フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 松蟲 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 鑣蟲(くつわむし) »

2017/09/17

和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 金鐘蟲(すずむし)


Suzumusi

すゝむし 金鐘蟲

     月鈴兒

金鐘蟲

     【俗云鈴蟲】

 

△按此亦蟋蟀之類眞黒似松蟲而首小尻大脊窄腹黃

 白色夜鳴聲如振鈴言里里林里里林其優美不劣於

 松蟲

    【夫木】 振立てならし㒵にて聞ゆなる神樂の𦊆の鈴虫のこゑ 範光

 

 

すゞむし 金鐘蟲

     月鈴兒

金鐘蟲

     【俗に「鈴蟲」と云ふ。】

 

△按ずるに、此れも亦、蟋蟀(こほろぎ)の類。眞黒なり。松蟲に似て、首、小さく、尻、大きく、脊、窄(すぼ)く、腹、黃白色なり。夜鳴く聲、鈴を振るがごとく、「里里林〔(りりりん)〕、里里林」と言ふ。其の優美(やさし)さ、松蟲に劣らず。

【「夫木」】 振り立〔て〕てならし㒵〔(かほ)〕にぞ聞ゆなる神樂〔(かぐら)〕の𦊆〔(をか)〕の鈴虫のこゑ 範光

[やぶちゃん注:和歌の上句中七は原典は前の通り、「ならし㒵にて」であるが、「夫木和歌抄」(「巻十四」の「秋五」)を調べると、「に」ではなく「ぞ」が正しいので、訓読文では特異的に訂した。]

 

[やぶちゃん注:直翅(バッタ)目剣弁(キリギリス)亜目コオロギ科 Homoeogryllus 属スズムシ Homoeogryllus japonicus

 コオロギ上科コオロギ科 Xenogryllus 属マツムシ Xenogryllus marmoratus との逆転説についてはこれを私は採らない詳細は前項「松蟲」の私の冒頭注を必ず参照されたい

 

「窄(すぼ)く」すぼまって細い。先の方に向かって細くなっているさま。

「腹、黃白色なり」スズムシの翅の下の腹部の上面は黄白色に見える。

「振り立ててならし㒵〔(かほ)〕にぞ聞ゆなる神樂〔(かぐら)〕の𦊆〔(をか)〕の鈴虫のこゑ」読み易く整序すると、

 

 振り立ててならし顏にぞ聞こゆなる神樂の岡の鈴蟲の聲

 

で、「神樂〔(かぐら)〕の𦊆〔(をか)〕」は地名で神楽岡(かぐらおか)。京都市左京区南部の、吉田神社の東方直近にある吉田山(標高百五メートル)の古称である。ここ(グーグル・マップ・データ)。「ならし顏」というのは恐らく「狎(馴・慣)らし顏」で、「狎れ過ぎて相手を侮る・横柄になる」の意の「ならす」を形容詞風にして顏と結合させた名詞で、鈴虫が沢山、遠慮せずに五月蠅い程に(これ見よ(聴け)勝ちに)鳴き立てている様子を指しているものと私は読む。さらにこの歌、「振り立てて」「ならし」(鳴らし)「聞こゆ」「神樂」「鈴」が縁語である上に、「鈴蟲」の「鈴」を山名の「神樂」から実際の神楽舞(かぐらまい)を舞う際に巫女が手に持って振り鳴らす巫女「鈴」・神楽「鈴」に掛けてもあるのであろう。但し、技巧に過ぎていい感じはしない。

「範光」藤原範光(仁平四(一一五四)年~建暦三(一二一三)年)は公卿。従二位権中納言・民部卿・東宮権大夫。]

« 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 松蟲 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 鑣蟲(くつわむし) »