フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 最後の會見 | トップページ | 昨日は »

2017/10/07

トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) しきゐ


Sikii

   しきゐ

 

        ――夢

 

 大きな家が見える。

 正面の壁には、狹い扉口(とぐち)が開け放しになつてゐて、中には陰氣な霧が立ち罩めてゐる。高い敷居の前に、一人の娘が佇んでゐる。ロシヤ娘だ。

 扉の内の、見透しもつかない霧は、しんしんとして冷氣を送る、氷のやうなその流れにまじつて、陰に籠つた聲が、奧の方から、悠然とひびいてくる。

 「おお、お前はその敷居を越えようと言ふのか。その中に何が待つてゐるかを、お前は知つてゐるか。」

 「知つてをります」と娘が答へる。

 「寒さ、飢ゑ、慌しみ、嘲り、蔑すみ、汚辱、牢獄、病苦、そして死だぞ。」

 「知つて居ります。」

 「人からも世間からも離れて、たつた一人になるぞ。」

 「それも、覺悟して居(を)ります。どんな苦しみ、どんな打擲も忍びます。」

 「それも敵からばかりでは無いぞ。肉親の征矢(そや)、友の飛礫(つぶて)。」

 「それも承知してをります。」

 「よし。お前は犧牲なる覺悟だな。」

 「はい。」

 「名もない犧牲にか。お前は死ぬのだぞ。そして、假に崇めようにも何者の記念か、誰一人知る者はないのだぞ。」

 「感謝も同情も、欲しくはありません。私には名前も要りません。」

 「罪も犯す覺悟か。」

 娘はうなだれた――「罪も覺悟してをります。」

 問ふ聲はしばらくとだえた。

 「承知してゐるか」と、やがてその聲がたづれた、「いまに、お前の今の信念に、幻滅の苦(にが)さが來るかも知れぬぞ。あれは迷ひだつた、徒らに己れの靑春を滅したと、悔むことになるかも知れぬぞ。」

 「それも知つてをります。でも矢張(やつぱ)り、私ははいりたいのです。」

 「はいれ」

 娘は敷居をふみ超えた。すると重たげな幕(とばり)が、その後に下りた。

 「阿房め」と、誰やらが後(うしろ)で齒切りをした。

 「聖女だ」と、何處かでそれに答へる聲がした。

             一八七八年五月

 

[やぶちゃん注:訳者註。

『しきゐ』 『この一篇のモチーフとしては、直接には所謂『ヴェーラ・ザスーリチ事件』(彼女は一八五一年生れの女革命家で、警視總監トレホフが或る政治犯に笞刑を加へたのを憤つて一八七八年一月彼を射擊負傷せしめ、同三月の陪審裁判の結果無罪となつた――)、間接には七七年に起つた種々の政治犯事件に女性の参加が頗る顕著であつた事實などであらうと推定される。從つてこの一篇が公に發表される迄には長い曲折の歷史がある。一八八二年夏トゥルゲーネフが、『ヨーロツパ報知』の編輯者宛に發送した原稿の中では加はつてゐたのだが、その後校正の際に彼は自發的に撤怪しようとし、スタシュレーヴイチに向つて再三撤囘方を要請した末、發表された五十篇は、これを除き新たに『処生訓』を加へたものであつた。越えて八三年九月、卽ち彼の死の直後に、當時の急進派であつた『民意黨』は、この詩に宣言書を附して祕密出版し、彼の埋葬の日にペテルブルグに撒布した。この詩が漸く合法的に日の目を見たのは一九〇五年のことに屬する。なほこの一篇は久しく一八八一年前半の所作と誤認されてゐたもので、在來の刊本は孰れもこれを末尾『祈り』の眞前に置いてゐる。また逢遇した數奇な運命の間に、これは尠からぬヴアリアントを有するに至つたが、アカデミヤ版の編者の言葉によれば、この譯のテキストとした形が、作者の最後の意志に適ふものと思はれる。

なお、本篇には改訳きいがある。そちらも参照されたい。


「立ち罩めて」「たちこめて」。
 
「齒切り」「はぎしり」。]

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 最後の會見 | トップページ | 昨日は »