フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宿直草卷三 第十三 男を喰ふ女の事 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「金の龜」 »

2017/07/12

和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 姑䗐(コクゾウムシ)


Kokuzou

よなむし  強

      【和名與奈無之

    與奈者米也

       俗云虛空藏

こくうぞう

 

爾雅集注云米穀中蠹小黒蟲也

△按俗呼米稱菩薩隨呼此蟲曰虛空藏其形小似蚤而

 赤黒色長喙兩髭六足跛行甚疾

一種大四五分形似蠶蛹而白色頭黒但不如姑之多

耳並未舂米夏月濕熟所化生者也經年者生細白子

米爲空虛

 

 

よなむし  強〔(きようよう)〕

こくうぞう

【和名、與奈無之。「與奈」は「米」なり。俗に「虛空藏」と云ふ。】

 

「爾雅集注〔(じがしつちゆう)〕」に云く、『米穀の中の蠹〔(きくひむし)〕。小さく黒き蟲なり。』〔と。〕

△按ずるに、俗に米を呼びて「菩薩」と稱〔(とな)〕ふ。隨ひて此の蟲を呼びて「虛空藏」と曰ふ。其の形、小さく、蚤(のみ)に似て、赤黒色。長き喙〔(はし)〕、兩の髭。六足。跛〔(はひ)〕行(あり)きて、甚だ疾(はや)し。

一種、大いさ、四、五分。形ち、蠶〔(かひこ)〕の蛹〔(さなぎ)〕に似而白色。頭、黒。但し、〔(よなむし)〕の多きがごとくならざるのみ。並〔びに〕、未だ舂〔(つ)〕かざる米、夏月〔の〕濕熟〔に〕化生せ〔し〕所の者なり。年を經〔(ふ)〕る者、細白〔(さいはく)の〕子を生じて、米、空虛(うと)と爲〔(な)〕る。

 

[やぶちゃん注:本種は所謂、「穀象虫」、即ち、本邦に棲息する種としては鞘翅(コウチュウ(甲虫))目 Coleoptera 多食(カブトムシ)亜目 Polyphaga ゾウムシ上科 Curculionoidea オサゾウムシ科 Dryophthoridae オサゾウムシ亜科 hynchophorinae コクゾウムシ族 Sitophilini コクゾウムシ属コクゾウムシ Sitophilus zeamais 及びココクゾウムシ Sitophilus oryzae の二種が代表(良安が最後に一種として掲げるのは後者か。名前の通り、やや小型(二~二・八ミリメートル)である。但し、「細白の子」とは単にコクゾウムシの幼虫を指しているようにも読める。化生説を信ずるものは幼虫と成虫の区別が出来ず、全くの別の生き物と考えるのがごくごく当然の常識だから、ここはその誤認も視野に入れておかないといけない)。参照したウィキの「コクゾウムシを全面的に引いておく。『世界各地に生息するイネ科穀物の有名な害虫で、和名もそれを表したものである』(このウィキの和名漢字表記は「穀象虫」で「象」は長い口刎による命名とほぼ確定的に思うのだが、ウィキは何故かそこを記していないのは大いに不満である)。『また、日本では縄文時代後期の土器圧痕からの検出例があるなど穀物栽培の開始と同時に見られるとして』、『稲作とともに渡来したとするのが定説であったが、これを覆すとされる発見がなされている』(これは二〇一一年に種子島の遺跡から出土した縄文土器片から一万五千年前のコクゾウムシ類の圧痕が発見されたことを指す。一万五千年前は縄文時代の推定開始年代である)。『主食である稲(米)を食い荒らす事から「米食い虫」の異名が付けられている』。体長は二・一~三・五ミリメートルと『ゾウムシ上科の中では小さい部類に入る。体は赤褐色や暗褐色で、やや細長い。背面には細かく密な点刻がある。発達した強固な後翅をもち、飛行能力も優れている。体も小さく、穀物の貯蔵庫などに容易に侵入する』。『口吻で穀物に穴をあけて産卵し、孵化した幼虫は穀物を食い荒らす。気温が』摂氏十八度『以下であると活動が休止』、二十三度『以上になると活発に活動する』。一『匹のメスが一生に産む卵は』二百『個以上とされる』(ネット上の別記載では産卵数は約三百八十個、コクゾウムシの寿命は約三~七ヶ月とある)。『米びつに紛れ込んだ場合、成虫は黒色なので気がつきやすいが、幼虫は白色なので気づきにくい』。但し、『どちらも水に浮くので慎重に米研ぎをすれば気づくことがある。もし万が一気づかずに炊いてしまったり、食べてしまっても害はない』(私の家では一度だけかなり湧いて以下にある処置を施して排除はしたが、米の味は糞や体液及び死骸に発生したものなどによって極端に悪くなることは覚悟した方がよい。私は一口食って後は食べられず、凡そ二キロ分ぐらいを総て廃棄した)。『赤褐色のコクゾウムシは、農家の間では越冬コクゾウムシ(冬を越している)、暗褐色はその年に孵化したものと言われている。(確証は低いが』、『大体の農家はそのように判別していることが多い) また、光に反応するため、米に虫が湧いたという状態になった場合は、ムシロに米を広げてコクゾウムシを排除する方法をとっている』。

・「虛空藏」虚空蔵菩薩。知恵を支配するという。古くは地蔵菩薩と対で信仰されたが、現行の菩薩信仰では最早、メジャーではない。

・「爾雅集注」中国最古の類語辞典・語釈辞典である「爾雅」(著者不詳・紀元前 二〇〇年頃成立)を南北朝の梁(五〇二年~五五七年)の沈璇(しんせん)が注した「爾雅沈璇集注」。

・『俗に米を呼びて「菩薩」と稱〔(とな)〕ふ』確かに人の命の糧(かて)となる尊いものの意から「米」の別名として古語辞典にも載るが、これは近世語である。良安は「穀象」という語を示してないけれども、「※」=「菩薩」から、コクゾウムシ類を「虚空蔵」と呼ぶに至るまでは、また、一手間も二手間もかかるだろう(人間にとって決していい現象ではないからである)。それが出来上がったとして、さて、偶然、その虫が象の鼻のような突起を持っていたから、「穀象」の語がさらに手間をかけて生じたのだ、とは私には到底思えないのである。

 さても、和歌を引くのが大好きな良安先生に倣って、ここは私の偏愛する俳句を最後に示して終りとしよう。

 

 穀象の群を天より見るごとく

 

 穀象を九天高く手の上に

 

 數百と數ふ穀象くらがりへ

 

 穀象に大小ありてああ急ぐ

 

 穀象の逃ぐる板の間むずがゆし

 

 穀象の一匹だにもふりむかず

 

 穀象と生れしものを見つつ愛す

 

   *

西東三鬼句集「夜の桃」(昭和二三(一九四八)年三洋社刊)より。句自体は昭和二二(一九四七)年のパートに含まれる。特に私は「穀象の群を天より見るごとく」「穀象の一匹だにもふりむかず」の二句を称揚するものである。引用は私のやぶちゃん正字化版西東三鬼句集《西東三鬼全四句集『旗』・『夜の桃』・『今日』・『變身』(全)+「『變身』以後」(全)+やぶちゃん選拾遺抄Ⅰ~Ⅲ》から。]

« 宿直草卷三 第十三 男を喰ふ女の事 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「金の龜」 »