フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 無心の聲 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「化鳥退治」 »

2017/10/29

トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) わたしの樹


Watasinoki

   わたしの樹

 

 大學時代の友達から、領地に遊びに來いと言つて來た。この男は貴族で、また富裕な地主でもあつた。

 その彼が久しい前からの病氣で、盲らになつた上、中風で步行もできないことは、私も承知してゐた。私は會ひに行つた。

 行つて見ると彼は、廣大な庭の中の並木路にゐた。夏の盛りなのに毛皮の外套を着こみ、瘦せこけた身體を手押車に乘せて、立派な仕著せを着た二尺の從僕に押させてゐた。

 「ようこそ來て下さつた」と、彼は墓の底から吹いてくるやうな聲で言つた、

 「わたしの先祖代々の土地に、わたしの千年の樹の下に。」

 彼の頭の上には、本當に千年もたつたかと見える檞の大樹が、うつさうと枝をひろげてゐる。

 私は心のなかでつぶやいた、「聞いたか、千古の巨人。死にかけた蛆蟲が、お前の根元を這ひ𢌞つて、お前を自分の樹と呼ぶのを。」

 そのとき風が渡つて、大樹の葉並がさらさらと鳴るつた。その音はなんとなく、檞の老樹が私の考や病人の自讃にこたへた穩やかな返事、あるひは寛大な笑聲のやうな氣がした。

           一八八一一年十一月

 

Edd

 

[やぶちゃん注:本詩篇を以って底本の「散文詩」本文は終わっている。

「檞」本字は通常「かしわ」と訓読し、「柏」と同義で用いる。その場合、本邦産の双子葉植物綱ブナ目ブナ科コナラ属コナラ亜属カシワQuercus dentata、英名Daimyo Oakを指す。原文は“дуб”(ドゥープ)で、これは英語のオーク“ork”、樫(かし)や楢(なら)の類を広く言う語である。以下、興味深い記述が現われるので以下にウィキの「オーク」の一部を引用する。『オーク(英:Oak)はブナ科コナラ属 (学名:Quercus)の総称。模式種のヨーロッパナラ(ヨーロッパオーク、イングリッシュオーク、コモンオーク Common Oak、学名:Quercus robur)が代表的。なお』、『アカガシ亜属 Quercus Cyclobalanopsis)は別属とすることがあるが、オークには含まれる』。『広葉樹で、その多くが落葉樹だが、常緑樹もあり、あわせて数百種以上ある。日本語では落葉樹の種群はナラ(楢)、常緑樹の種群はカシ(樫)と呼ばれる。亜熱帯から亜寒帯まで、北半球に広く分布する。西欧でいうオークには日本ならナラとなる落葉樹が多いが、そのようなものでも』、『しばしば翻訳家が日本語訳で「樫」の訳語を一律に当てていることがあるので、注意を要する。常緑のオークはライヴオーク(live oak)と呼ばれる』とある。実は、一九五八年岩波文庫刊の神西清・池田健太郎訳「散文詩」版の当該詩「わたしの木(こ)だち」では、まさに『かしの木』と訳されてある。ちなみに、ロシア語口語ではこれは「でくのぼう・とんま・まぬけ」の意味でも用いられるのは、偶然か。

 最後に、中山版でにはないが、一九五八年岩波文庫「散文詩」版にある、本文の終りの後に配された挿絵を附しておいた。ロシア語で「КОНЕЦ」(カニェーツ:「終り」の意)の文字が見てとれる。]

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 無心の聲 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「化鳥退治」 »