フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老媼茶話巻之三 血脈奇特 | トップページ | 老媼茶話巻之三 飯寺村の靑五輪 »

2017/10/11

老媼茶話巻之三 酸川野幽靈

 

   酸川野(すかはの)幽靈

 

 いつの頃にや有りけん。猪苗代御城代何某と云(いふ)人、酸川野河原(すかはのがはら)なぐさみに出(いで)けるに、畑中に、いかにも年ふりたる燈籠有(あり)。畑打(はたうつ)老人に尋(たづね)ければ、

「いつの世に誰(たれ)か立置(たておき)し燈籠に候やらん、知りたる人もなく候。此燈籠取捨候得(とりすてさふらえ)ば、其人に祟ると申(まうす)ならはし候儘(まま)、畑中に御座候得ば、じやまに成(あり)候得共、無是非(ぜひなく)置(おき)候。爰(ここ)は昔、寺院に候と申傳へ候」と語る。何某、聞(きき)て、

「怨靈の祟りといふは、夫(それ)、人のいゝなしなるべし。何にもせよ苔(コケ)むしたる燈籠にて庭に立(たてて)然るべし。」

とて、下人に持(もた)せ歸り、則(すなはち)、築山(つきやま)の植込(うえこみ)に立置(たておき)たり。

 其夜、更(ふけ)て、御城の御門、けはしくたゝき、

「我は堀貫村の彦兵衞と云(いふ)者なり。爰、明けよ。」

と云。

 門番、戸扉の透(すき)より見れば、髮を、はらにて、たばね、上につゞれを着、繩帶をしたる、いかにも賤敷(いやしき)土民也。此故(このゆゑ)に門番、門をひらかず。やゝ暫有(あり)て、彦兵衞、

「何とて、門をひらかざるぞ。」

とて、門を飛越(とびこえ)、内へ入(いる)。

 門番、すかさず、彦兵衞と引組(ひきくみ)、夜明(よあく)るまで捻合(ねぢあひ)て、曉、彦兵衞、行衞なく成(なり)たり。

 門番の足輕、氣を失ひ、死入(しにいり)けるを、人、見付(みつけ)、水を吞ませ、氣付(きつけ)をくれ、漸(やうやう)人心地付(つき)たり。

 其明(あく)る夜、亦、來り。

 いつものごとく、門をたゝき、

「爰、明(あけ)よ、爰、明よ。」

といふ。

 別の足輕、番を勤(つとめ)いたりしが、有無(うむ)に答へず。

 彦兵衞、腹を立(たて)、門をおどり越(こえ)、御城代何某の伏居(ふしゐ)たる枕に彳(たたずみ)て、大きにいかりたるけしきにて、

 「其方、何故に、纔(わづか)、形斗(ばかり)殘りたる我(わが)なきあとの印(しるし)の燈籠を奪取(うばひとり)たる。急ぎ、元の所へ返すべし。返さば、其通り、返さずは、恨(うらみ)をなさん。」

と云。

 何某は夢覺(ゆめさめ)、枕元の刀、引拔(ひきぬき)、切付(きりつけ)たるに、彦兵衞は、影なく、消失(きえうせ)けり。

 曉、みれば、庭に建(たて)たる件(くだん)の燈籠の笠石に、刀の疵跡、有(あり)。

 燈篭を元の所へ返しければ、何の怪敷(あやしき)事もなかりし、となり。

 

[やぶちゃん注:本話は「柴田宵曲 妖異博物館 斬られた石」に、次の「飯寺村の靑五輪」とともに紹介されている。

「酸川野河原(すかはのがはら)」現在の福島県耶麻郡猪苗代町若宮地区大字酸川野(すかわの)。中央付近と思われる(グーグル・マップ・データ)。藩政時代の宿場町。

「なぐさみ」気晴らし。

「じやま」「邪魔」。

「いゝなし」ママ。「言ひ做(な)し」。事実とは違うことを事実らしく言うこと。

「堀貫村」不詳。

「はらにて、たばね」「藁にて、束ね」。底本の編者添漢字に拠る。

「つゞれ」「綴れ」。破れた部分を継ぎ接(は)ぎした襤褸(ぼろ)の衣服。

「いかにも賤敷(いやしき)土民也」灯籠とそぐわぬが、或いはこの「彦兵衞」なる者、遠い昔、富裕な農民であった者が没落したものか。

「有無(うむ)に」副詞。全く。

「其通り」我、何事もなさず、平静たらん。

「燈篭」「篭」は底本の用字をそのままとした(「燈」は底本は前も総て「灯」)。底本で、ここまで総て「籠」であったものが、ここのみ「篭」であるからである。]

« 老媼茶話巻之三 血脈奇特 | トップページ | 老媼茶話巻之三 飯寺村の靑五輪 »