フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北越奇談 巻之五 怪談 其八(霊の訪れ その二) | トップページ | 北越奇談 巻之五 怪談 其十(霊の訪れ その四) »

2017/09/01

北越奇談 巻之五 怪談 其九(霊の訪れ その三)

 

    其九(く)

 

Hebi

 

[やぶちゃん注:北斎画。キャプションは「小女の夢 蛇と化して 衆人を驚かす」。「小女」は「こむすめ」と読んでおく。「夢」の「」は「魂」の異体字で「むこん」。因みに、野島出版版のカバーはこれを着彩したものを使用している。この野島出版社(新潟県三条市)版(私の所持するものは平成二(一九九〇)年発行の第五版)は新書サイズで九百五十円(税込)で、当時(結婚三ヶ月後で、買ったのは、今はない鎌倉小町通りの本屋の地方出版物の棚の隅であったことを妙に覚えている)、いい買い物をしたと歓喜雀躍したものだったが、ネットで調べてみると、どうも今は手に入らぬらしい。実に惜しい気がする。

 

 地藏堂、何某の娘、久しく病(やみ)て不ㇾ起(たゝず)。

 近隣・友の娘どち、春の事始めとて、大勢、相招(あひまねき)て、料理など振舞(ふるまひ)けるに、かの娘も其使(つかひ)を得て、頻りに行(ゆか)んことを欲(ほつす)れども、

「病中なれば。」

とて、父母(ふぼ)、これを許さず。

 かの娘、泣(なき)て不ㇾ止(やまず)。終(つゐ)に眠れり。

 扨、振舞の家には大勢の女、老若(らうにやく)うち交(まじり)て、或は謠ひ、或は踊(おどり)、琴よ、三味線(さみせん)よ、と笑ひさゞめきけるに、忽(たちまち)、家(いへ)、

「ひし。」

と鳴渡(なりわた)りて、二階の上より、大一尺周(まは)りほどならん、黄(き)なる蛇の、頭(かしら)、長く、さし出(いだ)せり。

 女共、大に驚き、

ッ。」

叫び、立騷(たちさはぐ)にぞ、人々、

「何事なるや。」

と騷動するに、其蛇、已に去(さつ)て見へず。

「是(これ)、如何なる怪事ならん。」

と、其夜の興は止(やみ)にけり。

 扨、彼(か)の病(やめ)る娘、翌朝(よくちやう)、人に談(かたつ)て云(いはく)、

「我、昨夜、夢に振舞の家に行きて見れば、あまり、座敷の賑(にぎやか)なる音せし故、竊(ひそか)にさし覗きたれば、皆の衆が立騷ぎ給へる故、終(つゐ)、面白き夢の覺(さめ)たり。」

と物語れり。

 

[やぶちゃん注:「地藏堂」複数回既出で既注。現在の新潟県燕市中央地蔵堂である(ここ(グーグル・マップ・データ))。

「春の事始め」古く東国で陰暦二月八日に農事等の最初の雑事を始めることを祝って行なった「御事始(おことはじ)め」のことであろう。]

« 北越奇談 巻之五 怪談 其八(霊の訪れ その二) | トップページ | 北越奇談 巻之五 怪談 其十(霊の訪れ その四) »