フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 金鐘蟲(すずむし) | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 吉丁蟲(たまむし) »

2017/09/17

和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 鑣蟲(くつわむし)


Utuwamusi

くつわむし 轡蟲【俗字】

      【正字未考】

鑣蟲【音標】

 

△按此蟲莎雞之類翅青腹黃色前脚長疾走跳毎出入

 於穴故多難獲秋鳴聲似馬鑣音因以名之蓋松蟲鈴

 蟲鑣蟲等世賞之而本草不載之唯羅山文集云一蟲

 號轡大無幾誰知鞭策是蒲葦恰似蒼蠅附驥來但在

 口吻不在尾【夫木】駒とめて梺ののへを尋ぬれはをくらにすたくくつわ虫哉 匡房

 

 

くつわむし 轡蟲【俗字。】

      【正字、未だ考へず。】

鑣蟲【音、標。】

 

△按ずるに、此の蟲、莎雞(きりぎりす)の類。翅、青、腹、黃色。前脚、長く、疾〔(はや)〕く走り跳ぶ。毎〔(つね)〕に穴に出入〔す〕。故に多〔くは〕獲り難し。秋、鳴く。聲、馬の鑣(くつわ)の音を似〔す〕。因りて以つて之れを名づく。蓋し、松蟲・鈴蟲・鑣蟲等は世に之れを賞す。而るに、「本草」之れを載せず。唯、「羅山文集」に云〔はく〕、

 

 一蟲號轡大無幾

 誰知鞭策是蒲葦

 恰似蒼蠅附驥來

 但在口吻不在尾

 

  一蟲 轡(くつは)と號す 大いさ 幾(いくばく)も無く

  誰か知らん 鞭策〔(へんさく)〕 是れ 蒲葦〔(ほゐ)〕なるを

  恰か〔(あたか)〕も 蒼蠅〔(さうやう)〕 驥〔(き)〕に附きて來たるに似たり

  但だ 口吻に在りて 尾に在らず

 

〔と〕。

【「夫木」】駒とめて梺〔(ふもと)〕ののべを尋ぬればをぐらにすだくくつわ虫哉 匡房

[やぶちゃん注:読み易くするために、林羅山の七絶は前後を空け、各句を白文でまず示し、その後に原典の訓点に従った書き下し文を配した。]

 

[やぶちゃん注:直翅(バッタ)目剣弁(キリギリス)亜目キリギリス上科キリギリス科 Mecopoda 属クツワムシ Mecopoda nipponensis。鳴き声は別名ともなっている「ガチャガチャ」が一般的なオノマトペイアであるが、私はこの激しい五月蠅い印象の擬音語には幼少期から抵抗がある。私にはクツワムシの鳴き声は「シャッカシャッカシャッカシャッカ」或いは「ジッカジッカジッカジッカ」時に「ジッジッジッジッ」「ジカジカジカジカ」を、ギュッと圧縮して続けたような感じに聴こえる。私の書斎の下の崖には彼らの好物である葛(くず)が繁茂しており、よく鳴いているが、まあ、確かに、松虫や鈴虫のようにずっと聴いていたい部類の鳴き声ではなく、ちょっと五月蠅いと思わないこともない。

 

「翅、青、腹、黃色」ウィキの「クツワムシ」によれば、クツワムシは『体色の個体変異が大きく、緑色の個体(但し、の背面にある発音器付近は褐色を帯びる)と褐色の個体がある。保護色と考えられるが、両者は同所的に混在し、生息フィールドごとに同じ色の個体群が安定して棲んでいるわけではない』とある。

「本草」「本草綱目」。

『「羅山文集」に云〔はく〕』東洋文庫版の割注に『『詩集』巻五十七、十二虫、轡虫』とある。

「轡(くつは)と號す」ここの「くつは」のルビはママ。轡の歴史的仮名遣は「くつわ」が正しい

「大いさ 幾(いくばく)も無く」本邦のクツワムシは直翅目の中では相対的に大型の部類で(体長は五~六センチメートルほどで、キリギリス科ササキリ亜科カヤキリ属カヤキリ Pseudorhynchus japonicus の七センチメートル弱に次ぐ)、特に体高が高くてずんぐりとしているために、その体側の面積は日本の剣弁(キリギリス)亜目 Ensifera 中では最大である。

「鞭策〔(へんさく)〕」漢詩なので音読みしておいた。東洋文庫訳ではこの二字に『むち』とルビしている。「策」も警策で判る通り、「鞭・杖」の意がある。

「蒲葦〔(ほゐ)〕」東洋文庫訳では『蒲(がま)や葦(あし)なるを』と訓読(ここは和歌などと同じく原典をある程度尊重してある)しているが、これはやり過ぎで、私は従えない。

「蒼蠅〔(さうやう)〕」青蠅(あおばえ)。双翅(ハエ)目ヒツジバエ上科クロバエ科 Calliphoridae のハエ類の中で緑色や青色を呈した種群の俗総称。キンバエLucilia Caesar(以前にも注したが、間違えてはいけないのは、この「金」とは「ゴールド」の意味ではなく、「金」属光沢の蠅の謂いである)が代表格。

「驥〔(き)〕」駿馬。ちょっと意味がとり難いが、轡虫をまさに轡から馬に擬え、鎧を付けたような「蒼蠅」をそれにとまらせた映像を思い浮かべて騎乗の武士に譬えたものであろう。

「但だ 口吻に在りて 尾に在らず」「ただね、馬の轡は口に嚙ませるせるんだから、口の所にあって「がちゃがちゃ」と鳴るのであって、轡虫のように尾の方(前述した通り、♂の発音器は背面にある)にはないぜ」と洒落たのである。可笑し味のなかに羅山の細かな観察力の一端が窺える。

「駒とめて梺〔(ふもと)〕ののべを尋ぬればをぐらにすだくくつわ虫哉」読み易く整序すると、

 

 駒止めて麓の野邊(のべ)を尋ぬれば小倉に集(すだ)く轡蟲かな

 

である。「小倉」現在の京都市右京区嵯峨亀ノ尾町にある小倉山(標高二百九十六メートル)。(グーグル・マップ・データ)。「集(すだ)く」は「虫などが多く集まって鳴く」の意の動詞。

「匡房」大江匡房(長久二(一〇四一)年~天永二(一一一一)年)は公卿・儒学者で優れた歌人としても知られた。正二位権中納言。江帥(ごうのそつ)と号した。平安時代有数の碩学で、その学才は時に菅原道真と比較されたという。]

« 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 金鐘蟲(すずむし) | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 吉丁蟲(たまむし) »