フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宿直草卷四 第五 殺生して神罸當たる事 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「龍の變り種」(その1) »

2017/07/18

宿直草卷四 第六 所を考へ殺生すべき事

 

  第六 所を考へ殺生すべき事

 

Kikainakane

 

[やぶちゃん注:挿絵は底本のものをそのまま示した。龍図の文様というか造形が、極めて奇怪な人面様で、これは極めて特異と言える(私は実際にこんなものは見たことがない)。]

 

 また、時めく人あり。その家、富みて祿(ろく)滿ち、その身、貴(たと)ふして官位めでたく、力量ありて、常に狩を樂しむ。鐵砲は三十目、五十目ずはえなり。

 此人、大和(やまと)の國にして、或夜、南京の方(かた)へ行き、三笠山の南、香山(かうぜん)の麓に向かふ。若黨・草履取(とり)・犬引、主從四人なり。

 かの山にて何がなと求(あさ)るに、大きなる吊り鐘、行くべき道に見えたり。凡そ、人力にて鑄(い)たるとは見えず、はうりやうもなき大きなる物なり。この鐘、つゐ來たりて、四人の上に被(かづ)かる。

 さて、聲ありて云ふやう、

「また、重ねても來たらんや。是非を答へよ。」

と罵(のゝ)しる。

 四人と犬と中に籠(こ)めて、さらに出ださず。怖ろしさ、云ふばかりなし。

 此人、大剛(たいかう)の人、勢(いきほ)ひ、濶乎(くはつこ)たる勇士たれども、さらに働くべき樣(やう)もなし。

「さらば許し給へ、重ねては來るまじ。」

と云ふに、かの鐘もなく、もとの山路となる。

 春日明神の示(しめし)にてもあらんか。

 

[やぶちゃん注:「春日明神の示」が梵鐘というのは、神仏習合の蜜月時代が懐かしい。

「また」以前から指摘しているように、本「宿直草」の各篇はその殆んどが確信犯で次にはっきりと連関する形の、連続した直話の夜伽怪奇談話(ばなし)として記されている。この「また」も、本篇は殺生絡みで前話と直に繋がるところを明記するために、かく言ったものであろう。

「鐵砲は三十目、五十目ずはえなり」「ずはえ」の右部分に底本では丸括弧でママ注記が附されてある。確かに意味が解らぬ。「ずはえ」は「すはえ」で「ずわえ」「すばえ」とも表記し、漢字では「楚・楉・杪」などと書くが、これは「木の枝や幹から真っ直ぐに伸び出た若く細い小枝」が原義で、それ使用した「刑罰に用いる笞(むち)・楚(しもと)」の意であるが、鉄砲とは関係がない。「目」は弾丸(鉛製)の重量単位で「匁(もんめ)」(一匁は三・七五グラム)と同じであるから、「三十目」は百十二・五グラム、「五十目」は百八十七・五グラムで、前者で火繩銃自体の口径は二十六・五ミリ、後者は三十三ミリメートル前後か。そもそもが三十匁以上のものは大鉄砲(大筒)の部類である。

「南京」旧平城京。

「三笠山の南、香山(かうぜん)の麓」旧平城京である以上、「三笠山」は三蓋山、則ち、若草山の別名で、「香山(かうぜん)の麓」というのは現在の奈良県橿原市高畑町(若草山の南南西に当たる)ある新薬師寺((グーグル・マップ・データ))の別称香山薬師寺を想起させる。しかも話柄の最後には「春日明神の示(しめし)」とあるのであるから、ここはその新薬師寺の北東にある春日大社を含む丘陵域がロケーションと考えてよい。

「何がな」「がな」は願望を現わす終助詞。「何ぞ、鳥獣の獲物が欲しいものよ。」。

「はうりやうもなき」「方量も無き」であろう。際限もないほど。「重さや大きさを推定することも出来ぬほどに途轍もない」の謂いで採る。

「つゐ來たりて」「つゐ」は接頭語「つい」の表記の誤りと読む。間髪を入れず。

四人の上に被(かづ)かる。

 さて、聲ありて云ふやう、

「また、重ねても來たらんや。是非を答へよ。」

と罵(のゝ)しる。

「濶乎(くはつこ)」「濶」は「人の度量が大きい」の謂いであるから、「確固・確乎」と同義で、しっかりしていて容易に動かされないさまの意。

「働くべき樣もなし」(真っ暗な無限に重い巨大な鐘の中に封じられてしまったために)何の対処のしようも、これ、ない。]

« 宿直草卷四 第五 殺生して神罸當たる事 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「龍の變り種」(その1) »