フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) ほどこし | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) キャベツ汁 »

2017/10/10

トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 羽蟲


Hamusi

   羽蟲

 

 窓を明けひろげた大きな部屋に、二十人ほどの人々と一緒にゐる夢を見た。

 婦人も子供も老人も雜つてゐる。私達はみな、何か大層有名なことを話題にして、がやがやと聞分けられぬ聲で喋つてゐる。

 すると不意に、がさりと音がして、長さの三寸もあらうと見える大きな羽蟲が、窓から飛び込んだ、羽根を擴げて一旋すると、壁にとまつた。

 それは蠅か地蜂に似てゐる。胴は泥色で、平たく硬さうな羽根も同じ色だ。頭はまるで蜻蛉のやうに角ばつて大きく、毛の生えた足を踏み開いてゐる。その頭も足も、血にまみれたやうに紅い。

 このふしぎな羽蟲は、頭を絶えず左右上下に𢌞轉して、足をうごかす。急に壁を離れるかと思ふと、部屋ぢゆうをぶんぶん飛び𢌞る。やがてまた壁にとまるとその儘じつとして、身體ぢゆうを憎々しげにうごめかす。

 私たちは皆一樣に、嫌惡と恐怖にとつつかれた。いや、むしろ凄氣をさヘ感じてゐた。そんな羽蟲は見たこともないので、みんな口々に叫んだ、「あの化物を追ひだせ。」 しかし誰一人、傍へ寄る勇氣はなく、ただ遠くの方からハンカチを振るばかりだつた。羽蟲がまた飛び立つと、一同は思はず後ずさりした。

 一座のうちで唯一人、蒼ざめた顏の靑年だけが、いかにも腑に落ちぬ面持で一同を眺めまはしてゐた。いつたい何が持ちあがつたのか、なぜ皆が騒ぐのか全くわからぬので、肩をすくめ薄笑ひを浮べた。彼の眼にはその羽蟲は見えず、不吉な羽根の唸りも聞えないのだ。

 ふと羽蟲は、じつと彼に眼をつけたと見る間に、いきなりその頭めがけて飛びかかつて、額のちやうど眼の上のあたりを一螫しした。靑年は微かな呻き聲を立てて、そのまま倒れて死んでしまつた。

 怖しい蠅はすぐ飛び去つた。その時になつてやつと、私たちはこのお客さんの正體に思ひあたつた。

             一八七八年五月

 

[やぶちゃん注:これは所謂、旧約聖書「列王紀」や新約聖書でイエスを批判する者たちが口にするところの悪魔 Beelzebub(ベルゼブブ)、ヘブライ語で「蠅の王」であろう。死を齎される者には実は死の使者は見えぬということか。挿絵は一九五八年岩波文庫刊の神西清・池田健太郎訳「散文詩」では、中山に配されたそれが、有意な角度を以って斜めにして配されてあり、確かにその方が効果的と判断したので、中山訳で用いたものをその角度に傾けて添えた

「凄氣」(せいき)は、すさまじい気配、の意。

「一螫し」「ひとさし」。]

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) ほどこし | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) キャベツ汁 »