フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第五十四 濕生類 鼓蟲(まひまひむし(みずすまし)) | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十四 濕生類 砂挼子(ねむりむし) »

2017/10/28

和漢三才圖會卷第五十四 濕生類 𧔎(みがら)


Migara

みから

𧔎【音魯】

     【和名美加良】

 

蒋妨切韻云𧔎井水中小蟲也

△按夏月井水中有白蟲大二三分形似衣魚而多足體

 畧屈匾者是矣

 

 

みがら

𧔎【音、「魯」。】

     【和名、「美加良」。】

 

蔣魴〔(しやうばう)〕が「切韻」に云はく、『𧔎井の水の中の小蟲なり』〔と〕。

△按ずるに、夏月、井の水中に、白〔き〕蟲、有り。大いさ、二、三分。形、衣魚(しみ)に似て、多き足。體、畧〔(ほ)〕ぼ屈んで匾(ひらた)き者、是れか。

 

[やぶちゃん注:「日本国語大辞典」には「みがら」漢字表記「𧔎」で『井戸水の中にいる虫という。ぼうふらのことか』とあり、「和名類聚抄」「名義抄」を例示する。しかし、ボウフラならば、既出項「孑(ぼうふりむし)があり、明らかに良安も区別している。とすれば、可能性の一つはボウフラの幼虫の次の最終ステージである蛹のオニボウフラか? 脚が多いとあるのは、蚊類の幼虫であるボウフラの各体節に生える毛はまさに「多くの足」に見え、オニボウフラに比すと明らかに「白」いし、シミに似ているのはそれが、しかし、「畧ぼ屈んで匾(ひらた)いというのは、それこそオニボウフラに相応しい表現ではないか但し、多くの脚というのを触手と採るならば、今一種、有力な候補がいる。刺胞動物門 Cnidaria ヒドロ虫綱 Hydrozoa 淡水水母目 Limnomedusae ハナガサクラゲ科Olindiasidae マミズクラゲ属 Craspedacusta マミズクラゲ Craspedacusta sowerbyi である。暫く、この二つを「みがら」の同定候補としておく。

« 和漢三才圖會卷第五十四 濕生類 鼓蟲(まひまひむし(みずすまし)) | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十四 濕生類 砂挼子(ねむりむし) »