フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 守瓜(うりばえ) | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十四 濕生類 蟾蜍(ひきがへる) »

2017/09/21

和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 菊虎(きくすい) / 第五十三 化生類~了

Kikusui

きくすひ

菊虎

       【木久須比】

キヨツ フウ

 

△按菊虎農政全書云喜食菊葉小蟲也蓋淸明以後出

 食嫩葉如不防則喰盡矣芒種後無之其蟲大二分許

 黒色頸邊畧黃而最美也其來也必二隻若其雌雄者

 矣聞人音則速飛去故早旦潜窺視可捕去之或夜提

 燈取之常則竄于根下土不見

 

 

きくすひ

菊虎

       【「木久須比」。】

キヨツ フウ

 

△按ずるに、菊虎、「農政全書」に云はく、喜びて菊の葉を食ふ小蟲なり。蓋し、淸明の以後、出でて、嫩(わか)葉を食ふ。如〔(も)〕し防(ふせ)がざれば、則ち、喰〔らひ〕盡くす。芒種の後、之れ、無し。其の蟲、大いさ、二分許り。黒色、頸の邊〔り〕、畧〔(ほ)〕ぼ黃にして、最も美なり。其の來るや、必ず、二隻。若〔(も)〕し〔や〕、其れ、雌雄なる者か。人音を聞けば、則ち、速かに飛び去る。故に、早旦、潜かに窺〔ひ〕視て、之れを捕〔り〕去るべし。或いは、夜、燈を提〔(さ)〕げて之れを取る。常は、則ち、根の下の土に竄〔(かく)〕れて見へず。

 

[やぶちゃん注:コメツキムシ上科ジョウカイボン科 Cantharidae のジョウカイボン類(但し、次のジョウカイボン以外は「ボン」を和名から外す)か、本邦産の一般種であるジョウカイボン属ジョウカイボン Athemus suturellus のことを指しているように思われる。ウィキの「ジョウカイボン科」によれば、『ジョウカイボン科の昆虫は、細長い体に糸状の長い触角を持ち、見かけではカミキリムシ科』(多食亜目ハムシ上科カミキリムシ科 Cerambycidae)『の昆虫に』、或いは、寧ろ、『カミキリモドキ科』(多食亜目カミキリモドキ科 Oedemeridae)『の昆虫に似ている。しかし分類的にはそれらとは遠く、ホタル科などとともにホタル上科に属する。この群は甲虫としては非常に柔らかな体をしている』(私は上の分類はこれに従っていない)。『食性は肉食で、成虫、幼虫ともに小型の昆虫などを捕食している。成虫は草の上や花などに見られることが多く、幼虫は地上性』。この和名の『意味、由来については不明である』。『英名はSolider beetle であるが、これはイギリスの軍服に似た色彩(赤・黄色・黒)の種にちなんでとのこと』。『小型から中型の甲虫で、小さいものは三ミリメートル程度から、二センチメートル『を越えるものまである』。『全体に細長く、腹背にやや扁平ながら、ほぼ円筒形のプロポーションである。全体に柔らかく、特に前翅が柔らかい』。『頭部は前胸に比べて狭くなく、その点で頭部の幅が狭く、往々に前胸に隠れるホタル科やベニボタル科とは異なる。触角は糸状で細長いものが多い。大顎は鋭く噛む形で、上唇は薄くて認めがたい』。『前翅は基部が特に幅広くなく、ほぼ同じ幅で伸びる。ただし、一部の種では退化して短くなる』。『幼虫はやや腹背に扁平なイモムシ状、胸部に三対の短い歩脚を持つ。体表はビロード状で、頭部は幅広く、短い触角と頑丈な顎を持つ』。『胸部と腹部はキチン化が弱く、柔らかい』。『成虫は花や葉の上に見られ、小型の昆虫などを捕食する。特に一部の種は花によく見られ、花粉等も食べる』とあるから、菊に好んで飛来する種もあっておかしくはない(下線やぶちゃん)。鈴木雅大氏のサイト「生きもの好きの語る自然誌」のジョウカイボン Athemus suturellus のページによれば(冒頭の分類はこちらを採用させて戴いた)、ウィキが不明とする和名について(コンマを読点に代えた)、『「ジョウカイボン」という珍妙な名前は、平清盛の法名である「浄海」に由来し、「坊」をボンと呼んだという説が知られています。平清盛が熱病で死去したのと、触れると炎症を起こすカミキリモドキの毒とをかけたもので、本種をカミキリモドキと混同したため、このような名前になったということです。本種はカミキリモドキのような毒を分泌することはありません。定説では無いので,真偽の程は分かりませんが,比較的納得のいく仮説だと思います』とある。カミキリモドキ類は前に示した、ヒトの皮膚や粘膜に炎症を起こす毒物カンタリジンを分泌する種が含まれる。

 

「農政全書」明の暦数学者として知られた徐光啓(一五六二年~一六三三年)によって纏められた農書。ウィキの「農政全書」によれば、『農業のみでなく、製糸・棉業・水利などについても扱っている。当時の明は、イエズス会の宣教師が来訪するなど、西洋世界との交流が盛んになっていたほか、スペイン商人の仲介でアメリカ大陸の物産も流入していた。こうしたことを反映して、農政全書ではアメリカ大陸から伝来したさつまいもについて詳細な記述があるほか、西洋(インド洋の西、オスマン帝国)技術を踏まえた水利についての言及もなされている』。刊行は彼の死後六年後の一六三九年である。

「淸明」二十四節気の第五で、旧暦の二月後半から三月前半。太陽暦では四月五日頃に当たる。期間としては次の「穀雨」(太陽暦で四月二十二日頃)前までとなる。

「芒種」二十四節気の第九で、旧暦四月後半から五月前半。太陽暦では六月六日頃に当たる。期間としては次の「夏至」(太陽暦で六月二十一日頃)前まで。

「其の來るや、必ず、二隻。若〔(も)〕し〔や〕、其れ、雌雄なる者か」これは非常に気になる。何故なら、本種の中には、前に示した通り、カンタリジンを含む別種とよく形状が似ているものが含まれるからで、何度も述べた通り、類感的援用によって、本種も二匹いればそれは雌雄、さすれば、そこには催淫性の呪力や媚薬効果があるなどとと考えられたのではないかと、強く疑うからである。]

« 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 守瓜(うりばえ) | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十四 濕生類 蟾蜍(ひきがへる) »