フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 毛利梅園「梅園介譜」 梭貝(ヒガイ) | トップページ | やはり »

2017/06/07

毛利梅園「梅園介譜」 鬼蟹(ヘイケガニ)

 

Heikegani

 

「蟹譜」に出(いづ)。

鬼蟹(おにがに) 武文蟹(たけぶんがに)

           しまむらがに【摂州】

           平家がに  【長門】

           きよつねがに【豊前】

           幽霊かに  【紀州】

 

[やぶちゃん注:以下、以上の下段部分。]

 

          「祝允明野記」

           鬼面蟹(きめんがに)

戎蟹(えびすかに)【備前】 治部少輔蟹(ぢぶしやうすけがに)【伊勢】

 

「大和本草」

 嶋村蟹

享祿四年、備前の浦上、掃部助村雲、細川右京太夫晴元と摂州に於いて、合戰し、

尼ヶ﨑に於いて、打ち負けて自殺す。浦上の臣嶋村彈正左エ門貴則、敵の強兵、兩人(ふたり)を、

左右の腿(もも)にはさみ、水に入て共に死す。尼ヶ﨑のあたり、野里(のさと)川と云所也。其霊、蟹

となりしと云。故に島村蟹と云、怒る人面の如し。

 

「摂津名所記」

嶋村蟹は東生(ひがしなり)郡野田川より出す。此邉(このあたり)の蟹、美味なりと云、多く食料にす。

 

「後太平記」

享祿の頃、島村左馬助は主君細川髙國を援(すく)はんと尼ヶ﨑より打(うち)だせしに、早(はや)、髙國は

討死したり。死出の供せんと四方欠𢌞(かけまは)り、敵多く打取(うちとり)、入水(じゆすゐ)しける。是(この)霊、鬼面の蟹となる

と云ふ。又、俗に秦(はた)の武文(たけぶん)、海中に没死(ぼつし)て、其怨(ゑんこん)の化する處と云々。

 

[やぶちゃん注:右頁の左上部のキャプション。漢詩は直後に( )で推定で書き下した。]

 

「續脩臺灣府志」に「使槎(しさ)録」を引きて曰く、

鬼蟹、狀、傀儡のごとし、孫元衡、詩に云ふ有り。

  家在蠔山蜃氣聞

  鯨潮初起鱟帆來

  乕鯊鬼蠏紾無數

  就裏難求蛤蚪胎

  (家は蠔山(がうざん)に在りて蜃氣を聞き

   鯨潮(げいてう)初めて起きて鱟帆(がくほ)來たり

   乕鯊(こさ)鬼蠏(きけい) 紾(しん)として無數

   裏に就きて求め難し 蛤蚪(がふと)の胎(たい))

 

是に曰ふ、鬼蟹も亦、同物也。

 

[やぶちゃん注:以下、その下部のキャプション。「環」は毛利梅園の号の一つ。]

 

環(くわん)曰ふ、

此蟹、背殻、鬼形(きぎやう)のごとし。眉・目・口・鼻、分布、明白なり。常に寶として之を翫(もてあそ)ぶ者なり。異物なり。

細川髙国が臣、島村左馬助が蟹となりしとは、誤りなり。中夏傅肱が蟹の書に

出せる鬼蟹なり。近世の俗、長州壇ノ浦源平合戰の時、平家打ち負け、入水せし者、蟹

となる故に平家蟹と云ふ。矢嶋には此蟹なく、壇ノ浦には、悉く、鬼蟹なりと。壇ノ浦は

赤間関(あかまがせき)にあり。島村・平家の説、盲談ならん。俗、傳ふ、秦の文武、大海に没死し、其怨魂、

化する所と云ふ、甚だ怪異(あやし)きなり。

壇ノ浦平家入水して蟹と霊と化したること、源平盛衰記に載らず。此蟹、長州

下関、森氏旅行の節、之を求め帰る。同州にては此蟹、湯引きて之を賣る由。故に生色を

知らず、只、其形狀を寫すのみ。

 

[やぶちゃん注:左頁キャプション。]

 

 甲の圖

 

 腹甲の圖

 

[やぶちゃん注:左頁の左下方のキャプション。]

 

乙未(きのとひつじ)秋七月廿八日森氏所藏。之を乞ひて

眞寫す。

 

[やぶちゃん注:画像は国立国会図書館デジタルコレクションの「梅園介譜」のこの画像からトリミングした。本個体は下関で採取されたものであることと、表裏の図から同属の近縁の他種の特徴を殊更には見出せないことから、節足動物門甲殻亜門軟甲綱十脚目短尾下目ヘイケガニ科ヘイケガニ属ヘイケガニ Heikeopsis japonica をまずは最大可能性同定候補して問題ないように思われる(但し、あくまで絵で一部の細部の検証が不能であることから他の近縁種でないと断定は出来ない)。しかも、腹面部の腹節が有意にスマートであるから、これは間違いなくの固体である。なお、ヘイケガニ Heikeopsis japonica は意外と知られていないが、本邦では北海道南部から相模湾・紀伊半島・瀬戸内海・有明海まで広く分布し、近隣諸国では朝鮮半島・中国北部やベトナムまで東アジア沿岸域に広く分布している。私は既に栗本丹洲「栗氏千蟲譜 巻十(全)」でヘイケガニ属或いはその近縁種と思われる図を考証しているが、こちらの方が遙かに博物学的にはより正確に描出されているように思われる。

「武文蟹(たけぶんがに)」摂津の大物(だいもつ)の浦(現在の大阪湾に近い兵庫県尼崎市大物町(ちょう)。ここ(グーグル・マップ・データ)。現在は大阪湾に流れ込む神崎川河口から少し入った内陸にあるが、かつては直近に浜があった)を発祥元とする怪異伝承に基づくヘイケガニ類の別名(辞書その他殆んどが「ヘイケガニの別名」とするが、これは必ずしもヘイケガニ Heikeopsis japonica 一種を指すものではなく、正しい謂いとは言えない)。元徳三(一三三一)年の元弘の乱の際、摂津国兵庫の海で死を賭して主君尊良(たかなが)親王(延慶三(一三一〇)年?~延元二/建武四(一三三七)年):後醍醐天皇の皇子。斯波高経率いる北朝方との金ヶ崎の戦いで新田義貞の子義顕とともに戦ったが、力尽きて義顕とともに自害した)の妻を守って入水したとされる忠臣秦武文(はたのたけぶん)の生まれ変わりとされる。元弘の乱の初期、秦武文は主君(尊良親王は元弘の乱勃発直後に父後醍醐天皇と笠置山に赴いたものの、敗れ、父とともに幕府軍に捕らえられて土佐に配流されていた)の妻一宮御息所を配流地土佐に連れ行こうと尼崎から船出しようとするが、そこで彼女を垣間見て一目惚れした土地の海賊武士松浦五郎に御息所を奪われてしまう。私の非常に好きな怪異のシークエンスであり、こちらの話は壇ノ浦平家蟹伝承に比してマイナーな印象があるので、ここで以下、「太平記」巻十八「春宮還御の事 付けたり 一宮御息所の事」から引いて「武文蟹」を顕彰しておきたい(底本は新潮日本古典集成版を用いたが、恣意的に正字化し、一部に読点と改行を追加してある)。但し、荒俣宏「世界大博物図鑑 1 蟲類」の「カニ」項の「平家蟹」によれば、人見必大の「本朝食鑑」では、これは平家蟹ではなくカブトガニ(鋏角亜門節口綱カブトガニ目カブトガニ科カブトガニ Tachypleus tridentatus)のこととして載せ、『土地の人は武文を憐れんでこれを捕らない』と記しているとある。

   *   *

武文、渚に歸り來たつて、

「その御船、寄せられ候へ。先に屋形の内に置きまいらせつる上﨟を、陸(くが)へ上げまゐらせん。」

と呼ばはりけれども、

「耳にな聞き入そ」

とて、順風に帆を上げたれば、船は次第に隔たりぬ。また、手繰(てぐり)する海士の小船にうち乗つて、みづから櫓を押しつつ、なにともして御船に追ひ著かんとしけれども、順風をえたる大船(たいせん)に、押し手の小舟、追ひ付くべくもあらず。遙かの沖に向つて、扇を擧げ招きけるを、松浦が舟にどつと笑ふ聲を聞きて、

「やすからぬものかな。その儀ならばただ今の程に海底の龍神と成つて、その船をばやるまじきものを。」

と怒つて、腹十文字に搔き切つて、蒼海(さうかい)の底にぞ沈(しづみ)ける。

   *

その後、海は荒れに荒れ、しかも自分に靡かぬに業を煮やした松浦は、水主(かこ)らの合議もあって、御息所を鳴門の龍神に生贄として捧げようとするが、同船の僧に制止される。

   *

「さらば僧の儀につけて祈りをせよや。」

とて、船中の上下、異口同音に觀音の名號を唱へたてまつりける時、不思議の者ども、波の上に浮かび出でて見えたり。

 まづ一番に濃き紅くれなゐ著たる仕丁(じちやう)[やぶちゃん注:貴族の家などで雑役に従事した下男。「しちやう」と濁らずにも読む。]が、長持を舁(かき)て通ると見へてうち失せぬ。

 その次に白葦毛(しらあしげ)の馬に白鞍(しろくら)置いたるを、舍人(とねり)[やぶちゃん注:貴人の牛馬などを扱う従者。]八人して引きて通ると見えてうち失ぬ。

 その次に、大物の浦にて腹切つて死んだりし右衞門府生秦武文(うゑもんのふしやうはだのたけぶん)、赤糸威(あかいとおどし)の鎧、同毛の五枚冑(かぶと)の緒をしめ、黃月毛(きつきげ)なる馬に乘つて、弓杖(ゆんづゑ)にすがり、皆紅(みなくれなゐ)の扇を擧げ、松浦が舟に向つて、その船留まれと招くやうに見へて、浪の底にぞ入にける。

 梶取(かんどり)これを見て、

「灘(なだ)を走る船に、不思議の見ゆる事は常の事にて候へども、これはいかさま、武文が怨靈(をんりやう)と覺え候ふ。その驗(しるし)を御覽ぜんために、小船を一艘下して、この上﨟を乘せまゐらせ、波の上に突き流して、龍神の心をいかんと御覽候へかし。」

と申せば、

「この儀、げにも。」

とて、小舟を一艘引下して、水手(すいしゆ)一人と御息所とを乘せたてまつて、渦の波にみなぎつて卷きかへる波の上にぞ浮かべける。

   *

その後、曲折を経た後、遂に目出度く、親王と御息所は再会を果たすのである。

「しまむらがに」戦国武将島村貴則(?~享禄四(一五三一)年)は戦国大名で第三十一代室町幕府管領細川高国(文明一六(一四八四)年~享禄四年)。摂津・丹波・山城・讃岐・土佐守護。細川氏一門野州家の細川政春の子に生まれ、細川氏嫡流(京兆家)当主で管領の細川政元の養子となった。養父政元が暗殺された後の混乱を経て、同じく政元の養子であった阿波守護家出身の細川澄元を排除、京兆家の家督を手中にしたが内紛が昂じ、大内氏を頼ったものの、澄元の嫡男晴元に敗れて自害に追い込まれた)の家臣。摂津尼崎で細川晴元方(がた)の三好元長らに敗れ、ここに記されたように、敵兵二人を抱えて海中に身を投じて自死した。後、この近辺で獲れるヘイケガニ類(前注参照)を「島村蟹」とよぶようになったという。弾正は通称。

「きよつねがに」清経蟹。能の「清経」で知られる、ナーバスになって入水自殺した平家一門の武将で笛の名手であった平清経の怨念伝承に基づく大分の宇佐地方のヘイケガニ類(前注参照)の別名。平清経(長寛元(一一六三)年~寿永二(一一八三)年四月四日)は寿永二(一一八三)年に平家一門が都落ちした後は、次第に悲観的な考えに取り付かれ、大宰府を元家人である緒方惟義に追い落とされたことを契機として、豊前国柳浦(現在の大分県宇佐市江須賀の沖合とされる。この附近(グーグル・マップ・データ))にて入水自殺した。享年二十一。「平家物語」の「六道之沙汰」の段の建礼門院による述懐によれば、この清経の死が平家一門の『心憂きことのはじめ』として語られてある。

「祝允明野記」蛸島直氏の論文「蟹に化した人間たち(2) 平家蟹の記録を中心に」(ODF)によれば、明代の書家で文人の祝允明(しゅくいんめい 一四六〇年~一五二七年)の一一五一年成立の著であるが、蛸島氏が当該論文で述べておられるように、後の小野蘭山の「本草網目啓蒙」(享和三(一八〇三)年刊)や岡林清達(きよたつ)稿・水谷豊文補編の本草書「物品識名」(文化六(一八〇九)年跋)なども、一様にこの「祝允明野記」を典拠としているが、はたして、中国の「鬼面蟹」を本邦の「平家蟹」と安易に相同同定してよいかどうかは甚だ疑問と言わざるを得ない。私は大陸のそれは或いは全く異なった別種である可能性も充分にあり得ると考えている

「治部少輔蟹」石田三成の通名として知られているが、六条河原で斬首された彼が何故に伊勢で鬼面の蟹と変ずるのか、私は全く伝承を知らぬ。或いは石田三成のことではないのか。識者の御教授を乞う。

「大和本草」本草学者貝原益軒(寛永七(一六三〇)年~正徳四(一七一四)年)が編纂した本草書。宝永七(一七〇九)年刊。明治になって西洋のそれらが本格的に輸入される以前、日本の博物学史に於ける最高峰と言える生物学書・農学書。

「野里(のさと)川」不詳。現在の尼崎市内にはこのような川の名は見当たらない。

「摂津名所記」京都の町人吉野屋為八が計画し、寛政八(一七九六)年から寛政十年にかけて刊行された、摂津国の通俗地誌で観光案内書でもあった「攝津名所圖會」のことか。先程、ネット上で原本を発見、それに当たって確認したところ、「野田川」が「野里川」であったり、やや、省略が過ぎるものの、同書から引いたものらしい。

「東生(ひがしなり)郡野田川」摂津国(現在の大阪府)東成郡であろうが、野田川という河川名は現在の旧東成郡域には見当たらない。現在の福島区野田地区は古くは「野田川万乗」と称され、『野田川域・地先海域は摂津・浪花浦第一の好漁場であり、魚族が豊富で「魚稼第一」として繁盛していたが』、寛永元(一六二四)年の『九条島・四貫島の新田開発で野田川の魚』稼ぎは『悪化するようにな』り、貞享元(一六八四)年の『安治川新堀の建替でそれまでの野田川の名も途絶している』(不動産会社「野田庄株式会社」公式サイト内の)とあるのだが、この福島区野田は少なくとも近代の東成郡域には含まれない。識者の御教授を乞う。前注の通り、これは「野里川」の誤りであろう。それでもやはり不明ではあるが。

「後太平記」江戸前期に成立した、「太平記」の後を引き継いだ形をとった南北朝後期から室町・戦国時代を扱った軍記物語。信頼度は低い。

「欠𢌞り」駆け回り。

「怨(ゑんこん)」「」は「魂」の異体字。

「續脩臺灣府志」(ぞくしゅうたいわんふし)は一七六四年に清(乾隆帝期)の余文儀の著になる台湾地方の地誌。

「使槎(しさ)録」「臺海使槎錄」。一七三六年に清(乾隆帝期)の黄叔璥(こうしゅくけい)の著になる台湾地誌。

「孫元衡」清の官人。台湾府の副知事を務め、文人としてここに出るような詩篇など多くの著作を残している。

「蠔山(がうざん)」一般には海中に暗礁のように積み上がった牡蠣の塊りを指す。

「鯨潮(げいてう)」鯨の潮吹きか?

「鱟帆(がくほ)」かのカブトガニの背の骨(風があると帆のようにあがると信ぜられたらしい。

「乕鯊(こさ)」カサゴのことか?

「鬼蠏(きけい)」「蠏」は「蟹」。

「紾(しん)として」「捩じれる」「縺れつく」の謂いか?

「蛤蚪(がふと)」「蛤」は二枚貝の総称であるが、「蚪」は蝌蚪で「おたまじゃくし」で意味不明。「胎」とあるからには孰れも食用にするその身であろうとは思う。この詩、私には何となく判ったような、結局、判らん詩である。識者の御教授を切に乞う中文サイトに「漁家口號」という題で載っており、「虎鯊鬼蟹紛無數」の箇所には「虎鯊背有斑文,鬼蟹狀如傀儡」とある。またまた半可通である。

「中夏」「中華」の誤記ではあるまいか? 中国の史書に記された最古の王朝として「夏」があるが、中国を指すのにこうは言わない。

「傅肱が蟹の書」北宋の傅肱(ふこう)の著した「蟹譜」の中に「恠狀」があり、そこに「呉沈氏子食蟹、得背殻若鬼狀者、眉目口鼻分布明白、常寶玩之」と出る。

「矢嶋」壇ノ浦の前哨戦があった矢島。

「赤間関」現在の山口県下関市の鎌倉時代に成立した呼称(「下関」はもっと古く平安前期からある)。これは広く『付属する港湾や関門海峡の長門国側を指す広域地名、更には対岸の豊前国門司関を含めた関門海峡全体の別名としても用いられた』とウィキの「下関にある。

「秦の文武」ママ。「武文」の錯字。

「森氏」毛利梅園の友人らしい。

「生色を知らず」生個体は暗い褐色。しかも、生時は通常、第三及び第五胸脚で貝殻や塵芥などを背に固定して負っており、そうでなくても汚れて見える。

「乙未」天保六(一八三五)年。]

« 毛利梅園「梅園介譜」 梭貝(ヒガイ) | トップページ | やはり »