 このニイチェの言葉には、彼の「人間的な、あまりに人間的」なものに對する嫌惡と絶望の嗟嘆がこめられて居る。だが結局言つて生の意義は、本能獸の感覺を充たすことにしか過ぎないのだらう。大トルストイが生涯を通して嘆いたことは、美男子に生れなかつたことの悔みであつた。しかも彼のイデアした美男子とは、藝術的意味の崇高美や深刻美を持つた美男子ではなく、普通の女たちに好かれるやうな、下等な性慾的な顏をした色男、卽ち世俗の所謂好男子であつたのだ。宿の娘をだました色魔貴族のネフリュードフは、彼が密かに憧憬したモデルであつた。彼は老年になつてからも、常に鏡を見て自己の容貌を嘆いて居たといふ。トルストイほどの文豪が、何といふ人間的な、詰らない幸福を熱情して居たのであらう。そしてしかも、大概の人の求めてゐる幸福とは、實際みなそんなものなのである。

 自分の知つてる、或る天分の豐かな小説家が、いつも人々に語つて言つた。自分のこの世に願ふところは、強健な逞ましい肉體と、三度の食事が旨く食へるところの胃袋である。それさへ神が與へるならば、自分の文學の才能なんか、豚にやつてしまつてもかまはないと。この小説家は胃が惡く、ふだんに強胃劑ばかりを飮んで居た。悲しい幸福があつたものだ。

 

 支那の詩人陶淵明は、官を捨てて郷里に歸り、小さな庭に菊を作つたり、妻子を連れて近郊に散步したり、子供の勉強を見てやつたり、時に隣人と酒を飮んだりして、平凡な詰らない日課の中に生を經つた。しかもその生活について、陶淵明は最上の幸福を感じて居た。佛蘭西の詩人ヹルレーヌは、酒代をかせぐために詩を書いて居た。彼にとつての幸福とは、名譽でもなく藝術でもなく、アルコールに醉つてることの一生だつた。安直な、意味のない、動物的な麻醉への追求が、悲しい詩人の幸福だつた。

 

 幸福とは何だらう。

 エビクロスによれば、幸福とは快樂をほしいままにすることである。だが彼のいふ快樂とは、一片のパンと少量の水で、心の滿足する喜悦を意味した。エビクロスの樂園とは、つまり言つて貧者の天國に過ぎないのである。反對にまた支那の楊子は、富者の幸福説を教へた。楊子によれば、人間の中の眞の人間、即ち所謂聖人賢者とは、紂王やネロのやうな暴君を言ふのである。なぜなら彼等は、自己の欲情のおもむくままに、道德や法律を蹂躙して、あらゆる本能の快樂をほしいままにし、しかもその美しい幕の閉ぢない中に、潔よく破滅して死んでしまつた。これこそ英雄の生涯だと言ふ。だがこれを實現するには、異常な健康とエネルギイと、それから莫大の富と權力とを持たねばならぬ。楊子の教へた幸福説は、富者や帝王のためにしか聽聞されない。

 犬儒学者のヂオゲネスは、意志の克己による欲望の否定を教へた。それはバラモン僧の苦行と同じく.自己虐使による愉悦表象の麻醉であり、心理上の象徴主義に屬して居た。中世の基督教徒は、すぺての幸福を來世にかけ、現世の快樂を憎悪した。所謂「精神上の幸福」とは、何かの或る信仰や理念に對する、宗教的なエクスタシイを意味するのである。さうでもなければ、人は感覺のない精神からのみ、眞の滿足する幸福を感じはしない。そこでカントは、人生の意義が幸福になく、義務の遂行にあると教へた。だが我々は、一體どんな義務を他に負つてるのだ。「汝の生活を規範的にし、萬人の公則律となるやうに行爲せよ。」始め! 一(アインス)、二(ツアイ)。一(アインス)、 二(ツアイ)。そこで幸福とは、獨逸的兵式體操の教官になることである。

 ショーペンハウエルによれば、快樂とは苦痛の消滅した狀態を言ふのである。この説の前提には、生れざりせばといふニヒルの厭世觀が命題して居る。そこで彼の結論は、カルモチンをのんで催眠自殺をする人が、世の中で一番賢いといふことになる。南無阿彌陀佛。南無阿彌陀佛。

 

 米國の心理學者ゼームスは、幸福の正體を分數の數理で説明してゐる。欲望の量が分母であつて、生活上の實數が分子である。そこで分母の欲望が多いほど、分子の價値が小さくなり、生活への不滿感が強くなる。反對に欲望が少ないほど、分數の値が大きくなつて、人生が幸福になるのである」德川幕府の爲政家等は、この心理學を應用して、政府の安定の爲に人民の不平を押へた。卽ち嚴重な階級制度や、質素儉約主義や、分を知ることの教育やで、最低限度の欲望しか、人民の意識にあたへないやうに注意した。老年になつてから、概して人が幸福になり、平和と安逸を見出すのもこの爲である。老年は欲望を稀薄にする。收穫するところは少ないけれども、費消するところも少なくなり、差引して安樂を餘劑する。佛教の説く寂滅爲樂は、かうした人生觀の究極哲學である。

 

 メエーテルリンクは、幸福を「靑い鳥」にたとへた。靑い鳥の姿は、月光の森に見る幻影である。一度實體を捕へてみれば、普通のつまらない鳥でしかない。所詮人間の一生は、幻影の鳥を探す旅行に過ぎないと、あの宿命論者の詩人は教へる。だがしかし、ああ幸福とは何だらう? 人が一生の旅行を終り、ライフの決算をしようとして、靜かに過去を考へる時、所詮は記憶の追懷しかない。人生の最後の價値は、その記憶の量の貧富によつて計算される。過去に於て、一も欲情の充たされなかつた人生。一の花々しい思ひ出もなく、冒險もなく、戀愛もなく、ロマンスもなく、骨の白々とした椅子のやうな人生。ただそれだけが老年の追憶に殘るとすれば、ああ人生の總決算は、寂しい悔恨の外の何物でもない。然らば再度、幸福とは何だらうか? 汝の生きてる間に、とりわけその靑春時代に、すべての花やかな記憶を作れ。そして善くも惡しくも、人が生きてる間に經驗し得る、一切の人生を經驗せよ。度々不幸な結婚や失戀をして、孤獨に取り殘された女の悲哀は、一度の結婚も戀もしないで、無爲に過ぎてしまつた老孃の悔恨にまさつて居る。善くも惡しくも、多くの人生を經驗して、金を費ひ果してしまつた人の零落は、それを所有したままの財布を抱へて、空しく病死する人にまさつて居る。すべての快樂は瞬間である。だがその記憶は長く殘り、心の陰影に縹渺して、後日の樂しい追憶になる。不幸な苦痛の經驗でさへも、人生を知つたことの價値に入れられ、生涯の總決算を豐富にする。善くも惡しくも、自分は人生を經驗し、ライフの何物たるかを味ひ知つた。と老年になつて自覺する時、人は死に對して未練が無くなる。いちばん惡く不幸なことは、過去に何事の追憶もなく、人生を白紙のままで、無爲に浪費してしまつたといふことの悔恨である。この悔恨は死に切れない。しかしながらまた幸福とは? ああその恐ろしい虛妄の幻影。悔恨する意識自體を、早く喪失してしまふことにあるのかも知れない。

 

 

[やぶちゃん注:昭和一〇(一九三五)年三月号『若草』初出。昭和一一(一九三六)年五月発行の「廊下と室房」の本文冒頭に収録された。昭和五一(一九七六)年筑摩書房刊「萩原朔太郎全集 第九卷」を底本とした。

 第二段落「ネフリュードフ」はレフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(Лев Николаевич Толстой:ラテン文字転写:Lev Nikolayevich Tolstoy 一八二八年~一九一〇年)の名作「復活」(Воскресение 一八八九年~一八九九年)の主人公。

 第六段落に出る「楊子」(ようし)は楊朱(紀元前三七〇頃?~前三一九頃?)。春秋戦国時代の思想家で個人主義的な思想である為我(いが)説(自愛説)を主張した。人間の欲望を肯定して自己満足こそが自然に従うものであるとした。儒家・墨家に対抗し、異端として孟子などから排撃された。著書は伝わっておらず、「列子」の楊朱篇や「荘子」などに断片的に記載される。哲学史に於いては、朔太郎も並べて述べている通り、西洋の同時代人である快楽主義を提唱したる古代ギリシア・ヘレニズム期の哲学者エピクロス(紀元前三四一年~紀元前二七〇年)と比較される(ここはウィキの「楊朱等に拠った)。

 第七段落の「犬儒学者のヂオゲネス」は古代ギリシアの哲学者でキュニコス学派(犬儒学派・皮肉派などとも称される)ディオゲネス(紀元前四一二年?~紀元前三二三年)。ソクラテスの孫弟子に当たる。社会規範を蔑視し、自然に与えられたものだけで満足して生きる「犬のような」(ギリシア語で「キュニコス」)人生を理想とし、「徳」こそが人生の目的であり、「欲望」から解放されて「自足」すること、動じない心を持つことを説き、肉体的・精神的鍛錬を重んじた。

 第八段落の「カルモチン」は催眠鎮静剤であるブロムワレリル尿素(bromvalerylurea)の武田薬品工業商品名(既に販売中止)。旧来の薬物自殺や心中事件にしばしば挙がってくる名であるが、致死性は低い。

 第九段落の「米國のゼームス」はアメリカの哲学者・心理学者で、徹底したプラグマティストとして知られるウィリアム・ジェームズ(William James 一八四二年~一九一〇年)。「意識の流れ」理論(stream of consciousness:意識とは絶えず変化しつつあり、それがまた、一箇の人格的意識を形成し、その中にあっては意識や思惟は連続体としてのみ感取され、この変化しつつ連続している「状態」こそが「意識」と呼ぶものであるとする)を提唱し、欧米や日本の近代文学にも非常に強い影響を与えた。因みに、実弟は兄のその理論を適用した、かの絶品の幻想心理小説The Turn of the Screw(「螺子(ねじ)の回転」 一八九八年)の作者ヘンリー・ジェームズ(Henry James 一八四三年~一九一六年)である。]

« 南方熊楠 履歴書(その34) 南方「性」談 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「死者生者」 »