フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老媼茶話 宣室志(柳将軍) | トップページ | 老媼茶話 酉陽雜俎曰(ナゾの殺人生物出現!) »

2017/09/24

老媼茶話 潜確居類書曰(布団の下の阿房宮賦を詠ずる声)

 

     潛確居類書曰

 

 揚州の蘇陰といふ人、夜日、ふして聞(きく)は、我被(フスマ)の下にて數人有(ありて、ひとしく阿房宮の賦をとなうる聲、甚た急に、ほそし。被(フスマ)をひらいて是をみれは、化(け)の物、なし。只、蝨(シラミ)數拾(すうじふ)を得たり。其大(おほい)豆のことし。是を殺して、其後(そののち)に聲を、きかす。

 

[やぶちゃん注:この話、私は一読、怪異ではなく、偏愛する絵巻「病草紙」の、精神病の一種か、熱性マラリアによる幻覚かと思われる〈小法師の幻覚を見る男〉を思い出した。同図の添書きを示す(句読点を附した)。

   *

なかごろ、持病もちたるおとこ、ありけり。やまひ、おこらむとては、たけ四、五寸ばかりある法師の、かみきぬきたる、あまたつれだちて、まくらにあり、と、みえけり。

   *

この蘇陰なる人物もそうした病者ではなかったか? 「夜」だけでなく、昼間も寝ていることがあるという意味かと思われる「日夜」にそれを強く感じた。

「潜確居類書」「潛確類書」とも。明代の学者陳仁錫(ちんじんしゃく 一五八一年~一六三六年)が編纂した類書(百科事典)。但し、中文サイトで多様な検索を試みたが、同書内には当該文を見出せなかった。しかし、「中國哲學書電子化計劃」で「仙雜記」なる書の「卷七」中に、「淸異志」からの引用として、

   *

虱念阿房宮賦揚州蘇隱、夜臥、聞被下有數人齋念「阿房宮賦」、聲緊而小。急開被、視之無他物。惟得虱十餘、其大如豆、殺之卽止。

   *

を見出せた。「雲仙雜記」は唐の馮贄(ひょうし)撰。「淸異志」は不詳。唐から五代にかけての小説集で陶穀の撰になる「淸異錄」のことかと思ったが、違う。識者の御教授を乞う。

「夜日、ふして」「夜日」読み不詳。「やじつ」か「よるひる」と「日」に当て訓するか。「夜を日に継ぐ」の謂いで、昼夜の別なく、橫になると必ず、の謂いではあろう。

「被(フスマ)」「衾(ふすま)」。夜具。蒲団。ここは敷布団。

「阿房宮の賦」晩唐の名詩人杜牧(八〇三年~八五三年)の名作。原田俊介氏のサイトのこちらに原文及び阿房宮(始皇帝が建てようとした大宮殿で、咸陽の東南、渭河を越えた現在の陝西省西安市西方の阿房村に遺跡が残る。始皇帝の死後も工事が続いたが、秦の滅亡によって未完のままに終わった)の解説(ウィキの「宮」への嵌め込みリンク。前の解説もそれを用いた)や現代語訳もある。

「甚た急に、ほそし」「甚だ急に(にして)細し」。非常に速い調子で詠み、しかも非常に小さな声である。]

« 老媼茶話 宣室志(柳将軍) | トップページ | 老媼茶話 酉陽雜俎曰(ナゾの殺人生物出現!) »