フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老媼茶話 酉陽雜俎曰(ナゾの殺人生物出現!) | トップページ | 老媼茶話 二程全書十九(人、石となる) »

2017/09/24

老媼茶話 茅亭客話(虎の災難)

 

     茅亭客話

 

 虎、酒に醉たる人を傷(やぶ)らす。

 この頃、ひとりの村夫、有。市に出て醉(ゑひ)て歸るとて、きしに望みて醉(ゑひ)ふしたり。虎あり、來つて、是をかぐ。とらの髭、たまたま、醉てふしたるものゝはなのうちへ入る。醉(ゑふ)者、大きに噴嚔(フンテイ/クサメ)す。虎、思ひかけされは、おとろきて、ふみはつし、岸より落(おち)て死ゝけり、となり。

 

[やぶちゃん注:「茅亭客話」(ぼうていかくわ)は、黄休復なる人物が、五代から宋の初め頃にかけての四川の出来事を記したもので、全十巻。以上は、同書の巻八の掉尾にある以下の「李吹口」の最後の部分(下線太字で示した)である。

   *

永康軍太平興國中虎暴失蹤、誤入市。市人千餘叫譟逐之。虎爲人逼弭耳、矚目而坐、或一怒則跳身咆哮。市人皆顛沛。長吏追善捕獵者。李吹口失其名、衆雲李吹口至矣、虎聞忙然竄入市屋下匿身。李遂以戟刺之、仍以短刃刺虎心、前取血升餘、飲之。休復雍熙二年成都遇李、因問、「向來飲虎血何也。」。李云、「飮其血以壯吾誌也。」。又云、「虎有威、如乙字、長三寸許、在脅兩傍皮下。取得佩之、臨官而能威衆、無官、佩之無憎疾者。凡虎視隻以一目放光、一目看物。獵人捕得、記其頭藉之處、須至月黑、掘之尺餘、方得如石子色琥珀狀、此是虎目精魄、淪入地而成。「琥珀」之稱因此、主療小兒驚癇之疾。凡虎鬚拔得者將劄牙、無復疼痛。凡虎傷者、人衣服器杖乃至巾鞋皆摺疊置於地上、倮而復僵。蓋虎能役使所殺者人魂也。凡爲虎傷死及溺水死者、魂曰倀鬼。凡月暈虎必交也。凡虎食狗必醉。狗、虎之酒也。凡虎不傷醉人頭。有一村夫入市醉歸、臨崖而睡、有虎來嗅之、虎鬚偶入醉者鼻中、醉者大噴啑、其聲且震、虎驚躍落崖而斃。此事皆聞李吹口者。

 

この直前部、「犬を喰らうと虎は必ず酔う。犬は、虎にとっての酒である」とあるのが面白い。

「傷(やぶ)らす」「傷らず」で、傷つけることはない、の意である。原文を見よ。]

 

« 老媼茶話 酉陽雜俎曰(ナゾの殺人生物出現!) | トップページ | 老媼茶話 二程全書十九(人、石となる) »