フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 蚋子(ぶと) | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 ※蠓(まくなぎ) 附 蠁子(さし) »

2017/09/20

和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 竹蝨(やぶじらみ)


Yabujirami

やぶじらみ 竹佛子

      天厭子

竹蝨

      【俗云 藪蝨】

チヨ スヱツ

 

本綱生竹及草木上初生如粉點久能動百千成簇形大

如蝨蒼灰色或云濕熱氣化或云蟲卵所化

 

 

やぶじらみ 竹佛子

      天厭子

竹蝨

      【俗に「藪蝨」と云ふ。】

チヨ スヱツ

 

「本綱」、竹及び草木の上に生ず。初生、粉を點ずるかごとく、久しくして能く動き、百千、簇〔(むれ)〕を成す。形ち、大きく、蝨〔(しらみ)〕のごとく、蒼灰色。或いは云ふ、濕熱の氣化、或いは云ふ、蟲の卵の化する所なり。

 

[やぶちゃん注:極めて小さいこと、爆発的な繁殖力を有することから見て、節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目ケダニ亜目ハダニ上科 Prostigmata 或いはその下位のハダニ科 Tetranychidae に属する種と思われる(ハダニ上科には他にヒメハダニ科 Tenuipalpidae とケナガハダニ科 Tuckerellidae がある)。ただ、こうした植物摂餌性のハダニ類は多くが摂餌対象植物を特化しており、挿絵が竹の葉に附着したそれを描いており、本文もまず「竹」とするのが気になり、調べて見たところ、ハダニ科ナミハダニ亜科ナミハダニ族 Tetranychini にスゴモリハダニ属 Stigmaeopsisがあり、そこにササ・タケ類を食害する「タケスゴモリハダニ」なる種を見出せた(但し、学術論文を縦覧すると、分類学上、ここに属させて Stigmaeopsis celarius とする記載と、新属としてタケスゴモリハダニ属タケスゴモリハダニ Schizotetranychus celarius とする二様の記載が見出せた)。さらに「日本応用動物昆虫学会」の運営する「むしコラ」の斉藤裕氏の福建省タケ害虫問題の顛末を読むと、学名は不明ながら、高級竹材である孟宗竹を枯死させる到る種としてナンキンスゴモリハダニ・イトマキハダニ(これは恐らくは現在、「イトマキヒラタハダニ」に改称されたナミハダニ亜科ヒロハダニ族ヒラハダニ属イトマキヒラタハダニ Aponychus corpuzae)及びタケトリハダニ、さらにハダニ類に近縁のフシダニの名が挙げられてある。ただ、やや気になるのは「蒼灰色」とある体色であるが、ウィキの「ハダニには、『ハダニ類の体色には黄色、黄緑、赤、橙など様々な色のものがある。また、食物の摂取状態や季節によっても色が変わり、見た目が全く異なることがある』とあるから、青みを帯びた灰色もアリか。]

« 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 蚋子(ぶと) | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 ※蠓(まくなぎ) 附 蠁子(さし) »