フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老媼茶話巻之三 酸川野幽靈 | トップページ | 老媼茶話巻之三 允殿館大入道 »

2017/10/11

老媼茶話巻之三 飯寺村の靑五輪

 

     飯寺(にひでら)村の靑五輪(あをごりん)

 

[やぶちゃん注:「飯寺(にひでら)」の「ひ」は推定「飯」の「いひ」からの転訛と考えて「にひ」とした。底本は『にいでら』とするが、これは底本が現代仮名遣ルビを方針としているからに過ぎない。以上から、今回は敢えて歴史的仮名遣を「にひでら」と考えた。]

 

 南山(みなみやま)街道飯寺村、道ばた右の方の田の中に、大垣あり。其塚の上に大榎(おほえのき)有(あり)。

「慈現院壇と云(いふ)山伏、生(いき)ながら入定(にふじやう)せし所故(ゆゑ)、俗、慈現院壇と云。」

と、ふるき者の噺(はなし)也。

 今も深夜に聞(きか)ば、塚の中にて、ほら貝を吹(ふく)音、聞ゆ、といへり。

 此塚の東向ひ、靑五輪と云(いふ)有(あり)。此五輪、夜々(よなよな)、化(ばけ)て、慈現院より靑五輪迄、一面に鐵のあみをはり、往來の人を、さまたぐる。

 或夜更過(よふけすぎ)て、南山のもの、此所を通りけるに、六尺斗(ばかり)の大山伏と、同(おなじ)長(た)けなる黑入道と、口より火を吹出(ふきいだ)し、鐵の網を張り、其網の内に、兒法師(ちごはうし)・女童(めのわらは)の首、いくつも懸(かか)り有(あり)て、此首共、此男を見て、

「にこり。にこり。」

と笑(わらふ)。

 此男、元來、不敵氣(ふてきげ)もの也。

 是をみて、走り懸り、大入道がてつぺんを、したゝかに切付(きりつく)る。

 手ごたへして、網も、山伏も、入道も、消失(きえうせ)て、深夜の闇と也けり。

 其夜明(そのよあけ)て、件(くだん)の男、夕べ、化物に逢(あひ)ける道筋へ來(きた)る。

 尋見(たづねみ)るに、靑五輪の天窓(アタマ)を、半分、切りくだき、血の色、すこし、見えたり。

 是より、刀をば「五輪くだき」と名付(なづけ)、祕藏せりと也。

 

[やぶちゃん注:本話は「柴田宵曲 妖異博物館 斬られた石」に、前の「酸川野幽靈」とともに紹介されている。

「飯寺村」現在の福島県会津若松市門田町(もんでらまち)大字飯寺(にいでら)であろう。ここ(グーグル・マップ・データ)。鶴ヶ城の南西、阿賀川右岸。

「南山街道」会津西街道。会津藩主保科正之によって整備された、会津若松城下から下野の今市に至る街道。会津からは「下野街道(しもつけかいどう)」「日光街道」「江戸街道」「南山通(みなみやまどお)り」とも呼ばれた、とウィキの「会津西街道にある。この「南山」とは天領であった会津南山御蔵入領(あいづみなみやまおくらいりりょう:現在の福島県南会津郡・大沼郡の大半)を指す。個人ブログ「花鳥風月visual紀行」の南山御蔵入領と百姓一揆の記憶:前編(その1)を参照されたい。

「慈現院壇と云(いふ)山伏」不詳。しかし、今も地中で法螺貝を吹くばかりか、以下に見るように、人を脅すとなれば、彼は入定なんぞ、していないばかりか、煩悩の果てに妖怪していることになる。但し、これらは狐狸の類いが、慈現院壇の話に合わせて、かく成しているのかも知れぬ。それは、判らぬ。

「慈現院より」「慈現院壇より」が正しい。これでは慈現院という寺があるように読めてしまう。

「六尺斗(ばかり)」一メートル八十二センチほど。

の大山伏と、同(おなじ)長(た)けなる黑入道と、口より火を吹出(ふきいだ)し、鐵の網を張り、其網の内に、兒法師(ちごはうし)・女童(めのわらは)の首、いくつも懸(かか)り有(あり)て、此首共、此男を見て、

「にこり。にこり。」

「不敵氣(ふてきげ)もの」大胆で恐れを知らぬ、蛮勇を誇るような輩。

「てつぺん」天辺。脳天。]

« 老媼茶話巻之三 酸川野幽靈 | トップページ | 老媼茶話巻之三 允殿館大入道 »