フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北越奇談 巻之三 玉石 其十七(八ツ花形の古鏡) | トップページ | 北越奇談 巻之三 玉石 其十九(鍾乳石) »

2017/08/22

北越奇談 巻之三 玉石 其十八(毒石=竜骨=スランガステイン)

 

    其十八

 長岡藩中、島(しま)氏(うぢ)の家に祕藏する所、毒石(どくせき)あり。大さ、如ㇾ卵(たまごのごとし)。色、靑黑(せいこく)。蝮蛇(ふくだ)の毒、及び、一切の毒を消(せう)す。其痛む所に石を押當(おしあつ)れば、即(すなはち)、毒を吸盡(すひつく)して癒(いゆ)。其後(そのゝち)、石を以(もつて)、乳汁(にうじう)に浸(ひた)せば、皆、其毒を吐き盡(つく)せり。是、外國の産、その名を忘失(ぼうしつ)す。三島郡島崎(しまさき)村、加右ヱ門(かゑもん)と云へる者、數代(すだい)家に傳へる一塊(いつくわい)の小石(こいし)あり。その名を知らず。只、血を止(とめ)るに妙なり。諸血(しよけつ)、皆、治(ぢ)す。此石を疵口(きづくち)に附(つ)くれば、忽(たちまち)、血、止(とま)り、痛(いたみ)、去(さる)と云へり。

 

[やぶちゃん注:この石は恐らく「スランガステヰン」(オランダ語“slangensteen”(スランガステーン:「蛇の石」の意)である。江戸時代、オランダ人が伝えた薬石の名で、蛇の頭から採取するとされた、黒くて碁石に似た白黒の斑紋を持った石。腫れ物の膿を吸い、毒を消す力を持つとされ、「蛇頂石」「吸毒石」とも呼んだ。所謂、中国の「竜骨」(古代の象やその他何でもかんでも変わった化石は「竜骨」と称した)である。これは私の非常に得意な分野の一品で、既に私は「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」の「龍」の注でマニアックにしてフリーキーに追跡している。かなり長いが、是非、ご覧あれかし。ページ内検索に「須羅牟加湞天」(スランカステンと読む)を入れてお捜しあれ。捜すのが面倒な方は、私のブログの大和本草卷之十四 水蟲 蟲之上 龍骨」をどうぞ(同内容)。結論だけを言っておくと、この「毒石」の成分は、燐酸石灰と少量の炭酸石灰及び稀少の炭素との化合物で、それは即ち、動物の骨を焼いたもの、或いは、古代の動物の化石に他ならない。

「長岡藩」越後国の古志郡全域及び三島郡北東部・蒲原郡西部(現在の新潟県中越地方の北部から下越地方の西部)を治めた藩で、現在の新潟県長岡市・新潟市を支配領域に含む藩であった。藩主は初め、外様の堀氏(八万石)であったが、二年で越後村上に移され(元和四(一六一八)年)、譜代の牧野氏に交替した。

「島氏」不詳。非常に細かいウィキの「越後長岡藩の家臣団には載らない。

「蝮蛇(ふくだ)」言わずもがなであるが、蝮(まむし:有鱗目ヘビ亜目クサリヘビ科マムシ亜科マムシ属ニホンマムシ Gloydius blomhoffii)のこと。

「三島郡島崎(しまさき)村」現在の新潟県長岡市島崎。(グーグル・マップ・データ)。]

« 北越奇談 巻之三 玉石 其十七(八ツ花形の古鏡) | トップページ | 北越奇談 巻之三 玉石 其十九(鍾乳石) »