フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宿直草卷一 第五 ある寺の僧、天狗の難にあひし事 | トップページ | 宿直草卷一 第七 天狗、いしきる事 »

2017/06/22

宿直草卷一 第六 天狗つぶて打つ事

 

    第六 天狗つぶて打つ事

 

 ある侍のかたりしは、

『日光山(につくわうさん)御普請(ふしん)の奉行にくだりしに、また他家に有て、ことにひさしくあはざる從弟(いとこ)、これも奉行にて、くだる。互に喜び、狀ども取りかはし、對面の望みありけれども、他家(たけ)の人を、小屋(こや)へいるゝ事、法度なりければ、力なふ、日數をふるに、一日(ひくらし)、從弟のかたより、

「その日其山にて話すべき。」

など云ひ越せしかば、やがて、

「しかるべき。」

と返事して、その日を待ちて出合、越しかた行くすゑまでをかたり、小竹筒(さゝえ)のかすみ汲みつゝも、あくとしもなく話し侍るに、はや、日の駒(こま)も端(は)山におち、餘光(よくわう)もやうやう影くらみければ、提燈(ちようちん)に燭(しよく)をかゝげ、今の時をおしむのみか、又いつの日の音信(をとづれ)など、名殘(なごり)までに及びければ、はや、亥の刻(こく)になりぬ。

 かく暇(いとま)ごひするうちに、いづちよりともなふ、大きなる石を礫(とぶて)[やぶちゃん注:「と」はママ。]にうつ。

「こは、狼籍。」

といへど、きかず。たがひに他人より猶はづかしき恥しる中の事なれば、下下(しもじも)も一際(きは)働くべきに見えけれど、向ふべき相手もなし。とかくするほどに、氈(せん)むしろ疊まんとするに、刀(かたな)にうち、挾箱(はさみばこ)にうつ。あたれる程のもの、みな、損じて、あまさへ、賴み切(きつ)たる挑燈(ちようちん)も打(うち)くだきて、火もつゐに消えぬ。はふはふのていに暇乞(いとまこひ)して、道具などすてゝ、くらき道を主從ともに身(み)がら歸りしに、人には、かつて、あたらず。

 さて、朝(あした)、人をつかはしければ、碎(わ)れしとおもふ道具、そのまゝ有て、取りかへりしなり。

 あまり不審なりしかば、從弟のかたへ尋ねにつかはしければ、其下人が差したる刀の鞘も、

「ゆふべは割れしと思ひしに、けさ見れば、つゝがなし。」

と云ひこせり。まのまへ、かゝる不思議にあひし。』

と語れり。

 

[やぶちゃん注:前話とは天狗で連関し、暫く天狗譚が続く。前の浅草観音堂連関など、本書の筆者が、完全ではないにしても、ある種の構成上の各話の関連性を強く意識していたことが判る。そうして、こうした傾向はある意味で、前話に刺激されて次話が語られる百物語形式の萌芽であるようにも私には見受けられるのである。話者の直接話法形式を採る点でも、信じられる優れた構造を持ってもいる。ここに記された現象は「天狗礫(てんぐつぶて)」などと呼称された、石が空から突然降ってくるという、かなり知られた怪奇現象で、海外では、こうした「その場にあるはずのないもの」が突如、降って来る現象を総称して“Fafrotskies”(ファフロツキーズ:英語)と呼ぶが、そちらは石だけでなく、魚や蛙やオタマジャクシ、獣類の毛、血のような雨等を含んだ異物の広範囲な降下を含んでいる。なお、詳しくは私の『柴田宵曲 妖異博物館 「そら礫」』の冒頭の私の注を参照されたい。サイト「不思議なチカラ」の大天狗の住む日光。天狗の社・古峯ヶ原古峯神社(栃木・鹿沼市)によれば、古くから日光は天狗の棲家として知られ、日本の四十八天狗に数えられる「日光山東光坊」や、後に群馬県の妙義山に移ったとされる「日光山(妙義山)日光坊」という大天狗がいた。また、日光東照宮の南西十三キロキロメートルの位置にある、現在の栃木県鹿沼市の古峯ヶ原(こぶがはら)高原にある古峯ヶ原古峯神社(こみねじんじゃ:ここ(グーグル・マップ・データ))は別名「天狗の社」とも呼ばれ、古くから参籠宿泊を行う「天狗の宿」として知られていたという。そもそもが、日光の寺社の開山は奈良時代に遡るとされ、『現在の栃木県真岡市に生まれた勝道上人という人が日光の地に入り、紫雲立寺(現在の四本龍寺)という寺を建立したのが始まりで、中禅寺湖や華厳の滝を発見したのもこの勝道上人だと言われて』いるが、『その後、勝道上人は「古峯大神」というこの地の山神の神威によって、古峯ヶ原を修行の地とし』、それ以降、『多くの僧侶や修験者が古峯神社を中心とした古峯ヶ原を訪れ、修行に励んだという』。『そういった勝道上人や修験者の姿から、御祭神または古峯大神の使いである天狗への信仰が生まれたようで』、この『古峯神社には、天狗を崇敬する人にもし災難が起きたときには、天狗が飛んで来てその災難を取り除いてくれるという、天狗への民間信仰が生まれ』た。ここ『峯ヶ原には隼人坊という天狗がいたと』伝えるが、『この天狗は実は日本の修験道の開祖と言われる「役小角(役の行者)」の弟子であった妙童鬼(前鬼・後鬼)の子孫だという説もあ』り、『古峯ヶ原が修行の地であったことから、この地を護る天狗が修験道の開祖である役小角やそれに従った弟子の前鬼・後鬼と結びついたので』はないかとサイト主は述べられ、『このように修験道や山の神などを介して、鬼と天狗が結びつくこともあ』るとする。本書刊行よりずっと後のことであるが、文政一一(一八二八)年には第十一代『将軍家斉が日光に社参した際に、日光に棲む数万とも言われる天狗たちが騒がないように、一時退去させる命令が江戸幕府から出された』とあり、この時に『幕府の奉行と連名で名を連ねたのが古峯ヶ原の隼人坊であったそうで、一躍、隼人坊の名声が高まったという』話も遺っている、とある。

「日光山御普請の奉行」この場合の「奉行」とは普請奉行ではなく、現場の指揮監督者の謂い。とすれば、この二人の武士は所謂、幕府が各藩に命じた日光山の諸社修復のための「手伝普請(てつだいふしん)」で派遣された武士である。実は次の第七話も同じ場での別な侍からの採話でなのであるが、そこでは冒頭で自分の主君が日光山普請のために藩内の筑紫の山で多くの石を切り出したと始まるから、同席していたこの主人公もそうした手伝普請の派遣職であったと考えてよいと思う。現地には臨時の藩ごとの本部及び出張小屋(本文の「小屋」とはそれであろう)のが設けられ、単純な力仕事の人足などは近隣の村などからを集めて労賃を支払って作業に当たった参照したウィキの「手伝普請」によれば、『江戸時代の初期には、各藩が費用を負担し、実際に藩が取り仕切って普請が行われていたしかし、時代が下るにしたがって、落札した町人などが現場の責任を負う請負形式が多くなり、さらには金納化も進行した。そして』、安永四(一七七五)年『以降は完全に金納化が通常の形となった。基本的には、各藩は費用を負担するだけとなり、幕府が直接担当役人を派遣して指揮監督するようになった』。『江戸時代の手伝普請』に於ける『各藩の負担は過重であり、藩の財政を逼迫させる要因のひとつとなった。ただし、他の課役・重職を担っている藩には、手伝普請を軽減あるいは免除する処置がとられた。中後期の例では、尾張藩・紀州藩・水戸藩・加賀藩、老中などの要職在任中の藩、溜間詰の大名、長崎警固を担う佐賀藩・福岡藩は免除されていた』(下線やぶちゃん)とあるが、本書の出版は延宝五(一六七七)年であり、話柄内の描写からも江戸初期のそれであることが判る。

「狀」書状。手紙。

「他家(たけ)」前の注で示したように、この二人は親戚ではあったが、仕えていた藩は違っていたものと思われる。

「その日其山」伏字。実際には実際の日付と実在する山の名が書かれてあったのである。

「小竹筒(さゝえ)のかすみ」「小竹筒」は「小筒」「竹筒」とも書き、それも「ささえ」と読み、酒を入れる携帯用の竹筒を言う。「かすみ」は酒の異名であるが、これは恐らく、現在の清酒以前の、滓(おり)の部分が含まれた「滓がらみ」を「滓(かす)み酒」と称したことによるものと推測する。

「あくとしもなく」「飽くとしもなく」。飽きるということもさらになく。「としも」は連語(格助詞「と」+副助詞「し」+係助詞「も」)で「ということも」の意。ここのように下に打消表現を伴うことが多い。

「日の駒(こま)」ギリシア神話の太陽神ヘリオス(古代ギリシア人は太陽は天翔けるヘリオスの四頭立て馬車と考え、これは後にアポロンと習合した)ではないが、太陽の運行を馬に擬えたものであろう。

「亥の刻」現在の午後九時から十一時。

「といへど、きかず」と石を投げた者を批難したが、それに応える様子もなく、礫の投擲はやまない。

「たがひに他人より猶はづかしき恥しる中の事なれば」主人公と甥は、常人以上になおも武士としての面目をまず第一とし、いわれなき無礼を受けることの恥を、孰れも、最も嫌悪し、言語道断として許さざる性質(たち)の者たちであったので。

「下下」武士である主人公とその甥の、従者たち。

「一際(きは)働くべきに見えけれど」主人たちへの無法な無礼にいきり立って、その石を投げた者に立ち向かわんとしたところが。

「氈(せん)むしろ」毛氈の敷物。

「挾箱(はさみばこ)」諸道具(ここは物見遊山のための)を持ち運ぶための長方形の浅い箱、蓋ふたに棒をとりつけてあり、従者が担いだ。

「あまさへ」「剩(あまつさ)へ」。副詞で「事もあろうに・あろうことか」の意。「あまりさへ」の転。

「身(み)がら」ただ己が身一つ。礫が異様なほど波状的に間断なく、寧ろ、ますます回数を増やして生じたことが窺われる。

「まのまへ」「目の前」。眼前(がんぜん)間近く実際に。]

« 宿直草卷一 第五 ある寺の僧、天狗の難にあひし事 | トップページ | 宿直草卷一 第七 天狗、いしきる事 »