フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老媼茶話巻之四 大龜の怪 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 杯 »

2017/10/24

老媼茶話巻之四 強八斬兩蛇

 

     強八斬兩蛇

 

 信濃國住人、安部井強八(がうはち)といふ大力の人、有(あり)。

 或時、天龍の川すそを馬にて渡りける時、山岸の片崩成(かたくずれな)所に大渕(おほぶち)有。水色、あいのごとく、底のかぎりを知らず。きしに、大木、倒れふし、いと深々たる大渕也。

 かゝる所に壱の大猪(おほゐのしし)、山より一文字にかけ來り、かの渕へ飛(とび)ひたり、向(むかひ)のきしへおよぎ行(ゆく)所に、水底(みなそこ)より、さもしたゝか成(なる)大蛇、頭(かしら)を差出(さしいだ)し、猪のしゝを引(ひつ)くわへ、何の苦もなく、水中へ沈入(しづみいり)、骨をかむ音、水にひゞく。

 強八、元來、水れんの上手也しかば、片はらの松の木に馬をつなぎ、衣裳をぬぎすて、裸になり、刀を拔持(ぬきもち)、水をくゞり、水底を能(よく)見るに、大き成る岩穴、有り。

 大蛇、其内にうづくまり、猪のしゝ、喰(くらひ)終り、たぐろをまき、有けるが、強八を見て、首を上げ、目を見はり、口をひらき、ひれを動(うごか)し、呑(のま)んとす。

 強八、刀を以て大蛇の咽(のんど)に突入(つきいり)、橫ざまに、刀にまかせ、かきはらひ、又、立(たて)ざまに切(きり)ひらく。

 さしもの大蛇、急所の痛手に、よはり、岩穴に倒死(たふれし)す。

 強八、水中より上り、宿へ歸り、下人數多(あまた)に、大綱を持(もた)せ行(ゆき)、件(くだん)の死蛇(しじや)の首をくゝり、綱の先を數拾人にてとらへ、

「ゑいやゑいや。」

と聲を上げ、漸々(やうやう)おかへ引上(ひきあぐ)るに、拾間斗(ばかり)の大蛇也。

 見聞の諸人、強八武勇を感じける。

 其後、強八、三年を經て、春、戸隱明神へ詣(まうで)て、件の川下を馬にて渡しけるに、靑々(せいせい)たる空、俄(にはか)にかきくもり、一面に墨をすりたるがごとく、眞闇になり、大雨、しやぢくを流し、大風、頻りに吹(ふき)て、稻光り、隙(ひま)なくして、水面を引(ひつ)つゝみ、一村(ひとむら)の黑雲、戸隱山の腰より浮出(うきいで)、矢より早く、強八を目にかけ、追來(おひきた)る。

 強八、見て、

「扨は、先年殺しける大蛇のしゆうの内ならん。遁(のがれ)ぬ所也。」

と思ひ定め、馬を川中へ立(たて)、刀に手を懸(かけ)、待居(まちゐ)たりけるに、拾丈斗(ばかり)の黑雲、強八が上へ押懸(おしかか)り、黑雲の内より大蛇、頭を差出し、口をひらき、惡氣を吐(はき)かけて、廿間斗(ばかり)に立(たち)あがり、一文字に強八が上に倒れかゝり、強八を、馬、人、共(とも)にさらい、虛空はるかに、東の山際へ、たなびき行(ゆく)。

 供人共、手にあせを握るといへども、如何ともすべき樣もなく、あきれて、そらを見る所に、雲井に聲ありて、

「阿部井強八、只今、大蛇をしたがへ、最後を見よ。」

とよばはるとひとしく、黑雲、頻にうづ卷(まき)、稻光、散亂して、強八を馬ともに散々に喰(くひ)ちぎり、首もむくろも別々なり。

 馬、人、共(とも)に地に落(おち)たり。

 猶も黑雲、たなびきて、次第次第に上るとぞ見へし。

 黑雲、四方に、

「はつ。」

と、ちり、雲間より弐拾間ばかりの大蛇、雲をはなれ、大地をひゞかして、

「どう。」

と落(おち)、のたを返して苦(くるし)み、大木を卷倒(まきたふ)し、石を飛(とば)し、黑けぶりを立て、四方、くらやみになして、くるいけるが、終(つゐ)にくるひ死(じに)に、しゝたり。

 皆々、集り是を見るに、頭、獅々(しし)のごとく、面(おもて)、しがみ、つぶりに、毛、生(おひ)しげり、眼は鏡のごとく、口、耳元へさけのぼり、きば、かみ出(いだ)し、死(しし)たる有樣、身の毛よだつ斗(ばかり)也。

 強八が右の腕、かた骨よりかみ切られながら、大蛇の首元へ、七刀、突通(つきとほ)し、にぎりこぶし、其儘、大蛇の耳元に殘りける。

「いにしへの田原藤太といふとも、是程には、よも、あらじ。」

と、諸人、かたりつたへしとなり。

 

[やぶちゃん注:「強八斬兩蛇」「強八、兩蛇(りやうだ)を斬る」。

「安部井強八」不詳。

といふ大力の人、有(あり)。

「大渕」「渕」は底本のそれを用いた。

「あいのごとく」「藍の如く」。

「飛(とび)ひたり」「飛び浸り」。

「したゝか成(なる)」異様に頑丈で手強そうな。如何にも体格ががっしりして強そうな。

「水れん」「水練」。

「たぐろ」「蜷局(とぐろ)」の誤記か?

「ひれ」この場合、描写順序と蛇の体勢から見て、舌の叉に切れた先のことを「鰭」と言っていると私は採る。但し、後半の死闘の中で「大蛇の耳元」とあるから、或いはそれを「鰭」と言っているのかも知れぬ。

「かきはらひ」「缺(か)き拂ひ」。払って斬り破り。

「立(たて)ざま」「縱樣」。

「拾間」十八メートル十八センチ。こりゃ、蟒蛇(うわばみ)の類い。

「しやぢく」「車軸」。

「隙(ひま)なくして」あっと言う間に。

「引(ひつ)つゝみ」ひっ包んで。

「一村(ひとむら)」「一叢」。

「しゆう」「雌雄」

「馬を川中へ立(たて)」騎乗のままで馬を川の中に両足でしっかと立たせて。

「拾丈」三十メートル三十センチ。生物学的にではなく、取り敢えず、妖獣として、先年殺したのが雌で、こちらはその夫であったと採っておく。

「廿間」三十六メートル三十六センチ。

「大蛇をしたがへ、最後を見よ。」「大蛇諸共に相打ちせんとす、その最期を見よ!」。

「のたを返して」のたうちまわって。

「くるいけるが」ママ。「狂ひけるが」。

「しゝたり」「死したり」。

「獅々(しし)」「獅子」。

「しがみ」底本は「しかみ」。「嚙(しが)む」と採った。苦しみのために、上下の歯を乱食いの如くに強く噛みしめ。

「つぶり」「頭(つぶり)」。

に、毛、生(おひ)しげり、眼は鏡のごとく、口、耳元へさけのぼり、きば、かみ出(いだ)し、死(しし)たる有樣、身の毛よだつ斗(ばかり)也。

「かた骨」「肩骨」。]

« 老媼茶話巻之四 大龜の怪 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 杯 »