フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 續妖異博物館 「關屋の夢」 | トップページ | 復活した耶蘇の話   萩原朔太郎 »

2017/05/14

休息のない人生   萩原朔太郎

 

  休息のない人生

 

 いつか橫須賀の造船所を見物した。大きい小さい、無數のベルトが天井から𢌞轉して、鋼鐡の巨大な機械が、無氣味な生物のやうに動いて居た。技師の説明によると、その中の或る機械は、晝夜不休で三年間も働き通して居るさうである。私はそれを聞いて悲しくなつた。

 

 文學者の大きな悲哀は、孤獨の寂寥でもなく貧乏でもない。實に「休息がない」といふ一事である。普通の社會人の生活では、事務の時間と休息とが別れて居る。會社から歸つたサラリイマンは、和服に着換へて湯に入り、それから子供や妻を對手にして團欒する。最も烈しい勞働者でさへも、夜は一杯の燒酎を飮んで安眠する。然るに文學者の生活には、どこにもさうした休息がなく、夜の安眠さへも自由でない。と言ふのは、筆を取る時間のことを意味するのではない。原稿紙に向つて、文士が筆を取る時間などと言ふものは、一生の中のごく僅かな時間にすぎない。特に詩人などいふ連中は、生涯に二册か三册位の詩集しか書かず、机に向ふ時間なんていふものは、殆ど言ふに足りないほどである。(だから世間は、彼等を怠け物の大將だと思つてゐる)詩人は十年考へて一册の詩集を書くと言はれて居る。だが普通の文學者も皆同樣であり、原稿紙に物を書くのは、平常既に考へて居ることの筆寫にすぎない。文士がペンを取る時間は、むしろ勞働でなくて休息である。文學者の烈しい苦しみは、世間が目して「のらくら遊んでゐる」と見るところの、不斷の生活の中にあるのである。

 

 ドンキホーテといふ騎士は、世に正義の行はれないことを憂へて、夜も眠らず不眠不休で旅をしてゐた。文學者の憂ふるところは、もとよりドンキホーテの憂ひではない。しかしながら彼等もまた、人生の眞實相や、社會の矛盾相や、彼自身の中の爭鬪や、性格の悲劇する樣々の宿命やに就いて、夜も安眠ができないほど、晝夜をわかたず眞劍に考へてる。否「考へて居る」のではなく、正しくは「思ひ感じて居る」のであり、それ故により多く神經が疲れて苦しいのである。そしてこの苦しい「休息のない生活」からのみ、すべての善き文學が生れて來る。

 世に道の行はれないことを憂へて、支那の曠野を漂泊して居た孔子が、或る時河のほとりに立つて言つた。「行くものはかくの如きか。晝夜をわかたず。」と。この孔子の言葉には、無限の深い嘆息が含まれて居る。だが文學者の嘆息は、もつと悲しい宿命的の響きを持つてる。ああ人と生れて思ふことは、百度も悲しく文學者たりしことの悔恨である。

 

[やぶちゃん注:昭和九(一九三四)年十二月十三日附『國民新聞』初出。昭和一一(一九三六)年五月発行の「廊下と室房」に収録されたが、その際、「(だから世間は、彼等を怠け物の大將だと思つてゐる)」は削除されている。昭和五一(一九七六)年筑摩書房刊「萩原朔太郎全集 第九卷」を底本とし、校異によって初出を再現した。]

« 柴田宵曲 續妖異博物館 「關屋の夢」 | トップページ | 復活した耶蘇の話   萩原朔太郎 »