フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北越奇談 巻之三 玉石 其二十(瑪瑙らしき白石) | トップページ | 北越奇談 巻之三 玉石 其二十二(化石溪・海石) »

2017/08/23

北越奇談 巻之三 玉石 其二十一(蒲萄石)

 

    其二十一

 

 糸魚川より、山中九里(くり)にして、蝋石山(ろうせきざん)あり。山の渡り、三里の間(あいだ)、頂(いたゞき)より谷に至りて、皆、蒲萄石(ぶどうせき)。色、少し柔らかなるが故に、印文(いんぶん)を成すに不ㇾ堪(たへず)と雖も、潤沢ありて可ㇾ愛(あいすべし)。此他の人、是を切取(きりとり)て温石(おんじやく)と成し、諸方に賣(うる)。亦、以(もつて)、香合(かうがう)・肉地(にくち)なんどを作るべし。いまだ此山に遊ばず。恨ら(うらむ)らくは、其(その)上品なる所に訪ね當たらざることを。

 

[やぶちゃん注:「蝋石山(ろうせきざん)」不詳。糸魚川市街地から三十五キロメートル強という謂いと、前の条で同じく「蝋石」(前条の私の注を参照)が出ていることから、前の条で推理した新潟県糸魚川市大平にある放山(ここ(グーグル・マップ・データ))の周辺域と考えてよいように私には思われる。識者の御教授を乞う。

「山の渡り」十二キロメートル弱というのだから、これは山の麓の直径ではなく(であったら、どでかい山で見つからぬはずがない)、山へのアプローチの実動距離のことであろう。

「蒲萄石(ぶどうせき)」葡萄石。古くはこうも書いた。但し、歴史的仮名遣は「ぶだうせき」である。層状珪酸塩鉱物の一つである「プレナイト」(prehnite)のこと。小学館「日本大百科全書」によれば、斜方短柱状、乃至、『菱餅(ひしもち)状の結晶形を示すが、多くは結晶面が湾曲し、さらにそれらが多数集合してブドウ状の球塊をつくる。また塊状、脈状をなす』。『変成した塩基性ないし中性火成岩中に』産する。空隙には、『しばしば淡緑色球状の結晶集合体がみられる。アメリカのニュー・ジャージー州パターソン産のものは世界的に有名』。『日本のおもな産地は島根県松江市美保関(みほのせき)町地区である。英名は、鉱物収集家でオランダの軍人プレーンHendrik von Prehn』(一七三三年~一七八五年)に由来し、和名はその外観に因る、とある。グーグル画像検索「prehniteをリンクさせておく。

「潤沢」しっとりとして艶(つや)や潤いがあること。

「印文(いんぶん)を成す」印材として文字を彫る。

「温石(おんじやく)」焼き石。焼いた石を綿や紙などで包んだもので、冬に体を暖めるのに使った。

「香合(かうがう)」歴史的仮名遣は「かうがふ」が正しく、「香盒」(現代仮名遣:こうごう)と同じい。香箱(こうばこ)。香を入れる蓋の附いた小さな容器。中・上流階級の持ち物。

「肉地(にくち)」普通は「肉池」だが、違和感はない。朱肉を入れる容器。肉入れ。印池(いんち)とも称する。]

« 北越奇談 巻之三 玉石 其二十(瑪瑙らしき白石) | トップページ | 北越奇談 巻之三 玉石 其二十二(化石溪・海石) »