フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 岩波文庫ニ我ガ名ト此ノぶろぐノ名ノ記サレシ語(コト) | トップページ | 北越奇談 巻之四 怪談 其二(天狗その二) »

2017/08/24

北越奇談 巻之四 怪談

 

北越奇談巻之四

 

        北越 崑崙橘茂世述

        東都 柳亭種彦挍合

 

    怪談

 

 蒲原郡(かんばらごほり)瀧谷村(たきやぬら)、慈光寺(じくはうじ)と云へるは、村落(むらざと)と離れ、山林に入る事、一里、松・杉、千年の古木、鬱々として、誠に世外(せぐはい)の幽境なり。

 元弘の頃、楠正五郎(くすのきまさごらう)、入道して、此寺に寂す。今に正成の鎧、直筆の書簡などありて什藏(じうざう)とす。

 又、時ありて、佛法僧、鳥慈悲心鳥(てうじひしんてう)の啼けるを聞く事、山僧・樵夫、常となせるのみ。

 此山、殊に、天狗、甚(はなはだ)、多し。他方の者、寄宿する時は樣々(さまざま)の怪異をなして、人を驚かす。

 一年(ひとゝせ)、六月の半ばなりし。寺僧、皆、出(いで)て、僕童一人、留守を守り、徒然なる折りしも、髮長く生(はへ)たる旅僧(りよそう)一人來り、暫く休居(やすみゐ)て僕に向(むかつ)て云へるは、

「今日、祇園の祭事なり。汝、見んことを欲(ほつす)や否(いなや)。」

と。僕の曰(いはく)、

「願(ねがは)くは、見んことを思ひども、不ㇾ能(あたはず)。」

 旅僧、即(すなはち)、僕を伴ふて去る。

 忽(たちまち)、數千(すせん)の群衆、陌(ちまた)に滿ち、金鼓(きんこ)、耳に喧(かまびす)しく、錦繡(きんしう)、目に燦然として、終日、不ㇾ厭(いとはず)。暮に及んで、旅僧、伴ひ歸らんとす。即、一ツの菓子屋に至り、干葉(かんくは)一箱を求め、瞬(またゝき)のうちに寺に歸ると見へしが、旅僧、忽、不ㇾ見(みへず)。

 人々怪しみ、是を見るに、京二條通菓子屋某(それがし)の印(しるし)あり。

 又、大工・木挽(こびき)なんど、偶(たまたま)天狗の噂事(うはさごと)云へる時は、忽、其人の衣服なんど持ち去りて、高き杉の梢に掛く。これを如何ともすることなし。即、堂頭に詫(わ)び、給はんことを請ふ。

 爰(こゝ)に和尚、袈裟を掛け、其杉の下(もと)に到り、空に向かつて曰(いはく)、

「又、惡戲事(いたづらごと)を成せるものかな。早く、衣服を主(ぬし)に返さるべし。」

と。

 即、其衣服、風に隨(したがつ)て地に落(おつ)。

 如ㇾ此(かくのごとき)怪戲(くはいけ)、日々(ひゞ)にして、一々(いちいち)擧げて云ふべからず。

 

[やぶちゃん注:遂に「怪談」パートに入る。読み易さを考えて、以下、改行を自在に施すこととする。

「蒲原郡(かんばらごほり)瀧谷村(たきやぬら)、慈光寺(じくはうじ)」現在の新潟県五泉市蛭野にある曹洞宗明白山慈光寺。ここ(グーグル・マップ・データ)。同寺公式サイトのこちらによれば、時の守護職『神戸太郎最重が室町時代初期』の応永一〇(一四〇三)年頃に、現在の村上市門前にある『耕雲寺の傑堂能勝禅師の道風を慕い、師を勧請して中興の祖となし、爾来、禅刹として再興』されたとあり、この開山『傑堂能勝禅師は、南北朝時代、後醍醐天皇を支えた楠木正成の直孫と伝えられる。早くから祖父・正成の意志を継いで、南朝の再興を願い、一族と共に良く奮戦』したが、二十五『歳の時、相手方の弓矢により足を痛め』、その『治療の折、仏典を読』んで、『戦国乱世の虚しさを感じ、諸方に多くの禅匠を参じた後、越前・龍沢寺の梅山聞本禅師の会下に投じ、禅の奥義を究めたといわれている』。後、数次の火災を受け、また、天文年間(一五三二年~一五五四年)に『於ける国内騒乱は、寺領の大半を武人によって侵掠され、伽藍も荒廃に委せ』『法運の衰微、はなはなだしく悲境に陥る。その後、村上藩主・堀丹後守直嵜公が中興開基として寺門を再興、また村松歴代藩主の帰崇、さらに曹洞宗中興の祖といわれる小浜・空印寺面山瑞芳禅師の上足・衡田租量禅師の晋住により法筵、再び繁栄』し、『多くの修行僧が各地より集まり、面目を一新す。その後、奥義を得た修行僧は各地に於いてめざましい活躍を』した、とある。

「楠正五郎(くすのきまさごらう)」楠木正成の嫡男正行(まさつら)の実子とされ、出家し、それが先の注の傑堂能勝と同一人物とされる。野島出版脚注に『楠正行の妻は内藤宮内の娘であった。宮内は後に高師直の方に随ったので、正行は妻をを離別した』が、当時、『懐妊していた娘が男子を生んだので、池田兵庫助が之を養子とし、後』、『仙見村五剣谷萩城主神戸備中守の聟となって神戸太郎原茂と改名した。これが楠正五郎である。正五郎は、後に出家して傑堂と云った』とある。

「正成の鎧」公式サイトには記載がないが、こちらには現在も同寺に『楠正成の所用という鎧が所蔵されている』とある。

「直筆の書簡」野島出版脚注に『伝えられる文面は次の如くである』として載るものを、以下に正字化して示す。字空けはママ。

   *

猶々此卷衣 從ㇾ君拜受 具足從祖父我等迄 著古候得共 長代之送形見候以上 此度 隼人 差越事非別儀 我等最後近々覺候 貴殿 成長の器量 見屆度候得共 義重處更難ㇾ遁 勤學無ㇾ怠 成長之後 我等心中 可ㇾ被ㇾ察候 謹言

 建武三年正月二十日 兵衞正成

   楠正五郎殿

   *

注には続けて『「吉野拾遺」巻三には、これと大同小異の文面があり、日付が建武二年五月となっている』とある。「建武三年正月二十日」は一三三六年三月十一日。因みに、楠木正成が湊川の戦いで自害したは延元元/建武三年五月二十五日である。この書簡が同寺に現存するかどうかは不明であるが、昭和七(一九三二)年発行の「新潟県史跡名勝天然記念物調査報告」(国立国会図書館デジタルコレクションの画像でから四コマで視認出来る)によれば、この書状はあると記されている。但し、偽物と断じている。

「什藏(じうざう)」この「什」は元の「器」の意ではなく、「什物」(じゅうもつ)で「代々伝わっている秘蔵の宝・什宝」の意。

「佛法僧」この場合は〈声のブッポウソウ〉でフクロウ目フクロウ科コノハズク属コノハズク Otus scops(本邦では北海道・本州北部では夏鳥であるが、本州南部では留鳥である)。本邦では永く、渡り鳥で夏鳥のブッポウソウ目ブッポウソウ科 Eurystomus 属ブッポウソウ Eurystomus orientalis の鳴き声と誤認され続けてきたので、この場合も崑崙のイメージする姿はそちらウィキの「ブッポウソウ」(非常に美しい色と姿をしておりその画像もリンク先に有る。なお、哲人のようなコノハズクの方はウィキの「コノハズク」でその姿を確認されたい)によれば、この誤認が解消されるのは実に昭和一〇(一九三五)年のことで、『森の中で夜間「ブッ・ポウ・ソウ」と聞こえ、仏・法・僧の三宝を象徴するとされた鳥の鳴き声がこの鳥の声であると信じられてきたため、この名が付けられた。しかし、実際のブッポウソウをよく観察しても「ゲッゲッゲッ」といった汚く濁った音の鳴き声』しか発せず、件(くだん)『の鳴き声を直接発することが確認できないため、声のブッポウソウの正体は長く謎とされた』。『結局のところ、この鳴き声の主はフクロウ目のコノハズクであり、このことが明らかになったのはラジオ放送が契機となった』。昭和十年六月七日、『日本放送協会名古屋中央放送局(現在のNHK名古屋放送局)は愛知県南設楽郡鳳来寺村(現在の新城市)の鳳来寺山で「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴く鳥の鳴き声の実況中継を全国放送で行った』が、『その放送を聞き、鳴き声の主を探した者が』、同年六月十二日に『山梨県神座山で、「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴く鳥を撃ち落とした』。その結果、その『声の主がコノハズクであることが分かった』。『時を同じくし』て、『放送を聴いていた人の中から「うちの飼っている鳥と同じ鳴き声をする」という人がでてきた』。放送から僅か三日後の六月十日、『その飼っている鳥を鳥類学者黒田長禮が借り受け見せてもらうと』、『その鳥はコノハズクであり、山梨県神座山で撃ち落とされたのと同日である』六月十二日の『早朝に、この鳥が「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴くところを確認した』。『そのコノハズクは東京・浅草の傘店で飼われていたもので、生放送中、ラジオから聴こえてきた鳴き声に誘われて同じように鳴き出したという』。『この二つの事柄が』、『その後に行われた日本鳥学会で発表され、長年の謎だった鳴き声「ブッ・ポウ・ソウ」の主はコノハズクだということが初めて判明した』という驚きの事実が記されてある。真正のブッポウソウの鳴き声はで、コノハズクの「仏法僧」という鳴き声はで聴ける(孰れも「You Tube」へのリンク)。

「鳥慈悲心鳥(てうじひしんてう)」カッコウ目カッコウ科カッコウ属ジュウイチ Cuculus fugax の鳴き声からの異名。画像はウィキの「ジュウイチで。鳴き声はこちら(これも「You Tube」へのリンク)。渡り鳥で夏鳥。

「祇園の祭事」京の八坂神社(祇園社)の祭礼である祇園祭(明治までは「祇園御霊会(御霊会)」と呼ばれた)。旧暦六月に行われていた。なお、こうした僻村の者が天狗に誘われて祇園祭や都の法会を見るという伝承や怪談は枚挙に遑がない。

「陌(ちまた)」巷。巷間。市井。「陌」には「街路・町」の意がある。

「金鼓(きんこ)」摺り鉦や太鼓。摺り鉦は「コンチキチン」で知られる、祇園囃子で一番大きな特徴を作る楽器。

「錦繡(きんしう)」祇園祭の山鉾を飾る錦の織物のことを指していよう。

「不ㇾ厭(いとはず)」飽きない。

「高き杉」個人サイト「全国巨樹探訪記」のに新潟県指定天然記念物の慈光寺の杉が載る。そのデータによれば、樹高四十メートルで目通り幹囲十・九メートル。推定樹齢三百年以上とある。]

« 岩波文庫ニ我ガ名ト此ノぶろぐノ名ノ記サレシ語(コト) | トップページ | 北越奇談 巻之四 怪談 其二(天狗その二) »