フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 續妖異博物館 「白猿傳」 | トップページ | 北越奇談 巻之三 玉石 其五(靑石) »

2017/08/16

和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 蜚蠊(あぶらむし)


Aburamusi

あぶらむし 石薑  虛

      茶婆蟲 滑蟲

蜚蠊

      香娘子 負盤

      【和名豆乃無之

フイレン  俗云油蟲】

 

本綱蜚蠊人家壁間竈下極多甚者聚至千百身似蠶蛾

腹背俱赤兩翅能飛喜燈火光其氣甚臭其屎尤甚又好

以清旦食稻花日出則散【蜚蠊行夜蟲此三蟲螽,並呼爲負盤同名而異類】

△按蜚蠊多生古竈間大五六分有翅不能飛但跛行也

 最進赤褐而其氣也色也如油故俗名油蟲夜竄晝出

 甚者數百爲群挾卵於尾行喜飯其所在遺黒屎以

 汚物與蠅同可憎者或有純白者共好着油紙故用古

 傘俟集於裏取棄也易死易活雖躙殺未損頭輙活

[やぶちゃん注:ここに上から下まで縱罫。]

五噐嚙【五木加布里】 是乃油蟲之老者而不甚多但造麹室

 中多有之大一二寸氣色共似油蟲而能飛毎在庖厨

 竄于飯噐中夜則出掠燈火竊食飯粥嚙損飯噐故名

避油蟲法 用青蒿莖葉挿于竃間則絶

 

 

あぶらむし 石薑〔(せつきやう)〕

      虛〔(きよひ)〕

      茶婆蟲〔(さばちゆう)〕

      滑蟲〔(かつちゆう)〕

蜚蠊

      香娘子〔(かうじやうし)〕

      負盤〔(ふばん)〕

フイレン  【和名、「豆乃無之〔(づのむし)〕」。俗に「油蟲」と云ふ。】

 

「本綱」、蜚蠊は人家壁の間、竈(かまど)の下に、極めて多し。甚だしきは、聚〔(あつまり)〕て千百に至る。身は蠶蛾〔(かひこが)〕に似、腹・背、俱に赤し。兩〔(ふた)〕つの翅〔(はね)〕ありて能く飛ぶ。燈火の光を喜び、其の氣(かざ)、甚だ臭〔(くさ)〕し。其の屎(くそ)、尤〔(もつとも)〕甚だし。又、好んで以〔つて〕清旦〔(せいたん)〕にして稻の花を食ふ。日、出るときは、則ち、散ず【「蜚蠊〔(ひれん)〕」・「行夜〔(かうや)〕」・「蟲螽〔(ちゆうしゆう)〕」、此の三蟲、並呼〔(へいこ)〕して「負盤」と爲〔(せ)るも〕、同名にして而〔(しか)も〕異類なり】。

△按ずるに、蜚蠊、多く古き竈の間に生ず。大いさ、五、六分〔(ぶ)〕、翅有りて、能く〔は〕飛ばず。但し、跛(は)ひ行くことや、最も進(はや)し。赤褐にして、其の氣(かざ)や、色や、油のごとし。故に俗に「油蟲」と名づく。夜は竄(かく)れて、晝(〔ひ〕る)、出〔づ〕。甚だしきは、數百、群を爲し、卵を尾に挾(はさ)み行(あり)き、喜して飯を〔(す)〕ふ。其の所在、黒〔き〕屎〔(くそ)〕を遺(の)こす〔を〕以〔つて〕物を汚(けが)す。蠅と同じく憎むべき者なり。或いは純白なる者、有り。共に好〔(よ)〕く油紙〔(あぶらがみ)〕に着〔(つ)〕く。故に古〔き〕傘〔(からかさ)〕を用ひて、裏〔(うち)〕に集まるを俟〔(ま)〕ちて、取り棄つなり。死に易〔(やす)〕く、活(いきかへ)り易し。躙(にじ)り殺すと雖も、未だ頭を損せ〔ずんば〕、輙〔(すなは)〕ち、活〔(いきかへ)れり〕。

[やぶちゃん注:ここに上から下まで縱罫。]

五噐嚙(ごきかぶり)【五木加布里。】 是れ、乃〔(すなは)〕ち油蟲の老する者にして甚だ〔は〕多からず。但し、造麹室(かうじむろ)の中に多く、之れ、有り。大いさ、一、二寸、氣〔(かざ)〕・色〔(いろ)〕共に油蟲に似て、能く飛ぶ。毎〔(つね)〕に庖厨〔(はうちゆう)〕に在りて、飯噐の中に竄(かく)る。夜は則ち出でて、燈火を掠(かす)め、飯〔(めし)〕・粥〔(かゆ)〕を竊(ぬす)み食ひ、飯噐〔(はんき)〕を嚙〔(かじ)り〕損〔(そん)〕す。故に名づく。

油蟲を避くる法 青蒿(せいかう)の莖〔の〕葉を用ひて、竃の間に挿(さ)すときは、則ち、絶ふ。

 

[やぶちゃん注:昆虫綱網翅上目ゴキブリ目 Blattodea に属するもののうち、シロアリ科 Termitidae を除く、多様なゴキブリ類を指す。但し、ウィキの「ゴキブリ」によれば、『カマキリ目と合わせて網翅目(Dictyoptera)を置き、Blattodeaをその下のゴキブリ亜目とする事があるが、その場合、ゴキブリは『シロアリ以外』の『ゴキブリ亜目』となる、とある。大きさこそ異なるが(化石種にはかなり大きものがまま見られる)、彼らは古生代石炭紀に出現し、今日まで実に三億年もの時間を、殆んど、その生理的器官的な構造や形状を変えずにドライヴしてきた、「生きている化石」と称してよい生物である。現生種は熱帯を中心として全世界に約四千種棲息するとされ、その内、本邦では南日本を中心に約五十種ほど(朝比奈(一九九一年)によれば五十二種七亜種)が知られる。世界中に棲息しているゴキブリの個体総数は一兆四千八百五十三億匹ともいわれており(二〇一六年現在の地球上のヒトの個体総数は七十三億人)、日本には二百三十六億匹が棲息するものと推定されている。本邦で一般によく見かける種は(解説は主にウィキの「ゴキブリ」に拠ったが、侵入年代は信頼出来る他の複数のネット記載(学術論文も含む)を検討して述べた)、

ゴキブリ亜目ゴキブリ科ゴキブリ亜科ゴキブリ属ヤマトゴキブリ Periplaneta japonica

日本在来種。本州東部で多く見られ、本来は棲息しなかった北海道にも、近年、南西部に人為的侵入が認められている。体長は二~三センチメートルほどで、はクロゴキブリ(後述)と似るが、は翅が短く、飛翔出来ない。主に森林帯に棲息するが、は人家内にも飛んで来る。寿命は成虫になって百五十日ほど。)

オオゴキブリ亜目チャバネゴキブリ科チャバネゴキブリ亜科チャバネゴキブリ属チャバネゴキブリ Blattella germanica

外来種。体長約一・五センチメートルの小型種。艶のある黄褐色を呈し、胸部に二本の太く黒い帯を有する。全世界の建造物内に広汎に分布するが、比較的、寒さに弱く、人家よりもビルなどの恒常的に温度の安定した場所を好む。飛翔することは出来ない。寿命はヤマトゴキブリと同じく成虫になってからは百五十日ほど。本邦への侵入時期は外来種のゴキブリ類では一番早く、ほぼ江戸中期頃と考えられている。歴史的には「江戸中期」とは概ね慶安四(一六五一)年(第三代将軍徳川家光が没して家綱の治世となった)から延享二(一七四五)年(同年九月二十五日に第八代将軍吉宗が将軍職を長男家重に譲った)を指す。本書「和漢三才圖會」の成立は正徳二(一七一二)年頃であるから、良安の身近にいたかどうかというとなかなか難しいものがある。ただ、良安の評言部の冒頭の記載のゴキブリの記載の体長及びうまく飛べないとするところは本種をやや臭わせるものとは言えるが、或いはそれは、飛翔出来ないヤマトゴキブリのを指しているとも読み取れる【2017年9月18日:追記】なお、誰もが知っている野口雨情作詞で中山晋平作曲の童謡「黄金虫」があるが、近年、この「コガネムシ」は実は真正の「コガネムシ」(鞘翅(コウチュウ)目多食(カブトムシ)亜目コガネムシ下目コガネムシ上科コガネムシ科 Scarabaeidae の属するコガネムシ類の内で金属光沢を有する種群)ではなく、何と! この「チャバネゴキブリ」だという説が出ているが、私は与しない。では何かって? 「金龜子(こがねむし)」の冒頭注の終りをどうぞ!

ゴキブリ属クロゴキブリ Periplaneta fuliginosa

外来種。体長三センチメートルほどで、体は艶のある黒褐色を呈し、関東地方以南の西日本では前のチャバネゴキブリとともに、よく見かけられる種であるが、北日本では少ない。成虫になってからの寿命は約二百日ほど。本邦へは十八世紀前半に南西諸島に上陸したと考えられており、以後、島伝いに分布を北上させたと考えられている。本書「和漢三才圖會」の成立時期から考えて、良安の身近にはいなかったと考えてよい。)

ゴキブリ属ワモンゴキブリ Periplaneta americana

外来種。クロゴキブリに似るがさらに大型で、体長は四センチメートルを越える。全身に色が明るく、胸部に黄色い輪の模様を持つ。極めて活発でよく飛び、攻撃的である。沖縄でよく見られるが、九州以北でも温泉街などの暖かい所に侵入している例が認められている。成虫になってからの寿命は百日から五百日ほどで長生きする部類に属する。以上から、良安の身近にはいない。)

である。以上から考えると、少なくとも良安の叙述はヤマトゴキブリの及びその幼体・脱皮体(後述)及び大型個体と考えておいたほうが無難と思われる。

 良安の記載は、既に江戸時代にして忌み嫌われていた様子がありありと感じられるが、「本草綱目」の「蜚蠊」(蟲部・蟲之三・化生類)では、「氣味」で「鹹、寒、有毒」とし、「辛辣而臭」などと記すものの、「主治」には、

   *

瘀血症堅寒熱、破積聚、喉咽閉、寒無子【「本經」】。通利血脈【「別錄」】。

食之下氣【蘇恭】。

   *

と薬効を記し、「發明」の部にも、

   *

時珍曰、徐之才「藥對」云、「立夏之日、蜚蠊先生、爲人參、茯苓使、主腹中七節、保神守中。則西南夷食之亦有謂也。」。又、「呉普本草」載神農云、「主婦人症堅寒熱、尤爲有。」。

   *

と食用や効能について記してある。現在でも中国では漢方生薬として乾燥させたゴキブリ(主にゴキブリ科ゴキブリ亜科 Eupolyphaga 属シナゴキブリ Eupolyphaga sinensis、又はオオゴキブリ(ブラベルスゴキブリ)科マダラゴキブリ亜科サツマゴキブリ属サツマゴキブリ Opistoplatia orientalis の成虫全個体の乾燥品)を「䗪虫(しゃちゅう)」と呼んで用いている。

 シナゴキブリは中国全土に分布し、クチクラ層が厚く、一見、甲虫のように見え、現地ではスッポン(鼈)に似ているとして「地鼈虫」「土鼈虫」と呼ばれている。

 サツマゴキブリは本邦にも棲息し、ウィキの「ゴキブリ」によれば、四国地方・九州南部(宮崎県・鹿児島県及び熊本県の一部)・南西諸島と伊豆諸島南部(ここは人為分布)に分布するが、近年、本州南部からも発見例があり、分布拡大や定着の可能性がある。人家に侵入することはなく、朽ち木の中や落ち葉・空き地に置かれた古いベニヤ板や石の下を居住空間とする。体長は三センチメートル前後で、体は黒褐色だが、胸部が黄白色を呈し、腹部は赤褐色で縁取られている。翅が鱗状に退化しているため、『見た目は「三葉虫の出来損ない」といった感じであり、裏返した際に見える頭部によりゴキブリであることが分かる』とある。「漢方生薬辞典」のこちらによれば、中国ではごく普通に見られるゴキブリの一種で、まさに薬用として各地で飼育もされているという。先のシナゴキブリと同じように「金辺土鼈」とも呼ばれているという。

 以下、その「漢方生薬辞典」から引くと、『成分にはd-ガラクトサミンなどが含まれ、肝障害抑制作用などが報告されている。漢方では水蛭・虻虫と同様の強い駆瘀血薬のひとつで、活血・化瘀・消癥の効能があり、婦人の無月経や産後の腹痛、腹部腫瘤、打撲傷に用いる』。『産後の腹痛や瘀血による月経閉止には大黄・桃仁と配合する(下瘀血湯)。腹部の腫瘤や無月経、皮膚の甲錯には水蛭・虻虫などと配合する(大黄しゃ虫丸)。骨折や捻挫には骨砕補・続断などと配合する(接骨号方)。ただし、流産の恐れがあるので妊婦には使用しない』とある。他の漢方サイトを見ても、概ね、ここに書かれた効能と同じ内容が書かれてある。但し、本邦ではこれは処方として認められていない。後注「同名にして而〔(しか)も〕異類なり」も参照のこと。

「豆乃無之〔(づのむし)〕」「日本国語大辞典」によれば、「角虫」と漢字を当て、第一義にゴキブリの古名と記し、例として、「本草和名」から、

『蜚蠊〈略〉和名阿久多牟之 一名都乃牟之』

を引く。この「阿久多牟之」は「芥虫」で食べ残しなどを含んだ塵芥中にいる虫の謂いであろう。次に、「和名抄」(二十巻本)から、

『蜚蠊 本草云蜚蠊〈菲廉二音〉一名蠦蜰〈音肥 豆之無之〉』

とある。この「角虫」はゴキブリの長い触角を指しているように思われる

「蠶蛾〔(かひこが)〕」カイコガ科カイコガ亜科カイコガ属カイコガ Bombyx mori

「其の氣(かざ)、甚だ臭〔(くさ)〕し」ゴキブリ類は一般に臭いと言われるが、近年までその彼らが体表から分泌する臭い臭いの成分がなんであるかは知られていなかった。ところが、それは何と! 殺菌作用のあるフェノールやクレゾールであったのである! 衛生害虫として忌み嫌われて彼らは自分自身の身体を消毒して身を守ってきたのあった。だからこそ三億年を生き永らえて来たのだとも言えるのである。なお、序でに彼らの飢餓への生命力の強さも指摘しておくと、研究者の実験では、チャバネゴキブリのケースで、水さえあれば四十五日生きていたという記録があり、何も摂餌をしないでも二週間以上生きられるとされる。ワモンゴキブリのケースでは水のみで九十日間、水も摂餌物も与えなくても約四十日生きたという。これは体内に有する白い液状代謝物である「脂肪体」に窒素や栄養分を蓄えており、水や摂餌物が無くなっても、暫くの間は、その脂肪体を使って生き延びることが出来るのである。

「其の屎(くそ)、尤〔(もつとも)〕甚だし」実際にチャバネゴキブリの糞はかなり臭う。

「好んで以〔つて〕清旦〔(せいたん)〕にして稻の花を食ふ」「旦」は原典は「且」であるが、訓読不能なので、「本草綱目」原典に従って「旦」とした。東洋文庫版現代語訳では、『好んですがすがしい朝に稲の花を食べ』と訳す。しかし、どうもこの「稻の花を食ふ」というのはよく判らぬ。「本草綱目」では「集解」の終りの方に、

   *

羅願云、「此物好以淸旦食稻花、日出則散也。

   *

と出るのだが? 中国のゴキブリは稲の花を摂餌するんだろうか? 識者の御教授を乞う。

「行夜〔(かうや)〕」次項が「行夜」で、和訓を「へひりむし」とする。ここでは甲虫目オサムシ上科ホソクビゴミムシ科 Pheropsophus 属ミイデラゴミムシ Pheropsophus jessoensis に比定しておく。

「蟲螽〔(ちゆうしゆう)〕」東洋文庫訳では割注で『いなご』とする。この七項目後が「𧑉螽」と書いて「いなご」と和訓している。ここでは直翅(バッタ)目バッタ亜目イナゴ科 Catantopidae のイナゴ類としておく。

「此の三蟲、並呼〔(へいこ)〕して「負盤」と爲〔(せ)るも〕」この三種の昆虫を孰れも「負盤」と呼称しているけれども。本書の次項の「行夜」には異名として「負盤」を挙げている。後の「𧑉螽」では異名として「負盤」が挙がっている。次注参照。

「同名にして而〔(しか)も〕異類なり」「本草綱目」では『時珍曰、蜚蠊、行夜、螽三種、西南夷皆食之、混呼爲負盤』となっているから、𧑉螽も負盤と呼び、三種をこの一名で混称していたらしい。ゴキブリを食うというのを良安が出さなかったのは、心情的には理解出来る。ウィキの「ゴキブリ」の「食用・薬用」によれば(注記号を省略した)、『ほぼ全世界(日本、中華人民共和国、ベトナム、タイ王国、ナイジェリア、カメルーン、コンゴ、メキシコ、ブラジル、イギリス)の一部地域もしくは先住民族によって、広く食用として利用されてきた歴史がある。ただし、甲虫類やバッタ類、ハチ類などと比べれば、ゴキブリを食べる地域やその消費量は少ないといえる。清潔な環境下で育成すれば臭みも少なく、種類によっては可食部も大きい。卵鞘も揚げて食べたり酒に漬けたりできる。調理法は食人口の多さから極めて多岐に亘るが、東アジアでは油揚げが一般的である。ゴキブリの唐揚げを食べた人の話によれば、食味はシバエビに似ており、食べられない味ではないとのことだが、少なくとも日本では一般にゲテモノ料理の扱いとされる。またこれらの食べ方は食用種や野生種の話であり、一般家庭の台所などから見つかる個体は有害物質の生物濃縮が進んでいる危険性が高く、食用するのは不適切である。ゴキブリを口にした人間や犬猫は、ゴキブリを中間宿主とする条虫に寄生される場合も有る』。『民間療法では地域ごとに様々な効能が謳われているが、迷信が殆どである。「金匱要略(きんきようりゃく)」によればサツマゴキブリやシナゴキブリの雌は血行促進作用を持つものとして漢方薬の一つに扱われている。また、これらの薬効は日本の薬局方では認められていないが、シナゴキブリの乾燥品は漢方薬として入手が容易である』とある。ただ、この混称を考えると、この時珍の言う、「西南の夷、皆、之れを食ふ」とするのを「螽」(いなご)ととるならば、これはちっともおかしなことではない

「五、六分〔(ぶ)〕」一・五~一・八センチメートル。

「跛(は)ひ行くことや、最も進(はや)し」「這って動くことに関しては、これ、なんともはや! 非常に速い!」で、この「や」は詠嘆の間投助詞である。

「其の氣(かざ)や、色や、油のごとし」この「や」は単に事物を列挙する際に使う副助詞ともとれるが、前の間投助詞の用法が明らかに影響を与えており、「生き物のくせに、その臭いや、色やは、なんとまあ! 油にそっくりなのである!」というニュアンスが伝わってくる。

「竄(かく)れて」隠れて。

「卵を尾に挾(はさ)み行(あり)き」これは恐らく、孵化直前までが堅固な巾着のようなカプセル状の卵鞘(らんしょう)を尾端につけているチャバネゴキブリと思われる。クロゴキブリやヤマトゴキブリなどでは卵鞘ごと直ちに産み落とされるからである。

「喜して飯を〔(す)〕ふ」嬉々として飯を吸い食らう。

「或いは純白なる者、有り」当初、私はてっきりアルビノ(白化)個体のことであろうと思っていたのだが、実はゴキブリは成虫になるまでに七回ほど脱皮をし、しかも、脱皮直後のゴキブリの色は白く、約二十四時間後に変色して黒くなるとあった! 脱皮直後の個体は外敵に弱く、通常は物陰に隠れているためにそうした普通に存在する「白いゴキブリ」を見ることは滅多にないとあったゴキブリ駆除を主とした害虫駆除会社「クックローチ」の優れたゴキブリ解説サイトのこちらに拠った。リンク先には何と! ゴキブリの脱皮動画や白いゴキブリの画像もあるので、クリックはくれぐれも自己責任で!!! しかし、白いそれは確かにあんまり気持ち悪くないかも!?!)。

「油紙〔(あぶらがみ)〕」当時、防水用にひいたのは食用油でもあった荏油(えごまあぶら:シソ目シソ科シソ属エゴマ Perilla frutescens の種子から絞ったもの)や同じく食用の菜種油(アブラナ目アブラナ科アブラナ属ラパ変種アブラナ Brassica rapa var. nippo-oleifera であったから、その塗布した油の臭いを嗅ぎつけてゴキブリが嘗めにきた(或いは和紙ごと齧りにきた)には違いあるまい。

「裏〔(うち)〕」内側。

「俟〔(ま)〕ちて」待って。

「造麹室(かうじむろ)」三字へのルビ。酒・醤油・味醂などの醸造に用いるための麹(こうじ:「糀」とも書く。「醸立(かむたち)」の略である「かむち」の音変化したもの)を作る室(むろ:物を保存・育成するために外気を防ぐように作った部屋)。米・麦・大豆などを蒸して中で寝かせてコウジカビ(ここでは菌界子嚢菌門ユーロチウム菌綱ユーロチウム目マユハキタケ科コウジカビ属 Aspergillus に属する一群の内、ヒト病原性を持たない種群)の菌糸を繁殖生育させたものが「麹」である。

「一、二寸」三~六センチメートル。

「氣・色共に油蟲に似て、能く飛ぶ」有意に大きく、飛ぶ以上は、ヤマトゴキブリのと考えてよかろう。

「庖厨〔(はうちゆう)〕」台所。

「燈火を掠(かす)め」ゴキブリは基本的には負の走光性を持つから、ここの「掠め」は寧ろ、「灯火の光りの射さない暗い箇所を偸むように狙ってこつそりと侵入し」ととった方がしっくりくるように思われる。

「青蒿(せいかう)」キク目キク科キク亜科キク連ヨモギ属カワラニンジンArtemisia apiacea。別名ノニンジン。属名で判る通り、蓬(よもぎ:ヨモギ属変種ヨモギ Artemisia indica var. maximowiczii)の仲間である。現在、本邦にも分布する(西日本の河原の砂地や畑地に多い)が、これは恐らくは中国から薬用として渡来した生体が野生化したものと考えられている。根出葉は叢生し、細裂してニンジンの葉に似ている。茎の高さは一メートル内外に達し、全草に特異な臭いがある(「ブリタニカ国際大百科事典」他に拠る)とあるから、それをゴキブリが忌避する可能性は高い。実際にゴキブリを駆除するのに蓬(よもぎ)がよいとするネット記載が複数確認出来る。]

« 柴田宵曲 續妖異博物館 「白猿傳」 | トップページ | 北越奇談 巻之三 玉石 其五(靑石) »