フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「想山著聞奇集 卷の四」 「古狸、人に化て來る事 幷、非業の死を知て遁れ避ざる事」 | トップページ | 「想山著聞奇集 卷の四」 「美濃國須原神社祭事不思議幷靈驗の事」 / 卷の四~了 »

2017/06/04

「想山著聞奇集 卷の四」 「西應房、彌陀如來の來迎を拜して往生をなす事」

 

 西應房(さいおうばう)、彌陀如來の來迎(らいがう)を拜して往生をなす事

 

Saioubouraigouzu

 

[やぶちゃん注:この主人公「西應房」は「卷の參」の「狩人異女に逢たる事」にも主人公として登場している。こうした怪談実録物で、知られた人物でもない同一人の話が、かく離れた場所に配されて詳述されているのは、非常に珍しく、しかも、故にこそそれがリアルな事実であったという印象を読者に与える効果的な方法であると言える。怪談アンソロジーの構成方法として、今でも有効な優れた手法と私は思っている。私はプレの話柄ともにこの西応房が好きである。何時か、自證院にあるという墓を参りたいとさえ思っているのである。されば挿絵も、何時もよりも念入りに底本の汚損部を清拭しておいた。]

 

 市谷谷町自證院[やぶちゃん注:多数既出既注であるが、今回、詳細注を最後に附したので参照されたい。]に西應と云(いふ)道心房(ばう)有。【若き時は狩人にて、異女に逢(あひ)て後、其業(わざ)を止(やめ)、發心して此寺に入、道心房と成(なり)て安穩に生涯を暮したり、此異女に逢たる事は、三の卷に具に記し置たり。】六十有餘(いうよ)にしても身健(すこや)かにして、朝も男共よりも早く起出(おきいで)、寒中といへども、草鞋(わらじ)がけにて、まめやかに寺内(じない)の掃除などをなし、餘力には、他事なく念佛を申すのみにて、正直安泰の行者とは成たり。後、段々年も取、天保の末[やぶちゃん注:天保は元年が一八三〇年で、天保は十五年までで、天保十五年十二月二日(グレゴリオ暦一八四五年一月九日)に弘化に改元している。但し、後で正確な西応房の示寂を天保十一年とするので、この「末年」という謂い方は天保の後期の謂いである。]に至りて、させる病症もなくして、久々老病にて打臥居(うちふしゐ)、所詮、快氣なすべき病(やまひ)にてなき儘、親屬の者をも呼寄(よびよせ)、手厚く介抱致させ置(おき)たるに、或夜、看病のものに申樣(やう)、扨々有がたき事なり、唯今、彌陀如來、來迎ましましたり、拜み奉るまゝ、手水(てうづ)の湯を取呉(とりくれ)よと云出(いひいだ)して、むつくと起直(おきなを)りて、きかざるまゝ、何にもせよ、其意に任(まか)するがよしとて、湯を取遣(とりつかは)し、去(さり)ながら、餘りの病勢にて、斯(かく)老耄(らうまう)せしにや、院内、役人へも達するが宜(よろしき)とて、夜中、具に申出たるまゝ、役人、病床に至りて訊ふに、西應房、かの來迎を拜して、有難がり居(ゐ)たり。老耄にやと色々尋探(たづねさぐ)るに、耄(まう/わするゝ[やぶちゃん注:後者は左ルビ。健忘や痴呆であることを意味する意訳ルビ。])にてはなく、まさ敷(しく)、あの如く、私(わたくし)の目には拜まれさせましますに、餘人は拜し給はざるや、アヽ有がたき事也、何卒、此事を具に御院家(ごゐんげ)樣の御聽(おんきゝ)に入(いれ)、倶(とも)に御悦(およろこ)び下さるべしと、感淚を流して嬉しがりたり。扨、其拜み奉りたる躰相(ていさう)を尋(たづぬ)るに、前に觀音・勢至の二菩薩來臨ましくて、四方には廿五菩薩、圍繞(いねう)なし給ひたる趣なり。是全(また)く曼荼羅羅の相好(さうがう)なり。尤、廿五𦬇(ぼさつ)[やぶちゃん注:この「𦬇」だけで「ささぼさつ」とも読み、「𦬇菩薩」とも書く。「菩薩」の二字の(くさかんむり)を合わせて「𦬇」とだけ書いた仏書などの書写に多く使われた、「菩薩」の特殊な略字である。「ささ」という読みは片仮名の「サ」を重ねたように見えることに拠るという。]、幷(ならびに)、曼荼羅なと云事は、かの西應は知らざれども、其有さまを聞取(きゝとる)ものゝ、其さまに違(たが)はざるは不思議なりと心附て、彌(いよいよ)懇(ねんごろ)に尋(たづね)しりたりと。如來は五色の雲に乘給ふと聞居(きゝゐ)たり、左樣にやと問に、五色の雲にあらず、紫の雲に乘て來(きた)らせ給ふ御有樣、黃金(わうごん)の御肌(おんはだへ)にて、白毫(びやくがう)よりは、赫耀(かくやく)と一入(ひとしほ)、光明(こうみやう)をはなたせられ、惣躰(さうたい)、光り輝き給ふ御有さま、畫(ゑが)きたる如來とは各別の御(ご)相違にて、譬(たとふ)るにものなく、中々言葉には語り盡す事能はず。歷々の名僧智識と云ども、來迎を拜する事は容易ならずと承るに、我等ごときのかく來迎に逢(あひ)奉るは、くれぐれも尊(たふと)き事也、必ず御院家(ごゐんげ)樣へ御申上くださるべしと悦びたる趣、怪敷(あやしく)も不審敷(いぶかしく)もなく、まさ敷(しく)、ありありと拜まれさせ給ひたる事と見えたり。古(いにしへ)より來迎を拜する人の舊記には、虛空に音樂聞えたるおもむきなれども、此西應房の耳に音樂は聞えず、靈香(れいきやう)も薰(くん)ぜざりしとの事なり。扨、此如來は、何れの方(かた)より來り給ひしにや、定(さだめ)て西より來らせられて、西應が西の方に向ひて拜み奉りたるなるべしと問たるに、いづれの方角に當り居(ゐ)しにや、其儀は髣髴(はうふつ)たりと[やぶちゃん注:前が疑問文になっているから、ここは西だったかどうか、ぼんやりとした記憶ではっきりしないという意想外の答えだったのである。実は彼が向いて見ていたのは西ではなかったのであろう。正しく西だったなら、彼の名とともに優れた西方浄土来迎譚となるのだから、断定しないはずがなく、それを外しているのは、事実がそうでなかったことの証左と言える。因みに、私は方角などどうでもよいと思う人種である。]。是は鈴木兵(ひやう)三郎と云人、右役人の節、其場に加(くはゝ)り居(ゐ)て、見聞(けんもん)なしたる物語にて、此鈴木は、年來(ねんらい)、入魂(じゆこん)[やぶちゃん注:昵懇(じっこん)に同じい。想山とごく親しいこと。]にして、實直篤厚の人哲(じんてつ)、慥成(たしかなる)咄し也。右西應房ば[やぶちゃん注:ママ。]、其翌日、天保十一年【辛子[やぶちゃん注:「庚子」の誤り。]】十月十三日[やぶちゃん注:グレゴリオ暦一八四〇年十一月六日。]、苦痛もなく、如何にも正念往生をとげしとぞ。浦山敷(うらやましき)事也。扨、此西應は、壯年の此、久々狩人を業となし居て、鳥獸類の命を取(とり)し事は、數限りもなき事と思はるゝに、斯(かく)來迎に關(あづか)りしは、何か善行(ぜんがう)にても積し事にやと、兵三郎に尋(たづぬ)るに、素より老年に及びて道心を發し、剃髮せし迄の僧なれども、佛門に入て、段々修入(しゆにう)[やぶちゃん注:修行に専心することか。]も積(つみ)て後は、每朝(まいてう)、院家(ゐんげ)の勤行の末席(ばつせき)へ加へられて、院代初(はじめ)、惣弟子(さうでし)と倶に勤(つとめ)をなすにも、餘人と違ひて、其さまいかにも信實にして殊勝に見え、さるによりて、至(いたつ)て院家の氣にも入居(いりゐ)て、後々は一入(ひとしほ)目を懸(かけ)られたり。殊に此西應房は都(すべ)て人とは違ひて、人の惡(あく)を語ると云事なく、其上、人のなし置(おき)し麁相(そさう)をば、西應房の過(あやま)ちと心得て叱るとも、我(わが)過(あやまち)にてはなきとの云譯(いひわけ)はせずして、己(おのれ)のなし置(おき)たる事の樣に恐れ入居(いりゐ)て、人の惡もかむり置(おき)、其色(いろ)も顯さず。夫より遙(はるか)後に、其事實のしれたる時に、先日、汝を叱りしは間違にて、あの儀は餘人の成置(なしおき)たる事にて有しといへば、何(いづ)れ行屆(ゆきとゞ)かざる事と存(ぞんじ)、私が誤り置候へば、事穩(おだやか)に濟(すむ)と心得て、誤置(あやまりおり)申せし[やぶちゃん注:謝っておきました。]など云事も、每々まいまい)有。餘人の及ばぬ事にして、實(じつ)に是等の事は、歷々(れきれき)の出家沙門にも增りたる事と思ひ置候らひしとの物語也。全(またく)、是等が廣大の功德(くどく)とも成(なり)て、かく佛菩薩の來迎なし給ひたる事と思へり。此西應房は、元來、狩人のなれる果(はて)にや、我慢はなけれども、氣質強勇にして、右病死の三、四年前にも、殊の外、大病を煩ひ、腰もぬけて、久々難儀せし事有ども、苦敷氣成(くるしげなる)躰(てい)も見せず。此(この)死前(しぜん)の病氣にも、差(さし)て病苦もせず。尤(もつとも)、來迎を拜するさま、幷(ならび)に臨終の樣子等(とう)は、更に苦痛なかりしと也。呉々も浦山敷(うらやましき)往生なり。墓は自證院の惣墓(さうばか)の内に有て、西應從德(じうとく)と法名鐫(ゑり)て有なり。

[やぶちゃん注:「自證院」現在の新宿区富久町にある天台宗鎮護山自證院圓融寺。ここ(グーグル・マップ・データ)。「天台宗東京教区」公式サイト内の同寺の頁によれば、『自證院は、市谷の高台に位置し』、現在でも『新宿という大都会にしては、静寂の中にあ』るとあり、開基は『尾張大納言徳川光友卿の夫人千代姫の生母振(ふり)であって、そのお振の方は大猷院殿(三代将軍徳川家光)の局の一人で寛永』一七(一六四〇)年に没し、法名を『「自證院殿光山暁桂大姉」と号し』て、正保四(一六四七)年に『御朱印寺領二百石を拝領してい』る。『当寺に葬られるにあたり、現在の市谷の地に壱万六百余坪を賜わって、牛込榎木町よりここに移転し』たとある。『後、寛文元』(一六六一)年、『千代姫によって本堂建立が行われ、更に門前の地、三百余坪を買上げて民屋を開き、霊廟掃除の役に供えた』。寛永五(一六六五)年、『幕府の不受不施派禁断の令により』、以後、日蓮宗から『天台宗に改められ、上野東叡山寛永寺より法印信祐(中興)を招いて住持とし』、この時より、寺号を「鎮護山圓融寺自證院」と『称することとなり、前天台座主』であった『本照院一品親王の命により、東叡山輪王寺の常院室とな』ったという(本文で頻りに西応房が言う「御院家樣」というのは、本自證院の実務住職ではなく、まさに宗門上のトップである輪王寺のそれを指していよう)。その後、享保一五(一七三〇)年、近隣よりの出火のにより類焼、元文三(一七三八)年、『尾張徳川家戸山屋敷内の丸太節木作りの観音堂を拝領して本堂、中門等が再建され、以後、寺域内の諸堂宇等、建立され』、『明治維新に至るまで、広大な寺容を備えてい』たとあるから、非常に大きな寺でしかも格式も格別であったことが判る。

「道心房(ばう)」「道心」は一般には幼少期ではなく、十三歳或いは十五歳以上で仏門に入った者を指す。「房」は「坊」などと同じで僧の意。

「院内、役人」底本では「院内役人」と一語であるが、わざと私が読点を打った。当初は「院内役人」で、こうした場合にその処置を決める役目を担っていた寺内に於ける「役方」、担当僧のことであろうかと思ったが、それでは後の「夜中、具に申出たるまゝ」の謂いが如何にも仰々しいこと、挿絵を見ても右の方に二本差しの武士がおり、これが正規の寺社奉行配下の下級役人と思われるからである。耄碌しておかしくなって手に負えなくなった僧などを、何らかの形で隔離してしまうような公的システムが存在したのであろう。]

 

« 「想山著聞奇集 卷の四」 「古狸、人に化て來る事 幷、非業の死を知て遁れ避ざる事」 | トップページ | 「想山著聞奇集 卷の四」 「美濃國須原神社祭事不思議幷靈驗の事」 / 卷の四~了 »